さっむ~っ!!

今日は雪。

西脇市でも、今年初めてうっすらと雪が積もりました。

寒いということは・・・。

馬乗りだったら誰でもピンときますね(笑)

そうです、張り張りなんです!

馬が肉食動物化しているんですね。

乗り始めに少し運動させます。

ロンジングでも良かったのですが、今日は丸馬場(別名放牧場)に出して、長鞭で追います。

はじめはしっかりと馬の目をにらみつけて馬に正対し、『俺の側に寄るな!』オーラを出しながら追います。

当然のことながら、馬は丸馬場の周りを走り始めます。

走り始めはリードが逆になったり、頭を振り上げてみたりします。

これらは明らかに反抗&「人間から逃げたい」という本能丸出しですね。

それでもかまわずに追い続けます。

しばらくすると、馬の内側の耳がわたしの方に向き始めます。

そのまま追い続けます。

そのうち馬の首が下がり始め、口が地面につくほどになります。

こうなったら、追うのをやめて視線を馬の目から外し、体を馬と45度ぐらいにします。

馬の走る速度が一気に落ちます。

そこで馬に背中を向けます。

すると馬は止まり、わたしの方に向かってきます。

あとはわたしの行くところについてくるようになります。

これは「馬と話す男」モンティ・ロバーツ氏が行っている方法だそうです。

もちろん完全ではないでしょうが、同じようにやってみると、確かに馬の反応が変わるのがわかります。

ここまでで丸馬場から出し、馬装して角馬場に出します。

最近左のハミの反応が悪いので、そこから始めます。

最初はゼロの状態を確認するため、ハミが口角に当たるところで止めて舌呼します。

すっと譲ってきました。

これはOKということで、ウォークに移ります。

馬場を大きく使ってしっかりと歩かせます。

その中でハミを受けさせていきます。

小指に柔軟な引きを感じながら歩かせます。

大きく左に曲がるため、軽く右のハミを引きます。

ん?

