赤松広隆農林水産相は8日午前、来日中のビルサック米農務長官と農水省内で会談した。焦点のBSE(牛海綿状脳症)問題を受けた米国産牛肉の輸入制限をめぐり、米側が撤廃を求めたのに対し、日本側は科学的データに基づいて対応を決めるとの姿勢を改めて示し、議論は平行線をたどった。ただ、政府間で率直な協議を続けていくことは約束した。
 赤松農水相が会談後、記者団に語ったところによると、ビルサック長官は米国産牛肉の輸入制限について「オバマ政権に代わり柔軟に対応することになった」と述べ、日本側に譲歩を要請。「月齢20カ月以下」としている輸入条件を、まず30カ月未満への緩和を検討するよう暗に求めた。これに対し、農水相は「科学的知見に基づいて食の安心と安全を確保する」とし、直ちには応じられないとの姿勢を堅持した。 

社保庁OBを更迭 厚労相 野党時代の“宿敵”(産経新聞)
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁(医療介護CBニュース)
防犯カメラ設置で痴漢被害半減…JR埼京線(読売新聞)
サッカーW杯 FIFA公認の世界地図、松山の会社が販売(毎日新聞)
光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)
AD