商品高、株高

テーマ:

本日は商品高、株高 先週末 英 EU離脱とサプライズな結果となり

急落に対しての修正高、週末はドル円も一時100円割れとなりましたが

チャート的には下げ過ぎたのではないでしょうか、新たな不安要因

でなければ、この辺で落ち着いてくるのではないでしょうか。今週は

29日にイエレン議長が欧州中央銀行主催の会議に出席するようで

注目されています。 今晩もイエレン議長の発言があります。



貴金属 先週末NYは金、銀、白金 急伸 正確には、先週金曜日

英 EU離脱の決定からNY夜間取引 金中心に急伸となっています。

国内 金、白金上昇、銀まちまち、先週木曜日にここに書きました

ように突っ込みましたので買いとなりました、NY夜間取引急伸より

も急激な円高での下げが先となり 買い成立、その後急伸となりました

ので利食いでもよかったのではないでしょうか、 英EU 離脱で米

利上げ観測も後退となっています。 金押し目買い方針でよいのでは

ないでしょうか。



穀物 先週末シカゴ コーン、大豆下落、小麦まちまちです、穀物も他の

銘柄同様 英EU離脱で、金曜日のシカゴ夜間取引でリスクオフの

急落となりました、その後日本時間の夜には米市場では修正高となって

います。 国内 コーン、上昇大豆下落、 先週末は円高もあり

コーンは急落となりました、現在 米 産地は生育 順調で豊作の

流れですが、さすがに金曜日は外部要因での下げすぎで、貴金属

同様 新規の買いが入りました、コーンはあくまでも修正高狙い

としたいと思います。 基本戻り売りの考えです。



近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
6月27日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 45860 33 6月23日 47400~
トウモロコシ 21330 37 6月22日 22020~
ゴム 154.1 45 6月24日 151.6~
4335 52 6月23日 4238~
白金 3241 34 5月24日 3532~
原油 29660 42 6月16日 29930~
ガソリン 41350 41 6月16日 41560~
日経平均 15309 39 6月6日 16580~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

落ち着きを取り戻せるか

テーマ:
今日は株高商品高。
今週は火曜日に米GDP確報値(第1四半期)、EU首脳会議、
金曜日に日銀短観、中国製造業PMI。


先週はEU離脱の影響で波乱の展開となったが、
今週も引き続き上下荒れやすい状態。


東京金は往来相場か下げ相場の中の戻り。
東京金の上値抵抗は
日足先行上限4399円、
日足先行下限4443円。


今年の方針は変わらず上昇した銘柄の売り狙い。
今のところこの条件に合うのは金のみ。
金の上昇が本格的な上昇相場に繋がれば、
売り狙いの大きなチャンスとなる。
そうならないことも想定してまずは試し売り。
日足先行下限4443円を超えれば損切り。


大木康弘
AD

調整商い

テーマ:

本日は商品まちまち、株は上昇、英 国民投票を控え調整商い

明日の午前中には投票結果がわかるようです、 結果がでるまでは

様子を見たいところではないでしょうか。



貴金属 昨晩NYは金、銀下落、白金上昇 金は英 残留がやや有利

なことと、米 利上げ後退での上げ材料でもみあいとなって

います、国内 金、銀プラスサイド、白金下落 英 国民投票

控えて小動き、明日の国民投票の結果を見たみたいところ

残留で金急落となれば買いを考えたいと思います。



穀物 昨晩シカゴ コーン下落、大豆上昇、小麦まちまち コーンは

産地降雨予報で引き続き下落、大豆は修正高となっています。

国内 コーン、大豆 下落 昨日の流れでコーンは急落となって

います、チャート的には戻り売りに変化、ただ売られ過ぎにもなって

きており 明日今日位下落なら短期買いも考えたいところです。



近藤

独自テクニカル

テーマ:
6月23日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 47400 45 4月15日 46260~
トウモロコシ 21420 33 4月18日 20950~
ゴム 155.6 45 5月9日 180.7~
4238 38 6月13日 4343~
白金 3270 35 5月24日 3532~
原油 31350 51 6月16日 29930~
ガソリン 43080 51 6月16日 41560~
日経平均 16238 48 6月6日 16580~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力