英語大好き!

ハリウッド、ハワイ、英語好きな情報サイト


テーマ:

大平 俊介さんが出した、高校受験用 勉強ギライでも90日間で学年トップ20に入る下克上勉強法が、 2ch(2ちゃんねる)のスレで、噂になってるみたい。

 

毎日14時間勉強しても成績が上がらなかった劣等生が、 偏差値を30アップさせて、第一志望の高校に合格したって、言ってるけど、 それが問題なんだよねえ。

 

なんか、話がうますぎない?

 

怪しいな~。

 

効果なしって意見もあるし、実際のところどうなのか。

 

2ch(2ちゃんねる)のスレって、どう思う?

 

評判や体験談を確認

 

頭が悪いと思い込んでいた子でも、目から鱗の高校受験勉強法で 偏差値が10以上アップし、第一志望校に合格することができたらしいよ。

 

これなら、できそうな気がしてきた。

 

なんだか気になるよねー。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)を学習する際、発音チェックはネイティブ(語学教室ではとかくもてはやされますね)にしてもらった方がいいんでしょうか?

語学の学習では、自分では正しく発音しているつもりそれでも、実際にには間ちがっていて伝わらないと言った事も多いと思います。

中華人民共和国の方と中国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)で話す事を目標にしている為あれば、やっぱり中国語(作文や感想文などの宿題が出されて困ったことのある人も少なくないはずです)ネイティブ(語学教室ではとかくもてはやされますね)の方に発音のチェックをしてもらった方がいいかもしれません。

ただし、日本語や英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)にも訛りがあるように、中国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)にも訛りがあります。

中国語(入試では出題される著者がある程度限定されていますね)ネイティブ(生まれ育った地域によっては、訛りがあったりもします)の方ならどういった方でもいいと言うわけではなく、標準的な発音の方に確認してもらう必要があると言われています。

そう考えれね、ネットなどで中国語(作文や感想文などの宿題が出されて困ったことのある人も少なくないはずです)を話せる知り合いを見つけるよりも、費用はかかっても中国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)の講師(講義を行う人のことで、先生と呼ねれるのが一般的ですね)にお願いする方がいいでしょう。

また、私達が日本語ネイティブ(生まれ育った地域によっては、訛りがあったりもします)だからと言って、日本語の発音の仕方を指導可能なとは限らないように、中国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)ネイティブ(語学教室ではとかくもてはやされますね)の講師だからといって、正しい発音の仕方を分かり易く指導可能なとは限らありません。

発音のチェックは中国語(国語だけは苦手という人も少なくないようです)ネイティブ(最近では、ネットでネイティブの語学教師を探すこともできます)の講師(有名な人の場合、講義の内容について本にまとめて出版していることもあります)に、正しい発音の仕方は中国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)ネイティブ(語学教室ではとかくもてはやされますね)ではない講師(特に人気のある先生の場合には、カリスマ講師と呼んだりもします)にお願いするのが理想です。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ただ漫然と中国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)を身につけようとしても、なかなか意欲が続きませんから、何か目標を設定するのがオススメです。

例えば、中国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)検定試験を受けてみると言うのも、学習目標としては有効だと思います。

中国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)の検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)としては、一般財団法人日本中国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)検定協会が実施している中国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)検定試験が有名ですね。

その他にも、中国教育部認定のHSK(漢語水平考試)、北京語言大学HSKセンター主催のC.TEST実用中国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)レベル認定試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)、TECC(中国語(子供の頃から本を読む習慣があると、得意であることが多いようです)コミュニケーション能力(手紙や電話など、対面ではないケースでも必要でしょう)判定テスト)等があります。

また、二十代までの若者を対象としたYCT(青少年向け中国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)検定試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです))、ビジネスマン向けのBCT(ビジネス中国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)検定試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります))と言う検定試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)もある為、中国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)を学習する目的に合わせて選ぶといいかもしれません。

検定を受けるのには費用が掛かるのですが、ご自身の学習レベルがいかになのかを確認できるため、学習スケジュールを組むのにも役立つはずです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。