いろいろ思うこと

テーマ:
純粋に野球ネタです。

まず、阪神×巨人戦の3回表の問題になったプレー。
あれがセーフになるのでは、プロ野球ではありません。

試合後の杉永の説明も不可解ですよね。
「最初から走路に入っていた」ということですけどね。
タイミングがアウトだったら関係ないでしょう。

極論かもしれませんが
三本間の挟殺のときは、キャッチャーは絶対に走路
にいますよ。

私だってもちろん、「ブロック」というものには違和感を
おぼえていました。ボールを持っていない野手と
ぶつかったら走塁妨害になるのに、ホームベースだけは
タイミングがセーフなのに「足が入っていないからアウト」
というのはどういうことだと。
これは多くの方の共通認識だと思います。

だから、コリジョン・ルールにしても
「タイミングがセーフのときはセーフにするから、
体当たりとかしないように」
という趣旨のはずです。
タイミング的にアウトのものをセーフにするための
ルールではないはずです。


話変わって、神宮球場のヤクルト×広島戦。
新井のミスが痛かったですね。もちろん、三塁で封殺する
つもりでいなければいけませんが、送球するときに自重
することぐらいできたはずです。

ノーアウト満塁でリリーフしたジャクソン。
狙い通り打ち取れたのは坂口だけでしたね。
まっすぐが速くて重いように見えますが、巨人の立岡や
ヤクルトの今浪のような長打力のない右投げ左打ちの
選手に、勝負どころでフェンスまで運ばれるのは
問題です。まっすぐで空振り三振がとれれば、だいぶ
楽になるはずですが。
シュート回転する傾向があるようですね。まだ若くて
伸びしろはあるのですから、配球も含めて勉強して
もらいたいですね。

そして堂林。
決勝点となったプレーは、エラーの記録にするのは
ちょっと気の毒な感じでした。
ただ、前進をちょっと止めたときにイレギュラーした
ので反応できなかったわけで、それはちょっと問題です。
同点の8回裏なのですから、あそここそダメモトで
ダッシュしてホーム送球を図るべきです。
前に出た結果捕れなかったなら仕方ない。
でも少し待ってしまったので、仮に捕れていたとしても
ホームは間に合わない体制・タイミングでした。

それ以上に
問題なのがバッティングです。
誰にどんなことを教わり、それをどう解釈したら
あの打ち方になるんでしょうか。

スタンスを広くして、ほとんどステップしないように
していますが
ステップしないことで、体重移動が少なくなることを
恐れ、ずっと後ろに体重がかかっています。

「ノーステップ打法」って流行してますけどね。
下半身の力を使わないで上体だけで打つわけでは
ないんですよ。
そして回転がなければ打てない。

後ろに体重かけたままのノーステップって、
打てる要素がないじゃないですか。

堂林だけの問題ではないです。
バッティングで苦悩しているのは、練習見てれば
わかるでしょ。相手の先発が左投手だからといって
スタメンで使うほうもおかしい。
3日の巨人戦に続き、堂林はチャンス(ルナ離脱)を
逸しました。ここはひとまず、左でも安部を使うべき
ではないでしょうかね。
AD

新井の2000本安打に思う

テーマ:
私事ですが

自分が東京ドームに観戦に行くと、なかなか
勝てませんでね。
初めて勝ったのが2001年の6月2日でした。
この日は打ち合いになり
2点ビハインドの8回表、1アウト一塁二塁で
代打の新井が同点タイムリー二塁打。
延長戦に入り、浅井の走者一掃の3点タイムリー
二塁打で勝ちました。

この試合を含め、それなりに活躍し、スタメンも
増えた2001年。

しかし2002年の開幕戦は
サードは野村、ファーストはロペスでした。
2001年の終盤はライトを守った新井でしたが
2002年の開幕戦は、レフト金本、センター緒方、
ライト前田、ということでスタメン落ちでした。

