自民党の谷垣禎一総裁が近く簡易投稿サイト「ツイッター」を始めることになった。これまで「つぶやきみたいなことはあまり好きではない」と消極的だったが、15日夜に会食した世耕弘成広報本部長代理が口説き落とした。ツイッターは永田町でも急速に浸透しており、同党は選挙運動での利用解禁も検討中。ただ、谷垣氏は周辺に「どういう発信力を持つかよく分からない」と漏らし、ぼやきが先行している。

【関連ニュース】
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
谷垣総裁:「気迫持って迎えたい」党首討論に決意
自民党:谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け
谷垣総裁:議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否

民主・小沢幹事長、訪米見送り…普天間に配慮(読売新聞)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
次世代車普及、2020年に最大50%に…経産省(レスポンス)
<桜自慢>1位は青森、2位奈良、3位京都…気象会社調査(毎日新聞)
AD