色々ありすぎ

テーマ:
毎日、毎日、片づけをしていて、
かなり疲れ気味であるのだが、
そこにまた新たなトラブル発生・・・。

ばあさんのお姉さん(大姨)という人はこのブログでも
何度か登場したことがあり、手先が器用で、
料理も上手で、家の畑では毎年かぼちゃがたくさん取れて
子供たちも何度もお邪魔して収穫させてもらってました。
しかし、昨年からずっと体調を崩しており、
今年の三月にお亡くなりになりました。
残された旦那さん(大姨夫)は御年89歳なのですが、
娘二人(私にとっては旦那の従姉)と息子一人(しかしほぼ絶縁状態)が
面倒を見ておりましたが、よりにもよって
ばあさんの家で転倒して大たい骨を骨折してしまったのです・・・。

金曜日の夜、片づけをしながらマッタリ週末の予定を
立てていた旦那にばあさんから一本の電話が・・・。
大姨夫が転んで立てないというのです!

とりあえず、自宅にあったまとまった現金をもって
(入院にはまとまった現金が必要なため)、
ばあさん宅に駆け付けると、廊下に座り込んでしまった
大姨夫が。すぐに従姉にも連絡し、旦那の車で
病院に連れていき、レントゲン、CTスキャンで
大たい骨の骨折が判明。すぐに入院ということになり、
結局夜中の1時までかかり、ようやく入院することができました。

原因を追究しても詮無いことなのですが、
ばあさん宅で発生したこと自体、もうなんだか、もうです。
駆け付けた姉ちゃんにしこたま怒られていたばあさん。

今回ばっかりは本当にあきれました。

老老介護をできるような自分なのかどうか
そのくらいわからんものなのか!?
ただでさえ、急な香港旅行で片づけのスケジュールが
ぎちぎちになってるのに、ここにきてこのトラブル・・・。

二人の従姉のうち、下の従姉が大変運の悪いことに
今日から海外旅行に行ってしまっており、
上の従姉一人ではとても手が回らないとあっては、
手伝わないわけにはいきません。

とはいえ、大姨夫には初めての親戚との顔合わせの時から
とても友好的に接してくれた人なので、例えどんなに
忙しくてもぜひ看護を手伝いたかったのですけどね。

そんなわけでスケジュールはさらにおしおしに。
もう片づけが終わるのかどうか全く自信がありませぬ。

AD