いつもと反応が違います。

いつもならば右のハミには素直に反応してくるのですが、今日は少し堅いようです。

何度か同じことを繰り返しますが、あまり変わりません。

そこで右のハミを大きく引き、馬の口を人の右足近くにまで引き寄せます。

やはり反応が堅い。

数回軽くジャークします。

まだ来ません。

少し強めにジャークします。

まだ堅い。

強めに2度ジャークします。

ここで来ました。

再度フリーに戻して、軽い力で引き寄せます。

来ません。

軽くジャーク。

来ました。

再度フリーに戻して、軽い力で引き寄せます。

今度は来ました。

ここで褒めます。

左でも同じことをやります。

今日は左右とも同じ程度の反応でした。

馬も生き物ですから、日によって調子の善し悪しがあるのでしょう。

しっかりとハミを受けているのを感じながら、二蹄跡運動をさせます。

後肢を譲らせた瞬間にハミを外すので、口元をとがめます。

外方レインを張ったままで、内側を軽くジャーク。

これはすぐに直ります。

Fineはきつくなると肩でこっそり逃げたりしますが、これは許しません。

逃げた瞬間にとがめます。

これを速歩でもやります。

ハミを軽くあてた状態でこなせるようになったら、駆歩に移ります。

最近左リードの駆歩が良くないので、これを直します。

まずは何もせずに左リードで走らせます。

ハミもあてずに長蹄跡を走らせます。

何も制御しない状態で、とにかくしっかりと後肢を使って走ることだけを意識させます。

はじめはバラバラだった駆歩も、次第にまとまり始めます。

ここで軽くハミをあてます。

ハミで前を制御しながら追うことで、後肢の踏み込みを深くさせます。

全身を使って走るようになったところで、内方姿勢をとらせます。

はじめはハミを強めに使いながら、外方は張り、内方は開くようにします。

その間外方脚をあてて壁を作ります。

壁がある間はきちんと走るのですが、壁がなくなるととたんにフレームが崩れます。

何度やっても直らず、埒があかないので常歩に戻します。

脚とハミとで「そこにしか行けない状態」をつくって、内方姿勢をとらせます。

しばらく歩かせた後、いったんフリーに戻して、今度はハミだけは強めに使いますが脚は軽くあてるようにして後肢の譲りをみます。

はじめは譲ってこないので、軽くスパでこづきます。

これを繰り返すうちに、右足を下げただけで譲るようになってきます。

ここで褒めます。

次にハミも軽く使うようにしていきます。

軽く外方を張って右足を下げると、はじめは鼻面を右に向けてきます。

これを左レインでとがめます。

これも何度か繰り返すうちに軽く外方を張って右足を下げるだけで内方姿勢をとるようになります。

ここで褒めます。

再び駆歩に移ります。

ここで今日一番の失敗をしてしまいました。

左リードのデパーチャーから駆歩に移り、サークルを描きます

軽く外方を張っているだけで、内方姿勢をとりながらサークルを描き始めました。

「やったっ!」

3周ほど回ったところで欲が出ました。

少し歩度をのばそうとして脚を使ったところ、崩れてしまったのです。

内方のハミでとがめても戻りませんでした。

ここまでですでに1時間を超えていましたので、これ以上は無理だと考えました。

仕方がないので、再び常歩に戻して内方姿勢のトレーニングをやり、今日のトレーニングは終了。

あとでKコーチに聞いてわかったのですが、内方姿勢をとってサークルを描けたところで褒めてやれば良かったんですね。

うーん、やはりリリースのタイミングが難しい!!

しかし考え方は正しいことがわかりました。

来週はリリースのタイミングを逃さないように注意しましょう。

あ、そうそう。

去年の10月30日に開催された大会でも、Championでした(笑)

あー、よかった。

馬には本当にいろんなことを教えてもらっています。

馬とのコミュニケーションや馬のトレーニングは、そのまま人にも当てはまることがわかってきました。

馬のことはまだまだわからないことだらけですが、少しずつまとめられたらおもしろいなと感じています。

AD

PRBC Circuit 2009 Final Scene

テーマ:

今年も大会の時期がやってきました。

昨年度は初参戦で初優勝を飾ったウエスタン安藤でしたが、今年はクラスが一つ上がってのチャレンジとなりました。

大会前の調整では、昨年度と違ってF師匠もKコーチもなにも言ってくれませんでした。

もちろんそれまでにはいろいろと教えてくれていましたので、最後の調整は自分でやってみろということだったと思います。

ひとり黙々と調整を重ねていましたが、まだまだ素人です。なにをどうすればいいのか、皆目見当もつきません。

その上、馬は出来るけど人間がうまくこなせない部分もたくさん残っています。

その不安を潰すため、連日トレーニングに励みました。

がっ!!!

トレーニングが過ぎて、馬の体調を崩してしまいました・・・(泣)

装蹄も3週間が過ぎており、かなり蹄が寝てきていましたので、腱への負担も大きかったんだと思います。

跛行とまでは行きませんが、かなり脚の疲れが目立っていました。

万全の状態で望むことが出来なかったPRBC Circuit 2009 Final Sceneでしたが、それでもなんとか

Champion!!

みごと連覇を果たすことが出来ました。

あー良かった・・・と思うまもなく、10月30日には次の大会が控えています。

このまま無事に終えられれば・・・と祈るばかりです。

まずはFine,お疲れさま!

思いっきりマッサージしてあげるね!!

AD

Fineトレーニング '09.8/21(晴)

テーマ:

今までは馬の動きや一つ一つのパフォーマンスにばかり気が行っていました。

講師の踏み込み・横への動きなど、細かな部分が感じ取れるようになるにつれ、そこばかりが目につくようになっていたのです。

もちろんこれも重要なことなのでしょうが、ここ最近ちょっと違ったところに目を向けるようになってきました。

馬 の 機 嫌

です。

つまり馬のメンタル面が気になりだしてきたのです。

今日のFineは何となく重くて、速歩も機敏に動きませんでした。

わたしははじめ、その理由がわからなかったのです。

いつもの機敏な速歩になるまで脚を入れてみたのですが、思ったように動きが良くなりません。

体がまだほぐれていないからかもしれないと考え、先に駆歩に移行します。

速歩が悪いのですから、もちろん駆歩もよくありません。

カクカクしてぎこちない動きの中、体をほぐす目的で駆歩を続けます。

しばらくすると、動きが柔軟になってきます。

そのままサークルやチェンジリードをしてみます。

そこそここなすものの、やはり動きが悪い。

そこで速歩に戻ってパーツごとの動きを確認してみます。

苦手な動きをさせようとすると、常歩に落ちてしまいます。

脚で指示を出し、速歩に戻します。

全体を通して、やはり動きがよくありません。

仕方がないので、脳トレに切り替えます。

基本的に各マニューバはこなせるはずなので、わたしの指示に素直に答えられる頭を作るようにします。

とはいえ、これが難しい!

