米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、一部部隊などの移設候補地となっている鹿児島県・徳之島の3町長(徳之島、伊仙、天城)と鳩山由紀夫首相の会談は7日に実施される方向で双方が調整に入った。2日、大久保明・伊仙町長が明らかにした。

 大久保町長によると、3町長は首相側と県を通じて日程・場所を調整しているが、県担当者から「東京で7日を軸に調整している」と連絡があったという。伊藤祐一郎知事と地元選出の徳田毅衆院議員(自民)も立ち会う予定。

 また、大久保町長は会談の原則公開を求めているが、首相側は難色を示しているという。

 3町長はこれまで政府側との面会を拒否していたが、鳩山首相が在沖米海兵隊のうち航空部隊最大1000人の徳之島移転などに言及。4日には沖縄県の仲井真弘多知事との会談で政府案を正式発表する可能性が高いことなどを考慮して方針を転換。「会って早く反対を伝える方が得策」と判断した。【村尾哲】

【関連ニュース】
普天間移設:首相「大変ありがたい」 徳之島3町長面会へ
普天間移設:徳之島3町長、首相と面会へ…反対民意伝える
普天間移設:政府案を知事らに説明 首相4日に沖縄訪問
普天間移設:北沢防衛相が首相に省の独自案提出
普天間移設:徳之島案、徳田氏「無理」 首相が具体案説明

<JAL>空も地上も男性スタッフだけ 「こいのぼり」フライト(毎日新聞)
「人間金丸信の生涯」激動の昭和史綴る 中曽根元首相、野中元自民党幹事長ら寄稿(産経新聞)
長妻厚労相、子ども手当「基本的に満額で努力」(産経新聞)
<自然観察会>愛知・長久手のモリコロパークで開催(毎日新聞)
首相、熊本でイ草農家など視察 「い草と畳で友愛」(産経新聞)
AD