日米欧などが南米チリのアタカマ砂漠に建設している世界最大の電波望遠鏡「ALMA(アルマ)」計画で、国立天文台は19日、日本のパラボラアンテナの愛称を「いざよい(十六夜)」に決めたと発表した。

【宇宙の写真特集】月周回衛星かぐやが撮影した月面

 愛称は18歳以下を対象に公募。1829件の応募があり、28人が「いざよい」を提案した。漫画家の松本零士さんが委員長を務める選定委員会が、日本の提供するアンテナの台数16台と数が一致することなどを理由に選んだ。

 アルマ計画には約20カ国が参加。標高約5000メートルの山頂に66台以上の高性能アンテナを並べ、1台の巨大な望遠鏡として宇宙からの微弱電波をとらえる。12年の本格運用を目指している。

【関連ニュース】
【宇宙の写真特集】火星探査機「フェニックス」
【宇宙の写真特集】野口聡一さん:和服で書き初め ISSで正月行事
【宇宙の写真特集】野口宇宙飛行士:サンタ姿でISS入り…長期滞在スタート
【宇宙の写真特集】スペースシャトル「エンデバー」が打ち上げられるまで

<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)
北教組起訴 小林議員会見の一問一答 「ご支援には心から感謝」(産経新聞)
生方副幹事長の解任決定へ=民主(時事通信)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」(産経新聞)
AD