桜にほんご学校 日本語教師募集

桜にほんご学校で日本語講師をしてみたい方へ中国の都市や働いている先生方を紹介するブログです。

お問い合わせは求人要項内のメールアドレスまでお願い致します。


テーマ:

【仕事内容】

日本人教師の授業の種類

1 学生4人までの少人数クラス 

2 学生12人までの大人数クラス

3 会話サロン 

4 文化コーナー

(日本語の歌料理スポーツ文化紹介など、教師の趣味や特技に合わせて開講)


担当コマ数 週に25コマ程度



【応募資格】

1.日本語がネイティブの方
2
55歳までの方(ビザの関係上)
3
.四年生大学を卒業されている方(ビザの関係上)
4
.明るく、謙虚で責任感がある方
5
.中国での生活に適応できる方

※下記資格お持ちの方を優遇いたします。

a.420時間の日本語教師育成講座を修了された方

b.日本語教育能力検定試験合格者



!NEW!【待遇】(常勤)

基本給:83008800

6勤務可の方は基本給+500

(実質勤務時間は週5勤務と同じ)


賞与(航空券代):2年目より最高6500

上記はいずれも能力、経験により決定

※三年目より昇給有り


住宅手当:2年目より500元~1200元(都市により)

※希望者の少ない地域へご対応可能の方は一年目より300600元の住宅手当がでます。

※中国にて支払うビザ費用は学校負担



【応募方法】

Eメールにて担当者宛に履歴書送付願います。(写真貼付のこと)

※採用の流れ:書類選考の後、スカイプ面接(2回)を実施

Email: etsumi.moritaka@sakurajp.com.cn

担当:森高(もりたか)



たくさんのご応募をお待ちしております!

AD
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日も最近桜がオープンした地域を紹介します。場所は「長沙」です。

中国の方に「長沙」のイメージを聞くとだいたい2種類の回答が返ってきます。「毛沢東のふるさと」と「食べ物が辛い」です。うーん、なかなかイメージしにくいのですが、まずは場所から見てみましょう。

長沙は上海と成都のだいたい中間に位置しています。空港があり、また列車も通っているので、移動が便利なところです。また、市の中心には地下鉄も通っており、観光名所への行き来も便利です。



「毛爷爷(毛おじいちゃん)のふるさと」
中国の歴史的な人物、毛沢東の出身地は「長沙」の近くの「湘潭」というところです。彼は長沙の湖南第一師範学院で学び、長沙を活動の拠点としていました。そのため、長沙の至るところに毛沢東を記念する建物があります。

「橘子洲公園」
例えば、この「橘子洲公園」には毛沢東の像があります。
我々が教科書で見ている毛沢東と少し違いますね。若かりし頃の毛沢東をモデルにしています。「橘子洲公園」は湖南省で有名な「湘江」に浮かんでいる島です。島の上にはミカンや柚子の木がたくさん植えられていて、果実が実る季節になると島中に柑橘系の匂いが広がります。

「爱晚亭」
ここは毛沢東が詩を詠んだと言われている建物で、「岳麓山」という山の中にあります。この山自体とても有名で、秋は紅葉が綺麗です。また地元の長沙人に親しまれ、朝晩のウォーキングにも使われている場所です。

次は毛沢東と関係のない名所も見てみましょう。
「马王堆汉墓」
ここは紀元前2世紀に作られた墓で、ここで掘り起こされた女性の遺体がとても有名です。通常遺体は骨だけが残っていたり、またはミイラと化しているのですが、この女性の遺体は掘り出されたときは、死後直後の状態だったそうです。2000年の時を超えて、死後直後の状態を保ってきたことが奇跡と呼ばれ、当時は世界中から注目を集めたそうです。
現在は博物館の改築中で、中に入れないかもしれませんが、再び開館をした時には、一度見てみる価値があると思います。


「开福寺」
ここは長沙桜の生徒さんに勧められたお寺です。決して大きいお寺ではないし、中も豪華ではありません。しかし、927年に建てられたとても歴史があるお寺です。このお寺の特徴は面白いおみくじがあるところです。このお寺に500体以上の銅像がおさめてある部屋があり、その銅像を自分の年齢の数だけ、上下左右に像を数えて行きます。止まったところの像の番号が自分のおみくじになるというもので、機会がありましたら、ぜひ引いてみてください。


