鳩山由紀夫首相は10日、東京・西新宿にある廃校になった校舎を文化活動用に転用した施設を視察した。公共サービスを官民一体で担う「新しい公共」のピーアールの一環。首相は体育館で舞台稽古中の女優の松たか子さんと歓談し、主婦や学生らが演じる殺陣を見学した。
 殺陣師から竹光(たけみつ)を贈られた首相は「わたしは毎日切られています」と言いながら、一振り。帰り際に記者団から「1番切りたいもの」を問われると、「政官業のしがらみを切り捨てていかなくてはいけない」と、政官業の癒着を一刀両断することを約束した。 

「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
<火災>高齢者住宅、入居者同士助け合って避難 1人病院搬送 福岡(毎日新聞)
福島氏、岡田氏に反論「自覚を持ってグアム・テニアンを提案」(産経新聞)
石原氏「民主党はみんな腰抜け」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換(医療介護CBニュース)
AD