犯罪の被害者に対して警察が実施している「被害者給付制度」など14の支援策のほとんどについて、「被害に遭う前から知っていた」とする被害者・遺族が1割に満たないことが22日、警察庁の調査で分かった。支援策のうち、「支援内容に関する情報提供」、「捜査に関する情報提供」や、「給付金など公費による経済的負担の緩和」に関する情報-への需要が高い一方、支援施策を「教えてくれる人がいなかった」とする回答が相当数を占め、今後、周知方法を再検討する必要がありそうだ。

 調査は平成20年1月から21年12月の間、犯罪被害者給付金の裁定対象となった881人に調査票を配布。22年1月までに395人から回答を得た。

 どのような支援策が必要だったか尋ねたところ、「情報提供(被害者が受けられる支援策に関する情報)」、「被害者連絡制度」、「犯罪被害者給付制度」の3施策でいずれも8割を超えた。

 また、それぞれの支援策について、被害に遭う前から知っていた人の割合を調べたところ、「犯罪被害者給付制度」は7.8%▽「被害者の手引き(冊子)」の存在は5.3%▽「警察職員のカウンセリング」は3%-など。これ以外のほとんどの支援策では「調査で尋ねられるまで知らなかった」とした人が、4割を超えていた。

 警察は、犯罪被害者に対して、事件発生後、被害者の状況を見ながら、適当な時期に知らせているとしている。しかし、調査結果からは必要な情報が、それを必要としている被害者・遺族に伝わっていない実態が浮かび上がる。

 警察庁では、「被害者やご遺族が犯罪被害に遭った直後の頭が真っ白なときに情報提供しても頭にいれてもらえない」(幹部)として、今後は情報提供の時期や内容について、きめ細かく検討するとしている。

【関連記事】
21年度の犯罪被害者給付 申請被害者数が過去最多589人 
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ
「被害者への目配りが十分ではなかった」…13人目の死者 消えない痛み
病院で性犯罪の被害相談も 警察庁の被害者支援推進計画まとまる
トホホ…触った女性は警察官 痴漢の現行犯で会社員逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

スカウト組織から女性紹介=容疑で風俗店経営者ら逮捕-警視庁(時事通信)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
首相「腹案」に痛烈な「ノー」…徳之島(読売新聞)
日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)
「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)
AD