この試合、1対1の8回裏、代打で登場した新井が
三遊間を破る決勝タイムリー。
ちなみに私、市民球場におりました。

野村が早々にケガをしたこともあり、翌日から
スタメンに定着し、ほぼ全試合、スタメンでした。

ところが2003年
金本が抜けた後の4番を任せた途端に打てなくなり
2004年も冴えませんでした。ラロッカの加入により、
出場自体、減ってしまいます。

しかし2005年
開幕スタメンは逃すものの、2戦目にラロッカが
故障し、チャンスが来ます。それを見事活かし、
3割40本を達成。
チームは最下位に沈むも、新井にとってはいい年に
なりましたね。

2007年オフ、阪神に移籍。
2010年まで、それなりの成績を残すも、2011年から成績は
下降していきます。

2014年の8月22日、私はマツダスタジアムのバックネット裏
で観戦しておりました。
点差はあったとは言え、1アウト二塁三塁のチャンスで
代打で登場。
結果は、前田健太のスライダーにあっさり空振り三振。
2ストライクになった時点で、結果が容易に予見できました。

正直、「もう終わったな」と思いましたし
広島復帰に際しても、選手としての活躍はまったく
期待していませんでした。

ちなみに復帰が決まったときの私のブログ
新井貴浩の復帰に関して(長文)

146本もヒットを打つとは思っていませんでした。
しかも1年ちょっとでね。


こうして振り返ると
2003年、2004年は「期待を裏切られた」わけですが
2002年と2005年、開幕早々のチャンス(野村やラロッカの
故障)を活かし、プロの世界で生き残ってきたわけですね。

そして、「もう終わった」と思ったところからの復活。
これはある意味、「新井らしい」のかもしれません。

今日は堂林と鈴木誠也にホームランが出ました。
若い選手が、新井から何かを盗んでくれるといいですけどね。

特に堂林は、2002年の新井と同じ年齢です。
堂林は、昨年までの6年間で、285本のヒットを打っています。
新井が2001年までに打ったヒットは161本。高卒と大卒の
違いはありますが、堂林のほうが100本以上多い。

いみじくも、14年前の新井と同様、開幕スタメンの選手の
故障でチャンスを得ました。

私が還暦を迎える頃、「堂林が2000本」とか、あるんですかね~
AD
ご無沙汰しております。なんとか生きています。
って、ここのところこればっかりですね。

仕事面でいろいろあり、また、自分自身の転居の
こととかもありまして、確定申告後もなかなかの
バタバタぶりでございます。

政治面でも経済面でも、いろいろなことが起こって
いますね。

最近面白く読ませていただいているのが
http://wjf-project.info/blog-entry-1158.html
http://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12150031473.html
です。

どちらも
「安倍首相を支持しない」
「TPPに絶対反対」
という部分で一致しているわけですが

大きく違うのが、三橋貴明氏の評価です。
それがもとで、互いに批判をしています。

私自身の考えは、WJFのほうに近いです。
三橋氏は、安倍政権発足前から、消費税増税
には反対の立場であった。
一方、安倍首相自身は、自民党総裁選の際、
テレビなどでの発言を聞いている限り、消費税
増税を凍結するとは思えなかった。
それにもかかわらず、三橋氏が狂信的なまでに
安倍晋三を支持したのには、違和感がありました。

ただ、WJFにしても進撃にしても
考え(TPP反対や安倍首相不支持)が共通する
ことに囚われず、互いに批判をするというのは
大いに評価できると思います。

近年増えてきた「ステレオタイプ」「二元論」に
陥っていると、「ある程度考えが共通する相手」
を批判できません。

しかし主権者の国民として
政治に参加できるのは選挙のときぐらい。
そこでどう判断すればよいのか。

最大野党の民進党は、共産党と協力しようとしています。
納得しづらいところではありますが、小選挙区制が二元論
を助長しているため、こうせざるをえないという事情がある。
そもそも、民共協力を批判する自民党も、公明党と組んで
いるため、説得力がない。

いずれにしても、与野党とも「一枚岩」にはなりえない。
というか、一枚岩はむしろ良くない。

必要なのは「多様性の尊重」なんじゃないですかね。
その意味では、先般世間を騒がせた乙武洋匡氏とか、
悪くないと思うんですよ。
あの騒動以来、Twitterも自粛しているようですけど、
まさに「多様性」を重んじる考え方です。
まぁ、そういう考え方は、今の自民党には絶対に合わない
と思いますけどね。実際、民主党議員がリツイートする
こともありましたから。
AD