次は長沙にある桜にほんご学校の周りを見てみましょう。
上海や北京と比べると、長沙の生活は確かに大都市ほど便利ではありません。しかし、長沙桜の周りはとても便利です。まず長沙桜の校舎の隣のビルに「平和堂」があります。平和堂は日本の企業で、1998年から長沙に進出しています。この中にあるスーパーは日本の食品や日本で使い慣れているものも売られているので、初めて中国で生活をする先生でも、日常品の買い物には困りません。


また、もう一つの隣のビルには「大米先生」というレストランが入っています。
ここは日本人の先生にも人気なレストランなのですが、下の写真のようにいろいろな料理から自分の好きな料理を選んで食べることができます。そのため、同じレストランでも毎日違うものが食べられますし、また辛い料理が多い長沙でも辛くないものを選ぶことができます。


長沙人の気質かもしれませんが、長沙の生徒さんは礼儀正しくて、一生懸命日本語を勉強する方が多いです。また、アニメや漫画が好きだから日本語を勉強する桜の生徒さんが多い中、留学や日系企業での仕事を目指している生徒さんが多いのも長沙桜の特徴です。長沙の生徒さんは日本語や日本の文化を教えてくれる先生をとても必要としています。そんな可愛い長沙の生徒さんに会いに来ませんか。
AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は皆様に北京を紹介したいと思います。北京は中国の首都ということもあり、中国の政治や文化の中心地です。2008年に北京オリンピックが行われたこともあり、空港を始め、地下鉄、バス等の交通機関が発達しており、日本との行き来がとても便利です。

 

北京は別名、帝都(帝国の首都)と呼ばれています。古く燕の時代(紀元前1100~)から首都としての役割を果たしており、歴史的な建物が多数残っています。世界文化遺産に登録されているものだけでも六つあります。※ちなみに、上海は魔都、広州は妖都と呼ばれています※

 

北京の観光名所はご存知の方も多いかと思いますが、地元北京人でもオススメしたいところを紹介してもらいました。

 

紫禁城(故宮)

古代皇帝の住まい。明と清の時代に合わせて24人もの皇帝がここで暮らしました。中国の歴史を一番近くで眺め、中国人と共に歩んできた建物とも言えます。確かに北京には多数の歴史的建造物がありますが、その中でも紫禁城は中国人にとって特別な存在なのです。

夕日に照らされる紫禁城

 

四合院

これは観光名所ではなく、中国の伝統的な建築様式の一つです。下図のように四方を囲って建てられているのが特徴で、風水にもこだわった作りになっています。無料で入れるところもあるので見掛けたらぜひ入ってみてください。

 


今度は若者の北京を見てみましょう。

古い建物が残っている一方で、新しい観光名所もたくさん出てきています。

例えば「后海」ここは海に面した街で、バーが多く、旅行客がよく立ち寄る場所です。

 

また、「南锣鼓巷」は中国の古い街で后海と違い静かなバーが多いところです。先ほど紹介した四合院の建物はこの近くでも見ることができます。

 

そして、今世界中で有名なのが、「798艺术区」です。ここには若い芸術家がたくさん住んでいて、街のいたるところで前進的な作品を見ることができます。

 

   

 


今度は食べ物を見てみましょう。

北京ダック

中華料理と言えば?と聞かれたら「北京ダック」を思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。実は北京ダックには大きく分けて二つの作り方があり、一つは密封した窯の中で焼く方法で、「全聚德」という北京ダックのお店が有名です。もう一つは窯の入口が空いたまま焼く方法で「便宜坊」という店が有名です。本場の北京ダックをぜひ食べ比べてみてください。


 

炸酱面

中国の北は麦を主食、南は米を主食にしていたと言われています。私たちに馴染みがある餃子、ワンタン、肉まんやラーメンなどの中華料理はだいたい北の食べ物です。今日はジャージャー面を紹介します。最近、日本でも人気が出てきているジャージャー麺ですが、他のラーメンと違いスープがありません。麺やトッピングの上に、濃い味のソースをかけて食べます。麺が好きな方はぜひ試してみてください。





最後はおやつの時間です♪
驴打滚
北京には「驴打滚」というお菓子があります。直訳すると、ロバが転がっているという意味です。名前の由来が気になりますね。食感は少し八ツ橋に似ています。

 

冰糖葫芦

そして、中国版あんず飴です。ただ、中国の場合、あんずではなく、「山楂」(サンザシ)という果物を串に刺して、水飴をかけています。中国には古くからある食べ物で、最近はキウイやバナナの「冰糖葫芦」も見かけます。サンザシは消化を良くしてくれるので、漢方薬としても使われます。ぜひ食後にどうぞ。

