名古屋市熱田区の交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、危険運転致死容疑で逮捕され、処分保留となっていた同乗者のブラジル国籍の男3人について、名古屋地検は26日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。同地検は「赤信号を無視したことについて、運転者との共謀を認めるに足りる証拠がない」としている。
 事件では、車を運転していた同国籍のロシャ・デ・フレイタス・ファブリシオ被告(26)が危険運転致死罪などで起訴されている。同乗者も同罪に問えるかが焦点となっていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
DNA誤データで別人に逮捕状=警察の登録ミスが原因
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡
「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める
路上に65歳男性、搬送先で死亡=ひき逃げか、車の部品も

<東京コレクション・ウィーク>秋冬物新作続々 26日まで(毎日新聞)
総務課長らの交代を内示=国会遅刻の責任問う? -原口総務相(時事通信)
31日に2度目の党首討論 (産経新聞)
外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ-厚労省(時事通信)
菅家さん無罪確定 「別の被害者救済へ戦う」(産経新聞)
AD