化粧をしているかのような白いほおと赤い唇、そして半開きのまなざし。和歌山県立自然博物館(海南市)のゴマモンガラ(性別不明)が人気を集めている。しぐさや目つきが女性っぽい「オネエ系」として飼育担当の男性学芸員が公式ブログで昨年12月に紹介した。ただ、最近は肌が少し荒れ気味なのが悩みのようだ。

 本州中部以南からインド・西太平洋にかけての海域に分布する亜熱帯魚。

 昨年11月に県中部の印南町で釣り上げられ、博物館に譲られた。

 学芸員によると、和歌山近海に生息するゴマモンガラの成魚は10センチ程度がほとんどで、全長約50センチはビッグサイズ。

 娘と週に数回訪れるという和歌山市の主婦(43)は「うつろな目つきがたまらない。おっとりしたオーラが“夜の世界”を感じさせる」とかなり熱を上げている。

新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
<口蹄疫>宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に(毎日新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
JR武蔵野線、運転見合わせ 西船橋-府中本町駅間(産経新聞)
谷垣氏「軽い認識で国民愚弄」 首相「ご懸念ご不要」(産経新聞)
AD