どうすれば素直に聞けるようになるのか・・・。

力だけではダメなことはよくわかっています。

っていうか、馬が外れた瞬間に咎めて、戻ったときにタイミングを逃さずほめるのが良いんだろうということはわかっているつもりです。

これが難しいんですね。

特にタイミングを逃さずほめるのが難しい。

このタイミングが感じ取れないんです、まだ。

これは乗り込んでいくしかないんでしょうね。

当面は馬にも負担をかけることになりそうです。

AD

Fineトレーニング '09.7/27(曇)

テーマ:

昨日は一日セミナーでした。

朝10時から夜7時まで実に8時間しゃべりっぱなしでしたが、これだけしゃべってもいっこうに喉が平気なのは、ありがたいことですねww

ということで今週は1日だけの騎乗でした。

夏に近づくにつれて蹄の伸びが速くなってきます。

2週間前に装蹄してもらったばかりなのに、もう伸びてきてしまいました。

馬は蹄が伸びると肢に悪影響を及ぼすんです。

次の装蹄までまだ2~3週間あるため、少し不安です。

最近、一つ発見したことがあります。

乗馬って会計に似ているんです。

何が似てるかって、上達する過程が似てるんです。

会計(簿記)っていうものは、勉強しても勉強してもいっこうに上達したという感じが掴めないんですね。

文字通り砂をかむような努力を続けていると、ある日突然『あ、そうか!』という感じで一気に理解が進むときが来ます。

乗馬も同じなんですね。最近、これを体験しました。

乗馬の場合は、上達したかどうかは馬が答えを出してくれます。

逆に言えば、いくらわかったふりをしていても馬を見れば上達度合いが丸わかりなんです。

ある意味怖いスポーツですよね。

馬に乗り続けていると、全身がセンサーになっていくのがわかります。

はじめは何も感じなかった手の小指が、ハミが馬の口角にあたる感覚をつかみ取れるようになってきます。

大きな鞍の上にただ座っていただけだったのが、その分厚い鞍を通して馬の後肢の踏み込みを感知できるようになってきます。

それまではただ前に進めていただけだったのが、馬が1歩目にだす蹄の位置をキャッチできるようになります。

さらには、一鞍中ずっとウォークだけでトレーニングすることを選択するようになったりします。

このようなことは、少し前まではまったくわかりませんでした。

というか、わかったつもりでいたんですね。

実はわかっていなかったことがわかったという感じです。

おそらくまたいつか、これと同じことを感じる瞬間が来るんでしょう。

『あ、あのときはわかっていなかったんだな』と思える日が来るんでしょうね。

その時、また一歩前進できることでしょう。

最近、馬のトレーニングの楽しさが少しわかってきた気がします。

Fineトレーニング 09.7/18~19

テーマ:

またここしばらく更新が滞っていました。

ずっと立命館大学で会計"楽"と税務会計論の講師をしていたのですが、まぁその準備が大変だったことと言ったら・・・。

それも今週で終わりましたから、これからは少しは更新できるかな?

今週のFineは、頭がくるくるパーになっていました(笑)

自分が苦手な動きや動かすのがイヤな部分を動かすように指示をすると、とたんにわがままが出ます。

ハミを突き破ったり、肩で逃げたり・・・。

その都度咎めますから、最後には仕方なく動くようにはなるのですが、これは体が動きにくいという問題よりもどちらかといえば頭の問題だと考えています。

つまりライダーの指示に従おうという意志が薄れてきていると思うのです。

天気も良く、気温もそれほど高くなく、体も疲れていないようであれば比較的素直にライダーの指示を聞いてきます。

きちんとハミを受けて後肢を踏み込んでくるまでに要する時間も、比較的短時間ですみます。

しかし気温が高くなったり、前日にトレーニングをして疲れていたりすると、ライダーに集中するよりも我が出てしまうんですね。

こうなるとハミを受けるのも嫌がる始末。

最後は叱られて受けることになるんですけどね。

最近『乗馬は馬の頭に乗る』が身に染みてわかってきた気がします。

そうそう。

乗馬って、ある段階に来ると突然『あ、そうか!』って感じでひらめく瞬間があります。

『そうか、そういうことだったんだ。わかったわかった。』

こんなこと良くありますが、あとになって考えると、まだまだ甘かったなんてことも良くあります。

この繰り返しで上手になっていくんでしょうね!

