内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査によると、3カ月前と比べた街角の景況感を表す現状判断DI(指数)は38.8と前月比3.4ポイント上昇した。2~3カ月先の見通しを示す先行き判断DIも41.9と5.6ポイント上昇。ともに2カ月連続で改善した。
 ただ、昨年10、11月調査で大きく落ち込んだ反動増とみられ、現状、先行きとも昨年夏ごろの指数を依然として下回っていることから、内閣府は基調判断を「引き続き弱い動きがみられる」と前月から据え置いた。 

【関連ニュース】
1月景況感、3カ月ぶり改善=回復は外需・製造業中心
円、90円台後半に下落=米国企業の景況感が改善
街角景気、3カ月ぶり改善=基調判断、半年ぶり上方修正
12月景況感、2カ月連続悪化=全業種で後退
成長戦略の具体策を=早期自律回復には懐疑的

愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入(産経新聞)
違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着-広島県警(時事通信)
<深谷市長選>小島進氏が現職破り初当選(毎日新聞)
三大桜「滝桜」、観桜料300円頂きます(読売新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
AD