商品高、株高

テーマ:

 本日は商品高、株高 ドル円も110円台後半、オバマケア代替法案

撤廃から市場も落ち着いてきた感じで、米国債利回りも回復となり

ややドル高へもどっています。ムードはドル安の意見が多くなって

きていますが、昨日はドル円、110円割れは回避しています。

今晩 イエレン議長の発言があり注目されています。



貴金属 昨晩NYは金、銀、白金上昇 トランプ政策不透明感がでて

     金中心に上昇 白金は南アフリカで財務相 解任の計画が

     あるとの報道でランド下落もあり 上げ幅削る展開

      国内 金、銀プラスサイド、白金 まちまち チャートは

     横ばいとなっています、大勢押し目買い方針変わらず



穀物  昨晩シカゴ コーンまちまち、大豆、小麦 下落 依然南米

    豊作ムード、原油安などで頭重たい展開、国内 円安もあり

    コーン上昇、大豆下落、となっています。 米国南部は作付も

    始まってきており、天候相場にそなえてコーン押し目買い

    方針継続でいきたいと思います。


                                   近藤



AD

独自テクニカル

テーマ:
3月28日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 47470 23 2月27日 50050~
トウモロコシ 21630 32 2月27日 22480~
ゴム 238.2 29 2月21日 292.0~
4446 49 3月9日 4417~
白金 3440 36 3月8日 3509~
原油 34780 34 1月16日 38860~
ガソリン 47810 28 3月13日 49710~
日経平均 19202 47 3月9日 19319~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

商品まちまち、株は急落

テーマ:

本日 商品まちまち、株は急落となっています。オバマケア代替法案撤回

となり、トランプ政策に不透明感がでてドル円は110円台前半へ 税制改革

などの取り組みに移るとのことですが、これを好感との見方と、オバマケア

代替法案が通らなかった、トランプ政権に実行性に疑問視する見方もでて

きています。




貴金属  先週末NY 金、銀、白金 上昇 トランプ政権 不透明感、株安

     などもあり 金中心にしっかりの展開、チャートは横ばいとなっています。

      国内 金、銀、白金 プラスサイド 円高で上げ幅削る展開

      国内もチャートは横にはうような動きですが、大勢押し目買いで

      見ていきたいと思います。



穀物  先週末 シカゴ  コーン マイナスサイド、大豆下落、小麦 上昇

    南米豊作などで頭重たい展開、コーン、大豆は新安値更新、テクニカル

    的には大豆は売られ過ぎに入ってきています。 今週末 四半期在庫

    作付面積 の発表があります。 国内 円高もあり コーン、大豆下落

    コーン、大豆新安値更新、チャートの形は悪いですが、テクニカル的

    には売られ過ぎに入ってきました、コーン 押し目買い継続


 

                                         近藤

AD
今週もよろしくお願いします。今日は今週末発表される作付け面積、四半期在庫の事前予想が出ています。

(作付け面積事前予想)
(トウモロコシ)9100万エーカー(前回9000万エーカー、前年9400万エーカー)
(大豆)8820万エーカー(前回8800万エーカー、前年8340万エーカー)


(四半期在庫)
(トウモロコシ)85億3400万BU(前年同期78億2200万BU)
(大豆)16億8400万BU(前年同期15億3100万BU)
(この数字はトウモロコシは過去最高、大豆は過去2番目に多い在庫になります。)


(米国の6~10日予報、4月1日~4月5日)
コーンベルト全域で高温多雨予報です。
(この時期の降雨は良好です。)


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシは先週末のシカゴが0・50セント安、夜間取引が1セント高、為替が110円20銭で1円10銭の円高で推移し40~290円安で終わりました。期先は21520円で70円安で終わりました。大引け三段は6本目が入りました。先週末のシカゴは、小麦は高く終わりましたが、大豆がの下げで連れ安しました。休み中の米国の天候はまずまずの降雨がありました。このため、今日の夜間取引は安く入電するかと見ていましたが1セント前後高で推移しています。また、為替が1円10銭の円高でしたがあまり反応していません。ここからの相場展開としては、今週末(日本時間4月1日)に前述した作付け面積、四半期在庫で動く可能性がありますが、豊作が確定するまではシカゴの3ドル50セント前後が底値圏で見て行きたいと思います。引き続き買い場探しで見て行きたいと思います。


今日のシカゴは先週末のシカゴが15・25セント安、夜間取引が0・25セント安で推移しマチマチで終わりました。期先は47560円で720円安で終わりました。先週末のシカゴは、ブラジルの収穫が80%終了し輸出需要低下観測、作付け面積増加で下げました。


今日のフレートは38ドル36セントで前日比3セント高でした。


川原

独自テクニカル

テーマ:
3月27日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 47560 24 2月27日 50050~
トウモロコシ 21520 29 2月27日 22480~
ゴム 237.5 29 2月21日 292.0~
4444 48 3月9日 4417~
白金 3441 36 3月8日 3509~
原油 34030 25 1月16日 38860~
ガソリン 47120 20 3月13日 49710~
日経平均 18985 40 3月9日 19319~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力