今日のメルマガの冒頭&編集後記からの抜粋です。
(一部加筆修正あり)

~~~~~~~~

<略>

ところで我が家には

「ある程度まとまったお金を使う際にはプレゼンをしてパートナーの承認を得るべし」

というルールがあります。



買い物プレゼンのルール



・何故その商品やサービスを買いたいのか?

・それを買う/参加する/学ぶことでどのようなメリットがあるのか?

・それによって自分はどのように変化し、家族やお客様や世界に対してどのような良い影響があるのか?


…なんて事を語り、夫婦双方が納得の上でお金を使うようにしています。



このルールは子供達にも適用していくつもりで、すでに一部ケースでは導入しています。

例えば昨年、受験を控えた娘が塾の夏期講習の20万円以上掛かるコースを受けたいという場合も…

「だって必要だから」
「受けないとなんか不安だから」


…なんて曖昧だったり後ろ向きな理由では認めずに、

「自分がどうなっていくためにこのコースを受けたいので、そのためにお金を使わせてほしい」

…と自分の口で語る事がとても大切なんだという話しをしました。



そう説明できない事には100円でもお金を出さないし、

逆に、納得させる事が出来たなら100万円でも出すよ、

とも伝えています。



大切なのは金額の大小ではなくて、

・何を手に入れるために使うのか

・その結果自分はどうなっていくと決めているのか


その方向性。


ここがしっかり定まっていないと、どんなに良い商品を買っても、どんなに良い本を読み、良い学校に入り、良い講座やセミナーを受けても、何も得られません。




今日も、

私が
【「フリースタイルリブレ」(*)という穿刺不要で常時血糖値をモニターできる測定器をebayで個人輸入することの意義】をプレゼンし、

妻が【遠方で開催される観術のイベントと講座(高額)に参加・受講することの意義】をプレゼンし、

それぞれが承認(笑)されたのですが…


最近、引き寄せの勉強をし直し、仕事や日々の生活の中での検証実験を通じて様々な気付きを得ているからでしょうか、

このプレゼンが「豊かさを引き寄せるお金の使い方」とそのマインドセットを身に付けるために非常に効果的だと気付きました。



~~~~~~
(*)閑話休題:フリースタイル リブレ (FreeStyle Libre)について

この記事↓にも少し書いています。
2016/02/01 鶏肉と椎茸のミルクカレー/ブリとレタスと小葱のサラダ/フリースタイルリブレ|糖質制限な日々

「フリースタイルリブレ(FreeStyle Libre)」(アボット社)を使えば血糖値測定のために毎回指に針を刺して血液を採る必要が無くなり、腕にセンサーを貼っておけば常時モニターも可能(1分毎測定)、リーダーをかざせばBluetoothで過去8時間までのデータを読み取れるとか…何この夢のマシーン∑(゚д゚lll)


この血糖値センサー(以下「リブレ」)は非常に便利で、血糖値のコントロールに不安を抱える全ての人の健康管理に革命的な進化をもたらすと思うのですが、一方でランニングコストが高額という難点があります…

現在私が使っている海外の格安品(これもebayで個人輸入しています)なら月3000円で済むところ、上記のセンサーだと月2万円以上掛かります。

でも、リブレを導入する事で得られるメリットは肉体的な健康だけでなく常時血糖値の事を考えている状態からの解放という精神的な効果やマインドセットへの影響、そして自分の血糖値変動の傾向を正確に学べる事のメリットは計り知れず、長い目でトータルで観て「安く上がる」と判断して導入に踏み切りました。

導入を決めたもう一つの理由は、この商品に関する情報が私の認識する世界に入ってきたということは、この商品は私の創造物…私が私のために創ったものだ、と気付いたことです。

それを受け取るも受け取らないも自分の自由ですが、私は自分の心と身体の健康と、より自由で快適な生活のためにこのギフトを受け取ることを自分に許すという選択を、ようやく出来るようになりました

(こんだけゴチャゴチャあれこれ考えなきゃ買えないって…まだまだブロックでガチガチだって事ですね~(^_^;) まあ、これでも一歩前進です)


~~~~~~~



買い物プレゼンが【豊かさ】を引き寄せる?!



そのお金を使った結果として自分や家族や世界はこのような良い事を受け取るんだ…と語り、相手を納得させる過程で、

薄ボンヤリとしていたイメージが思考としてまとまり明瞭になり、
言葉として発するプロセスを経る事で意思のエネルギーが収束し高まります。

これが引き寄せの原動力となります。



また、

もしお金を使う動機がマイナス方向「欠乏への不安」だったとしても、

そのままプレゼンしたのでは厳しい審査(笑)を通過できないので…

プレゼンの内容を煮詰める段階で「喜びを得るため」「より良い自分になるため」というプラスの動機になっていきます (必要ならマイナスに向く根本原因のブロックをクリアリングします)。


このようにプレゼンしたり相手の質問に答えたり、
メンタルブロックをクリアリングすることで、

不安や恐怖に突き動かされてお金を使うのではなく、
欠落を埋めるために物を買うのでもなく、

喜びに向けて豊かさの流れを作り出すマインドセットになってから、お金を使うことが出来るんですね。





感情が指標:お金を支払う際にどう感じているか?


自分のマインドセットがどうなっているんだろう?と思ったら簡単なチェック方法があります。


買い物してお金を支払う時に、お金を失う事への「もやもや」した感情を味わっているとしたら…

それは多分、後ろ向きなお金の使い方になっています。




手前みそですが最近気付いた事として、

スーパーで買い物をする際にお金を支払いながら「この食品たちを買える事や、そのためにお金を使える事への感謝」の感情に浸っている自分がいました(★)。


これも豊かさを引き寄せるマインドセットから来る思考の変化じゃないかと思います。



(★)食料品やお酒を買いながら感動に打ち震えてる図はハタから見ると相当ヤバイ感じですが~(^_^;)