評価制度

テーマ:

動物病院様ではこれから評価制度を導入されるところも多いかと思います。


会員様の中でも評価方法の見直しや新規導入を進められている病院があります。そのお手伝いをさせて頂く中で、多くお聞きするのが、評価する側も本人の頑張りを認めてあげないとモチベーションが下がるのではないかと気を遣う」ということです。


確かに評価される側にとっては、明確に数字化された評価が納得のいかない結果となったとき「現場のことを何もわかっていない!」と上司や会社に対して不信感と不満を抱く原因ともなりえます。


面談を通して結果について説明し、評価する側と評価される側の認識の差を埋めていければいいのですが、その時間を作ることが難しいという病院もあります。


評価制度は従業員の方にとって自分が進むべき方向を示してくれるものです。明確に数字化された評価受けることで初めて、自分の努力が上司からみて自分が思っているほど結果に出ていないと気づくことや、頑張る方向が会社の目指している方向とは違うのだと気づくきっかけにもなります。


単に給与とボーナス査定のためだけの制度ではなく、成長の道しるべとして運用していただけるよう評価基準の導入をサポートさせて頂きたいと考えております。

AD