確定申告時期終了

テーマ:
ご無沙汰しております。
なんとか生きております。

今年は神田税務署での電話相談を
1月15日から3月10日までの間に、17回も
入れてしまいまして
若干後悔しております。

ありがたいことに、新規の確定申告も何件か
請け負いました。
負担感があっては仕事になりませんので
気持ちはとにかく前に向けておりまして
それが疲労感にもつながってしまいましたね。

ある程度、余裕を持っていないといけません。
少なくとも気持ちには余裕がなければいけません。

来年は、今年の反省も踏まえ、仕事のしかたを
改めます。

そうは言っても
電話相談を機に生まれたご縁もあったんですよね。

改めるべきは
仕事量ではなく、電子申告のしかたでしょうかね。

国税庁の確定申告書作成コーナーで作ったものを
e-taxソフトで送信してたんですが
税理士が使うには、やりづらいところもあるんですよね。
署名ができないし、税務代理権限証書の添付をすると

送信票ではなぜか 「郵送等」 の欄にチェックが
ついてしまいます。
電話で照会してみると、「仕様上そうなる」って(笑)。

ただ、電子申告は楽です。
添付書類を省略できるし、3月15日を夜まで使える。
まずはソフトの選定ですね。

ありがとうございます

テーマ:

コメントくださった皆様、ありがとうございます。
あまり質の良くない忙しさではありますが
一応、この時期の税理士らしく疲弊しております。


毎年のことですが、2月20日は長嶋茂雄氏の

誕生日であります。傘寿だそうですね。

40代半ばを過ぎますとね。当然ながら、30年~40年前

のことが、明確な記憶として残っているんですよね。

長嶋茂雄氏が最初に巨人の監督を辞したときが45歳。

今の私よりも年下です。昭和55年の11月でしたが、

よくおぼえています。

 

つまり、あのときから今までと同じ時間が流れると、

私も80歳を過ぎるわけです。

 

いまだ、いろんな方に迷惑をかけていますが
ちゃんとしなきゃいけませんな。

 

今日は銀座の某所で、誕生日を祝ってもらいました。
来年は、忙しさの質を高めてこの日を迎えたいものです。

ご無沙汰しております。
なんとか生きています。

公私ともにいろいろとございまして
統計だけではない、生の税金、生の経済を
体感する機会に接しております。

経済でいえば
企業がリスクをとらなくなっている
ことを本当に感じます。

年末にも書きましたが
25年もの間、ゆる~く革命が進行していると
私は思っています。

「従業員を長く面倒みることは嫌だ~!」
「高い品質を維持するのは嫌だ~!」
という感じで
日本的経営が崩壊してきました。

・成果だけで給料を決めてよい
・若者にも成果を求めてよい
・価格が安ければ品質が悪くてもよい

こうした姿勢が蔓延し

・外部環境のせいにしてよい
・政府に頼ってよい


という空気まで出てきました。

ブラック企業も、こういう空気・土壌のもとに
生まれたものでしょう。

内部留保が増えるだけでトリクルダウンがない、
って言いますけど

上記のような「革命」が進んでて、賃金をコストと
してしか考えない状況では、当たり前じゃないですか。

アベノミクスが効果を挙げた、って言いますけどね。
効果が挙がること自体が問題なんですよ。
政府に頼る姿勢、政府がなんとかしてくれるという
しょうもない期待、そういうのがあったからこその
「効果」です。

「革命」の進行が、たまたまプラスに作用したのが
「アベノミクス成功」ということです。

裏側で、大きな「革命のうねり」がありますので、
本格回復につながるはずがないんですよ。


安倍政権が、どういう政策をとっていたか。

消費税増税の際、転嫁を強制しようとしました。
配偶者控除を廃止・縮小しようとしました。
残業代を縮小しようとしました。
株価維持のため、年金資金を注ぎ込みました。

