虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)の公判は25日午後も大阪地裁で開かれ、部下だった元係長上村勉被告(40)は証人尋問で「村木被告の関与を認めた調書を訂正しようとしたが、検察官に聞き入れられず、抵抗すると拘置所から出られないとあきらめた」などと述べた。
 弁護側は、上村被告が拘置所で取り調べ内容などを記録したノートを基に質問。「村木被告の関与は思い出せない。どうしたらいいか」「いいように作文されている。どっちでもいい。早くここを出たい」「冤罪(えんざい)はこうして始まるのか」などの記述が読み上げられた。
 上村被告は「村木被告の関与を否定しても、検察官から『あなただけほかの人と違ううそを言い張っている』と言われた」「自分の供述など最初からどうでもいい感じだった」などと証言した。 

iPS細胞で新治療法に期待=遺伝子異常の再生不良性貧血-国際チーム(時事通信)
「めぐみさんと会った」=金元工作員の証言を確認-中井担当相(時事通信)
<寛仁さま>退院し宮邸へ(毎日新聞)
夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職-埼玉県立大(時事通信)
AD