【起業を目指す常葉学園短大2年、松本結花さん】 「世界中でアニメやコミックの市場は未知数です。今や“萌(も)え”は市場を確立しています」。2月に開かれた創業支援施設「SOHOしずおか」(静岡市葵区)主宰のビジネスプランコンテスト。居並ぶ経済産業省の職員や女性起業家ら審査員を前にメード服姿で堂々と“事業計画”を説明する姿は若手実業家を思わせた。

 「就職難の学生が特技を生かして働く場所をつくりたい」と、友人2人と大好きなアニメを使ったビアガーデンの販売促進策を提案。市場分析を基にしたグッズや宣伝策の提案に「熱意が伝わった。特徴的で実現可能だ」と評価され、学生部門で優秀賞に輝いた。

 この経験を生かし、今月9日に同市清水区のエスパルスドリームプラザでドール服や携帯電話ケースを販売する「アリス トライアングル プロダクション」を5月末までの期間限定で出店した。夢は空間プロデュース会社の設立だ。「テーマパークのような誰もが楽しめる空間を作り出したい」と語り、県内外から訪れるドールファンの接客や商品の説明に精を出す。

 特徴でもあるメード姿にファンから記念撮影を頼まれることも珍しくない。だが、あどけない表情でカメラに収まる表情はまだ短大生。「商業ベースでものを考えるのは難しい。今は家族が支えてくれているけれど…」と不安をのぞかせる。「でも、ここで勉強になることはいくらでもある。頑張っていけば変われるはず。早く独り立ちしたい」とはにかんだ。

(玉嵜栄次、写真も)

     ◇

 まつもと・ゆか 平成3年3月、三島市生まれ。19歳。ドール服の製造販売業を営む両親と3人暮らし。詩や小説の創作が趣味。

【関連記事】
ビジネスに“萌えーる”女子大生 静岡
“女装イケメン”竹内力、東亜学園けん引
水戸でコミケ開催 コスプレや“萌え商品”でにぎわう
萌え?燃え?メイドが出勤時に激励「いってらっしゃいませ!」
メイドが服を選んでくれるジーンズメイト 秋葉原に登場

<北沢防衛相>ヘリ接近中国に再抗議(毎日新聞)
<泉南市長選>向井氏が5選 大阪(毎日新聞)
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)
世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で(産経新聞)
尼崎で554人分の子供手当申請 「横浜、東大阪市でも」というデマ広がる(J-CASTニュース)
AD