そして今回、「マイナス金利」です。


問題意識が間違っており
その反省もまったくなく

「こういう声があがったから、こういう政策」

ということを、場当たり的に繰り返しているだけ。

本当に情けないことです。
夜、予定がキャンセルになったので
映画 ピンクとグレー を観ることにしました。

チケットの売れ方がすごかったですね。
渋谷のTOHOシネマズで観ましたが、満席でしたね。

これから観るのを楽しみにしている方も
多いのでしょうが・・・

先に申し上げておきます。

ヒドい駄作です。

あらすじは、ご存知の方も多いでしょう。

幼なじみが一緒に芸能界に入り
同居生活を送るも

一人は売れて、もう一人は芽が出ない。
関係もギクシャクしてくる。

別れて数年後
高校の同窓会で再開。

二人で思いっきり飲んで
関係が修復できるかと思ったら

翌日、売れっ子のほうが自殺してしまう。



ここまでは、結構いい感じなんですよ。
テンポもよく、それなりに引き込まれていきます。

しかしですよ。
自殺のシーンで

実はここまでは劇中劇でした~♪

っていう大転換が入ります。

つまり、

中島裕翔が演じる売れっ子は
本当は売れなかったほう(役名:河田大貴)であり
売れっ子(役名:白木蓮吾、演:柳楽 優弥)の遺書に
したがい、伝記を書いて、それが映画化され、
入れ替わるように売れっ子になった、

っていうストーリーなんですよ。

後半は、入れ替わって売れっ子になった河田大貴
の生活が描かれるんですが
ここからは、河田大貴を中島裕翔が演じることになります。


あのですね。

「売れっ子が自殺に至るまでの葛藤」
ではなく
「残された親友のその後」
にスポットを当てること自体は、悪くないと思うんです。

しかしですよ。それならば
「劇中劇でした~」という大転換など必要ない
はずです。

なまじっか大転換を入れたばっかりに
実にわかりづらいです。

わかりづらいだけならともかく

後半突然登場する柳楽優弥に
まったく感情移入できません。

さらに
前半、菅田将暉が演じていた役を
後半になって中島裕翔が演じるのは
ものすごく違和感があります

最悪なのが、ラストシーン

中島裕翔が、亡霊として出てきた柳楽優弥に
関西弁で話しかけるのですが、あまりにもヘタクソ
なんです。ヘタなのではなく、イメージと異なるだけ
なのかもしれませんが

いずれにしても
無理やり感がすごく出ている んですよ。

後半がモノクロなのも
観客を疲れさせるだけの無用な演出 です。

劇中劇なんかにしなければよかったんでしょうけど
おそらくは、「大人の事情」がそうさせなかったんでしょうね。

劇中劇でなければ、菅田将暉が主役になってしまいます。
中島裕翔を主役にするための無理やり感
がものすごく色濃く出ていて、実に不愉快になります。


そして何よりも

ストーリー自体に中身がありません

前述したとおり、「残った親友のその後」に
スポットを当ててもいいんですよ。

しかし、「驕り」「ひがみ」「酒乱」「怠惰」といった
ダメ人間的要素がどんどん出てくるだけで、

だからなんなの?

という感覚だけが残ります。

繰り返しますが

まれに見る駄作 です。

こんなもんに時間とお金を使わないでください。

今更ながら 海南1890

テーマ:
映画 海難1890 を観てきました。

ネット上では、高い評価の中に、厳しい評価も
混ざっていますね。

確かに、テーマがわかりやすいだけに、押しつけがましい
印象を受けるかもしれません。1890年9月のエルトゥールル号の
遭難と、1985年3月のイランからの邦人脱出を結びつける必要が
あるのかと、疑問に思う人も少なくないでしょう。

ただ、Wikipedia で 「エルトゥールル号遭難事件
を見ますと、1890年と1985年の関連性は いわば「既成事実」
ですので、価値観を押しつけるようなものではありません。
純粋に感動していい映画ですし、「今の日本人が失ってしまったもの」
を思い起こす機会にもなるでしょう。

1890年って、「ついこの前まで鎖国されていた」時代ですよね。
排他的な感覚があったっておかしくない。しかし「海で遭難した人
は助ける」という精神を貫いたわけですよ。