       

                                                                             



ここまでお読みいただきありがとうございます。

北京はまだまだ面白いところがたくさんあります。北京で生活をしない限り、ゆっくり見れないところもたくさんありますので、日本語教師をしながら、いろんな北京を発見してみませんか。

AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰しております。
忙しさにかまけて、ブログの更新を怠っていました。

今回は最近桜がオープンした「温州」という地域についてご紹介したいと思います。

「温州みかん」は聞いたことがあるけど、温州はよく知らないという方が多いのではないでしょうか。まず位置を確認してみましょう。
温州は海沿いにある地域で、上海から新幹線を使えば4時間半ほどで行けるところです。
また、温州には空港もあり、国内旅行がとても便利な場所です。

温州は中国の中で見るととても小さい都市ですが、温州人は世界中で知られています。それはなぜかといいますと、温州の人は商売がとても上手で世界中のいろんな地域に散らばってビジネスをしているからです。

そんな温州の街並みですが、正直大都市のような高層ビルが立ち並んでいる光景はありません。ただ、だからと言って田舎でもありません。小さいなりにも生活に必要な店が揃っている発展途上中の都市です。

温州で生活をしてみて気づかされるのは温州人は質がある生活求めているということです。例えば、中国の大都市ではそれなりに高い店でも、きちんと掃除されていなかったりするのだが、温州は小さい店でも掃除が行き届いているところが多いです。(店の外は汚いが。。)日本のように早朝から店員が窓ガラスを拭いている様子もよく目にします。

また、横断歩道で以下のようなテントもよく目にするのですが、何のためのものか分かりますか。
これは横断歩道を待っているときに、日よけや雨宿りができるように作られています。特に日差しが強いときや、雨が急に降り出したときは本当に役に立つテントです。こういう細かい気遣いがうれしいですよね。


次に温州の食べ物を見てみましょう。
温州料理は中国のほかの地域に比べると味付けが薄く日本人でも抵抗なく食べられるものが多いです。以下いくつか特徴がある料理を見てみましょう。
敲魚
敲魚は骨が少ない魚に少し片栗粉をまぶし、薄く叩き潰したものを上の写真のような幅に切って料理をしたものです。魚の麺を食べている感じで、一度食べるとなかなか忘れられない食感です。

温州魚丸
普段の魚団子は丸い形をしておりますが、温州の魚団子は写真のような細長い形をしています。なぜかと言いますと、ほかの地域の魚団子は魚肉を潰して、粉などと丸めたもので、魚以外の材料もたくさん入っていますが、温州の魚団子で粉はあくまでも魚肉を繋げる役割をしていて、魚肉が占める割合が高いのです。日本人好みの味だと思います。

温州麦饼
こちらも温州に行ったら、ぜひ食べていただきたいのものの一つです。外は小麦粉で、焼き上がりがカリッとしています。中はひき肉と漬けた野菜で、外の小麦粉と一緒に食べるとちょうどいいしょっぱさになり、やみつきになる食べ物です。


桜の周り
ここで、少し桜の周りを紹介しておきましょう。
まずはちょっと変わった緑の入口です。


そして受付です。


教室の中はほかの桜とだいたい同じですので、近くの店を見てみましょう。

有名なファーストフード店や喫茶店はすべて歩いて5分以内のところにあります。

さらに5分以内のところに映画館もあるので、授業のあとに映画をみることもできますよ!

温州は決して大都市ではありませんが、最近はユニクロなどもできて生活が便利です。そして、何より温州の人は自分たちもよく海外に飛び出していくので、外国の人に対す排他的な感情が少ないところです。機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。


いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日は福州の地域紹介をさせていただきましたので、
今度は桜の教室を見てみましょう星

福州桜へようこそ!!


受付です。ちょうどクリスマスが近かった時期だったので、飾付けがされています。


メディア教室です。一人自習している生徒さんがいますね。


廊下です。綺麗に飾り付けされています。
  

イベントをしたり、桜に入る前の生徒さんに体験授業をさせたりする大教室。


実際の風景。皆さん、真剣に聞いていますね。


通常の授業をする教室


福州校は規模は小さいですが、福州の中心地近くにあり、環境は良いです。
また新しいセンターですので、生徒さんと一緒に成長できるセンターでもあります!

福州校は現在、先生を募集していませんが、
生徒さんが日に日に増えています。

今後、求人がでる可能性がありますので、
福州の勤務に興味がある方はぜひこのブログを定期的にチェックしてみてください。
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。