鳩山由紀夫首相は23日夜、平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司国土交通相を首相官邸に呼び、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関し最終調整する。首相はこれまで今月末までに政府案をまとめる考えを強調しており、政府関係者は同日朝、政府案の決定を今週中に行い、米側に打診するとの見通しを示した。

  [表で見る]政府・与党の普天間飛行場の主な移設案

 関係閣僚の協議では、移設先を検討してきた政府・与党の沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野官房長官)での議論の経過や社民、国民新両党の案を平野氏が説明する。

 平野氏は「官房長官案」として、米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)の沖合を埋め立てる案を提示。政府は今後、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上案との県内移設2案を軸に検討する。平野氏は23日午前の記者会見で「今日、(移設先を)決めるということではない」と述べた。

【関連記事】
平野官房長官と国民新・下地氏が普天間移設めぐり協議
あるか政権浮揚策、カギ握る仕分け、普天間移設
普天間移設 政府案暗礁で首相困惑…打つ手なし
米、現行計画の履行求める 下旬の日米外相会談で 普天間問題
揺らぐ沖縄 「少数の反対意見、独り歩き」

雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
<連合>554組合すべて賃金カーブ維持(毎日新聞)
外国人参政権「反対」28県、「賛成」を逆転 都道府県議会(産経新聞)
鳩山首相 COP15「成功に終わったとは言えない」(毎日新聞)
<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
AD