8歳10ヶ月7日 癇癪もち


今朝、出かけるときに指輪をしていないことに

気付き、後から出てきたのどかに

『どれでもいいから指輪一個持ってきて!』

と言ったら、20歳の時に香港で

まきちゃんからプレゼントされた指輪を

持ってきてくれました。


そこで登校の道すがら

『この指輪はね、お母さんが

20歳の時にまきちゃんが

買ってくれたんだよ。のんちゃんが

20歳になったら、この指輪を

プレゼントするね。

そんで将来のんちゃんに

娘ができたらその子が

20歳になった時に

プレゼントしてあげて。』

と言ってみました。


そんな代々伝えていくような

由緒正しいもんじゃなく、

カジュアルなかわいいデザインなので

冗談半分のつもりだったのですが、

しばし熟考したのどかは

『もし男の子だったら

どうするの?その子の結婚指輪に

すればいいのかなぁ?』


えーっと・・・孫の嫁かぁ・・・

うーん、なんか嫌かも(笑)。


『女の子にしかあげちゃダメだから、

女の子が生まれるまで頑張って(笑)!』


とちょっとイジワルなことを言ってみたら


『えーっ!でもでも男の子が二人とか

生まれちゃったらどうするの?

それに女の子は・・・

癇癪もちだから困る。』


『それはのんちゃんがってことでしょ(笑)?』


『・・・うん。我慢しようと思うんだけどねー、

でもね、我慢できないのっ!』


わかってはいるんだね・・・。

いやいや自覚していることが

大事だよ、ほんと。


この辺のやり取りはすでに中国語なので、

癇癪もちと訳していますが、

実際のどかが言ったのは

『脾气大』で、

短気とか怒りっぽいとか言う意味です。


まーこの「脾気」ばっかりは仕方ないね・・・。

私も短気っちゃー短気な部分あるけど、

旦那姉とばあさんを見ると

つくづく遺伝を感じる。

あの二人の「脾気」ってば

おっかねーもの。

溜めに溜めてドッカーン!

しかもその爆発の矛先は

ほとんど身内に向けられるんだよね。

ストレスの吐き出し方って色々だろうけど、

私は友達に愚痴ったりする場合も、

拡散させて吐き出したほうが実害が

少ないと思うんだよね。

誰だってそうそう愚痴ばっかり

聞きたかないもの。


お金を払ってカウンセリングにかかることも

一つの解決方法ではあると思うけど、

あの二人にはまず無理だろうな・・・。


で、結局似た者同士の二人が延々と

互いの不満をぶつけ合うという

聞くのも見るのもうんざりする

恒例行事(=母娘喧嘩)を

繰り広げる訳です。


のんちゃんは自覚しているので、

是非とも自分の怒りを溜め込まずに

うまく吐き出すことができるように、

なってもらいたいな、とつくづく思う母でした。


旦那もその点は理解してくれているので、

ちょっとワガママさせているように

傍目からは見えてしまうかもしれませんが、

のどかの表現できない怒りをどうしてなのか?

何に怒っているのか?分析させて

言葉で表すように促してくれます。


親バカかも知れないけど、少しずつ

感情の表現ができるようになって・・・いってるかな、と。

まーいまだにすぐプーッと膨れるのは

私の小さい頃ともやっぱり似ているのかなぁ。(-_-;)


AD