近年、繁華街や観光地に外国人が増えました。
正直、腹が立つことも多いです。
実際今日も、早稲田の穴八幡宮に幼い子供を連れてきていた
外国人がいて、子供の振る舞いを抑えない父親を見て、
かなりイライラしました。
経済政策・社会政策において、外国人を
「人口減の穴埋めに使う」
ような考え方が固められつつありますが、個人的に反対です。

ただ、政策論はあくまで政策論。
人として大切なものまで失ってはいけませんな。


あとですね。
映画の本題とは外れるんですが

1985年は、日本から邦人救出のための救援機を送ることが
できなかった。
これができるようになったのは1994年に自衛隊法が改正
されてからである。

こういうことも知りませんでしたよね。
昨年の安保法案のときも
「海外の日本人を救うために~」
ということが賛成論者から言われていましたが、
これは1994年の自衛隊法改正ですでにできるように
なっており、的外れな議論だったんです。そして、
「海外派兵反対!戦争法案反対!」っていうのは
もっと的外れだったんですね。

実際、3年前のアルジェリアの日揮のときも、自衛隊による
救出活動が行われ、また、自衛隊は在外邦人輸送訓練を
毎年行ってくれている。こういうこともよく知らないで議論
していましたね。


それから、イラン・イラク戦争ですが

勃発時、私は小学生。日本への影響は、ほとんど気にしたこと
がなかったですね。
映画のエピソードがあった1985年ともなると、勃発から4年半。
当時、このニュースは知りませんでしたし、聞いたとしても
「まだ戦争やってたんだ」って感じだったでしょう。

しかし考えてみれば
1990年のイラクのクウェートへ侵攻の 「ほんの5年前」
なんですね。

1991年初頭に湾岸戦争に発展するわけですが
短期間にこれだけの横暴を繰り返すフセインの首を
なぜあのときとらなかったのか。
こんなことにまで思いを馳せてしまいました。

2015年の回顧

テーマ:
間もなく年が明けますが

今年に関しては私事でいろいろあったこともあり
年末感が全然なかったです。

このブログでは
政治や経済のことをよく書かせていただきましたが

いわゆる「ネトウヨ」のレベルの低さを感じる機会
が多かったですね。

最近では
12月11日の、東京国際フォーラムのBoAライブ
Yahooニュースに出ている記事についている
コメント、書いてて恥ずかしくないのかと思います。


それはともかく、経済の話。
2015年は、暦年でマイナス成長でしょう。

2年連続でのマイナス成長って、意外にも
「憲政史上初」だそうですね。

アベノミクスが成功か失敗か、という以前の問題です。

政策で「強い経済」など作れない。
一時的な需要創出では意味が薄いことは、
1992~1996年に実証されている。

それにもかかわらず
「自分達が四半世紀ぶりの強い経済を作った」
みたいな言い方をする連中には虫唾が走ります。


今年は安保法制もあったことで
マスコミへの言論統制も話題になりました。
統制ではなくても、最近のマスコミに元気がない
のも事実です。

自民党の議員には、渡邊美樹氏もいるわけですが
ブラック企業問題も相変わらずですね。


なんでこんな世の中になってしまったのか

最近思うのは

ゆる~い革命が長い期間かけて
続いているんじゃないか?

