社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は17日午後の記者会見で、国会同意人事について「議院運営委員会に(人事案が)出た後の段階でしか(顔触れを)知り得ないのは連立政権として問題だ。事前にどう意思疎通を図るかが課題だ」と述べ、与党間で事前調整が可能になるよう決定手続きの見直しを求める考えを示した。
 政府は原子力安全委員会委員に班目春樹東大大学院教授を充てる人事案を国会に提出しているが、社民党は同日、脱原発を目指す党の方針とは相いれないとして、班目氏に反対の考えを平野博文官房長官に伝えた。福島氏の発言は、こうした動きを踏まえたものだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ベール脱いだ特別高度工作車 消防ファン必見!水圧で鉄扉切断だぁ(産経新聞)
大阪桐蔭ナイン ニュー甲子園初練習(産経新聞)
「神戸マラソン」実施へ=市民参加型市街地コース-来年冬にも、震災復興アピール(時事通信)
<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待(毎日新聞)
AD