今日はなぜか愛想ふりまくり

 

今日は風も穏やかで、寒いものの階下で遊べる好天気。

まきちゃん手製の帽子とマフラーを身につけた姫。

最初はボヨーンとしていたが、太陽光線を浴びるうちに覚醒!

 

まずはお約束の滑り台。

滑り台に向かう途中、会う人、会う人に『バイバイヾ( ´ー`)ノ』

愛想ふりまくり。

 

???今日は一体どうしたんだ???

 

滑り台で遊ぶが、人口密度が高く、なかなか滑ることができず、

数回で断念。

 

そこに過日、木の実をくれたお兄ちゃん(推定小学校低学年)が

現れ、木の枝をくれた…が、さくらは手を振って『いらない』と拒否。

お兄ちゃんは『いらないんなら捨てる!』とそばの芝生に投げ捨てる。

こらこら…植物を引っこ抜いてもいけないし、それを捨てるなんて…と

思ったら、さくらはおもむろに芝生に入り込み、お兄ちゃんが捨てた木の枝を

拾い、追いかけたっ(笑)!

 

結局噴水のところまで追いかけていき、お兄ちゃんに木の枝を返す(爆)。

 

お兄ちゃんと一緒にいたおばあさんに『えらいねぇー』と誉められ、

誇らしげにお兄ちゃんにバイバイするさくら(笑)。

 

しばらくして今度はベンチに猫を発見!

猫様

動物好きなさくらはもちろんのこと突進っ!

 

『ニャンニャン~~♪』

ちょっと薄汚れた野良猫さんだし、鳥インフルエンザとか

蔓延しているので、触らないでくれぃ!

 

もちろん触らせませんでした。

『見るだけねー♪』と言ったら、猫の廻りをぐるぐる回り、

『ニャンニャン~~♪』を連呼。

よっぽど好きなのね。

 

そこに先ほどのお兄ちゃん再登場。木の実を猫に食べさせようと

している。『猫は木の実食べないよ、お魚が好きなんだよ。』

教えてあげたのだが、あくまで木の実を食べさせようとする彼。


ま、気持ちはわかる。私も小さいころ、同じようなことやって、

猫に嫌がられたし(笑)。

 

姫は長いこと猫から離れられず。

ようやく猫からバイバイして、再び滑り台で遊んでたら、

ベビー用品宅配サービスの兄ちゃんが探しに来た。

…すんません、携帯、家に置いてきてました。ポリポリ (・・*)ゞ

 

これにてお散歩切りあげ。


AD