今日は株小高く商品小安い。
今晩は米GDP改定値(第1四半期)、
イエレンFRB議長講演。


貴金属は調整局面か下げ相場、
穀物、原油は上昇相場。


東京金の下値抵抗は
月足先行下限4054円、
月足転換線4334円。
NY金の下値抵抗は
週足基準線1175.7ドル、
日足先行下限1216.9ドル。



引き続き金相場は要注意な形。
独自テクニカルも売り転換しており、
再び上昇の流れになるには日柄が必要。
かい離がきついため戻りも出易いが、
未だ下値の目処がついておらず、
戻り狙いの買いはリスクが高い。


方針は様子見。
金相場がこのまま下げていけば
来月には良い買い場が訪れそうである。
今は下げ道中なので値頃買いは控えたい。


大木康弘
AD

明日はイエレン議長の講演

テーマ:

本日は商品高、株はプラスサイド、小動きとなっています。

本日までサミット、明日はイエレン議長の講演もあります。


貴金属 昨晩NYは金、白金下落、銀はプラスサイドとなって

います。 NYダウ上昇、利上げ観測もあり頭重たい

展開、金、白金は一目雲で抵抗にあっています。

国内 金、銀、白金プラスサイド、依然この辺で下げ

止まれるかどうかと言ったところ、貴金属 昨日から買い

方針。



穀物 昨晩シカゴ コーン、小麦上昇、大豆急伸 ラニーニャによる

夏の熱波の可能性がでてきて上昇、アルゼンチン産の収穫遅れ

品質低下で 大豆粕、トウモロコシ蒸留粕が品不足となってきている

ようです。国内 コーン、大豆上昇 コーン押し目買い継続、本日

新高値更新、売り方ファンドの踏みもある程度枚数が出てくるように

なってきました、ここからもう一段上ではは一部買い玉利食いで

ある程度押せば又買い拾いたいところではないでしょうか。


近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
5月26日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 47840 55 4月15日 46260~
トウモロコシ 22800 69 4月18日 20950~
ゴム 159.4 32 5月9日 180.7~
4317 38 5月25日 4313~
白金 3550 46 5月24日 3532~
原油 32590 64 4月14日 27970~
ガソリン 44510 62 4月14日 40170~
日経平均 16772 53 5月13日 16412~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

調整局面か下げ相場

テーマ:
今日は株高商品小動き。


貴金属は調整局面か下げ相場、
穀物、原油は上昇相場。


東京金の下値抵抗は
月足先行下限4054円、
月足転換線4334円。
NY金の下値抵抗は
週足基準線1175.7ドル、
日足先行下限1216.7ドル。


金相場は要注意な形。
目先天井売った形にも見えるため、
下値模索しているうちは買うことは出来ない。
独自テクニカルも売り転換しており、
再び上昇の流れになるには日柄が必要。


方針は様子見。
今年は一方方向な展開が多いため、
よほど極端な場面でない限り、
値頃での売買は控えたい。


大木康弘

原油高

テーマ:

本日は原油高、株高、貴金属は下落となっています。追加利上げ観測

で貴金属安、ドル高、原油は在庫減少見通しで上昇となっています。


貴金属 昨晩NYは金、銀、白金下落 追加利上げ観測で金中心に下落

金は一目雲の中へ 前回安値近辺、国内 金下落 銀、白金は

まちまち 白金は半値押し近辺、金は4月に開けていたチャートの

窓埋め完了、 依然利上げ観測は不透明な問題ですので二転三転

するのではないでしょうか、本日から 貴金属買いスタート ある程度

上昇では利食いを考えたいと思います。



穀物 昨晩シカゴ コーンまちまち、大豆下落、小麦上昇 依然コーンから

の大豆作付シフトの流れで大豆は頭重たい展開です、国内 円安も

ありコーン、大豆上昇、保合いとなっています、コーン押し目買い

方針継続 突っ込み買い、噴きね値は利食い。

近藤



商品相場に興味がある方、現在取引中で迷っている方、
仕組みなどについて分からないことなどお気軽にご相談ください。

平日8:00~19:00までは
03-5543-2891(直通)
又は
070-6435-2421
ykon95@yahoo.co.jp


それ以降、夜間時間(19:00~0:00)や土日祭日の電話相談は
070-6470-2420
で受け付けています。

金の1枚辺りの手数料は片道4500円 、往復9000円 (税抜き)です