ってことです。


バブルの頃から
日本は社会主義的要素が強い
と言われていました。

本当の社会主義国家では
1989年に相次いで革命が起こりましたが

日本は「社会主義国家」という自覚が
なかったわけです。
だから革命など起こらず、むしろバブルを謳歌し
「日本的経営」を強みとして誇っていました。

しかし1991年から不景気になり
1992年に不景気が顕在化。
そこから企業のスタンスが変わってきました。


年功序列で給料の高くなった中高年社員を「リストラ」
するようになった。

新卒採用では、二十歳そこそこの若者に多大な要求をし

現有社員にも短期的な成果を求める。
それでいて、労働時間には厳しく、残業代なしで
長時間労働をさせる。

さらには
品質よりも価格を重視し、中国の労働力に頼る。
ひどいのになると、不正を行って消費者を欺く。


こういうのって

日本的経営反対!
っていうスローガンでの革命

なんじゃないですかね。

東欧と違うのは
「変わろう」という意識は薄いんですよね。

本当に変わろうとするならば
多少の痛みはガマンできる。

小泉政権はもともとそういう意図だったかもしれませんが
方向性を間違えてしまった。

そして揺り戻しが来て民主党政権が誕生した。

それがダメになって再び政権を取った自民党は
二度と揺り戻しが起きないよう、

仮想敵国を作り
民主党が「国益」に反するというレッテルを貼り

情報の統制までするようになった。


こういうことなのかな、って思います。

つまりですね。
20数年続いている「革命」が
正しいのかどうかを、きちんと検証しなければなりません。

革命を助長するのが正しいのか
止めるのが正しいのか

来年は参院選もあります。
主権者として、根拠ある選択をしたいですね。
長妻昭さん自身、おっしゃってましたが
結局は、政策がしっかりしなければなりません。

私自身の専門分野でもあるのですが
「税と社会保障の一体改革」が
やっぱり気になるところです。

以前のブログでも書きましたが
今の政権では、絶対に年金制度は改まりません。

年金の世代間格差(後編)

そこで先週土曜日、次のような質問を
長妻さんにぶつけてみました。

「(会冒頭の長妻さんの)話の中で、
再分配という言葉があった。再分配には、
消費税と社会保障、特に年金の話が
不可避だと思う。今の自公政権では
年金改革は行われないと思うが、
民主党に対案はあるのか」

長妻さんの回答は

年金については、3段階での改革を考えていた。
第一段階は「環境の整備」で、これは年金記録
問題の解決や、社会保険庁解体が該当し、
与党時代に実現させた。
第二段階は「低年金者への対応」で、
受給資格期間の短縮(25年→10年)や、
パートへの厚生年金拡充などがあり、これらも
法制化された。
そして第三段階が「最低保証年金」である。

というものでした。

正直言いまして

納得はできませんね。

まぁ、改革が一気にできないことはわかりますよ。
民主党が与党時代にやったことも、一応評価できます。

しかしですよ。
これも前に書きましたが

今更何を言うのだ

誰の目線で検討したのか?

最低保証年金について、民主党はまともな案を
出していないんですよ。
2012年2月に、薄っぺらい総論を出しただけ。

私個人としては
最低保証年金には賛成なんです。

理由は
事実上の「人頭税」となっている国民年金保険料
を廃止でき
厚生年金保険料も(基礎年金拠出金がなくなるので)
引き下げることがきるからです。

財源としてふさわしいのは消費税。
景気動向にあまり左右されない税収。
物価変動とともに税収も変動する。
年金財源としての適性は十分です。

ですからね。
消費税率引き上げを言う前に
最低保証年金の具体案をブラッシュアップすべき
だったんですよ。

ところが野田首相がそれを怠り
「決められる政治」とかバカなことを言って
「消費税を増税することを手柄」にしようとしました。

その後、自民党に政権を奪われた後、
どうなったでしょうか。

「増収分は社会保障に使う」と言いながら
「社会保障」の定義を変えることで、そこがあいまいに
されてきました。

ところがですよ。

民主党時代に厚労相まで務めたおばちゃんが
こういうバカなことを ほざいているんですよ。

小宮山洋子ブログ・子ども・子育て支援の財源確保を

自民党と同じです。

消費税の「三党合意」の際 「自民党 野田派」
って揶揄されていましたが

この人、生粋の「自民党 野田派」ですね。

3年前の衆院選で落選して、もう議員になることは
ないようですが
今でも毎日ブログ更新してますよ。民主党員は
続けてるんでしょうね。

もし小宮山洋子の考え方が「民主党の総意」に
近いということであれば

ネトウヨの好きなフレーズ

やっぱり民主党には期待する要素すらない

に私も賛同してしまいます。


もう一つ私見ですが

鳩山・菅両氏が評判悪いですけどね。
野田氏が最も罪が重い
と思っています。

悔い改めた姿勢を見せたいのであれば
野田氏を除名するぐらいの気概がほしいですね。