全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、3月8-14日の週は0.51で、前週に引き続き、流行の指標となる「1.0」を下回ったことが19日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週より0.26ポイント減り、7週連続の減少となった。定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、定点医療機関からの患者報告が少なすぎて集計できなかったという。

【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、40都道府県で前週よりも減少。「1.0」を上回ったのは、富山(1.79)、佐賀(1.77)、新潟(1.73)、山形(1.52)、岩手(1.42)、沖縄(1.00)の6県だけだった=表=。
 警報レベルを超えた保健所地域、注意報レベルのみを超えた保健所地域はいずれもなかった。

 検出されるインフルエンザウイルスは、A香港型やB型も散発的に報告されているが、依然としてほとんどが新型という。


【関連記事】
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で
インフルでの入院、8週連続で減少
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針

【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
三笠宮さまが入院(時事通信)
戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
たまゆら 「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
AD