当面の課題:やわらかい馬・パーツごとに動かす

ここ数週間、週末といえば雨模様の日が多く、たまに晴れたかと思えばセミナーで講演しなきゃならなかったりという日が続いていました。

この週末は青空が戻ってきましたので久しぶりにFineトレーニングです。

ある程度出来たと思っていても、自分が上達するとまたそこが気になり出すのが乗馬なんでしょう。

駆歩やバック・さらには常歩や速歩までもが気になり出します。

最近は常歩が気になって仕方がありません。

もっと良い常歩をさせられないものか?

この<良い常歩>という部分が、自分の中で変化していくのでしょう。

ただ歩いていればいいと思っていたときからすれば、今は馬の足運びやハミから伝わってくる感覚、歩いているときの馬の精神状態までもが気になっています。

今日は跨ったときに<反応が鈍い>と感じたので、そこをトレーニングしていきます。

まずはハミ受けから。

ハミを軽く当ててみたところ、無反応でした。

そこでそのままバンピングをしてみます。

はじめは軽く、反応がなければ少しずつ強めていきます。

それでも反応しなければ、軽くスパを当てていきます。

ここで反応が返ってきました。

仕切り直して、もう一度。

やはり同じ反応です。

止まったままやってもケンカになるだけだと感じたので、歩かせながらハミ受けをやります。

まずはしっかりと歩かせるところからはじめます。

足先(指先?)だけを使って歩いているうちは、ライダーに伝わってくる反動は小さいものです。

そこでここでもやはり軽くバンピングするところからはじめて、自分が思い描いている常歩の感覚がシートやふくらはぎから伝わってくるまで少しずつ強めていきます。

しっかりと歩かせることが出来たら、軽くハミを当ててバンピングしてみます。

はじめはハミに抵抗を感じます。

手を一定の位置に保ったままこれを続けると、馬がハミのあたらない場所を自ら探し始めます。

このとき、いろんな場所に逃げますが、ライダーが考えている場所に逃げるまでプレッシャーはかけ続けます。

ライダーが考えている場所に逃げた瞬間にリリース。

これを繰り返します。

しばらくするとハミを当てたらスッとあごを譲るようになってきました。

が、すぐにまたもとの場所に戻ってしまいます。

なにが悪いのか考えてみました。

以前F師匠が『リリースのタイミング』の話をしていたのを思い出し、再チャレンジ。

今度はあごを譲った瞬間ではなくて、その状態でハミに抵抗がなくなるまでプレッシャーをかけ続けました。

すると今度は心なしか馬がまとまってきた感じがしました。

後肢を踏み込んできたときにハミからの抵抗がスッとなくなる感じがしたので、そこでリリース。

これと同時に、シートでの指示もやります。

軽くシートを前に出すことに呼応して前に出てほしいと思ったので、そのようになるまでトレーニングを繰り返します。

前進・ストップ・バック・・・これをハミ受けと平行してやります。

しばらくするとシートとハミのの反応が良くなってきたと感じたので、速歩に移行します。

ここでも同じことを求めます。

速歩に関してはライダー自身が納得できる乗り方が出来ていないので、まだ馬の邪魔をしていると感じています。

そこで少し馬につきあってもらって、ライダーのトレーニングをします。

次に駆歩。

常歩できちんとハミを受けるようになっていると、駆歩も良くなります。

ゆったりとした歩調で良い駆歩をさせることが出来ました。

全体としてはいいトレーニングだったと思います。。

そろそろレイニングの各マニューバのトレーニングも再開していこうと考えています。

Fineトレーニング '09.1/18(雨)

テーマ:

16日~今日の午前中まで出張でした。

今日の正午に大阪に帰ってきて、すぐにトレーニングに出かけました。

が、あいにくの雨。

小降りになった瞬間を見計らって、少しだけ乗りました。

今日は久しぶりにハミをコレクションビットに変えてみました。

スナッフルとは違い、てこの原理で使うビットです。

軽く当てたところ、スッとあごを譲ってきました。

いい感じです。

しばらくはウォークでハミ受けをやりました。

前進・ストップ・バックを繰り返していると、バックの時にカクッとあごを譲ってくるようになります。

こうなると後肢の踏ん張りがきくようになるみたいで、駆歩発進やストップが良くなってきます。

同じことを速歩で確認します。

ハミを当てるとあごを譲ってくるところまでは同じなのですが、なぜかその状態をキープできません。

これが当面の課題となりそうです。

この三連休は寒かったです。

この冬最も寒い日だったと思います。

こうなると馬も張りますので、なかなか素直にいうことを聞かなくなりますね。

ここひと月ほど、ずっとハミ受けをやってきました。

そのおかげでかなり良くなったと感じています。

それでも、馬にとって動きやすいとこならば比較的素直にハミを受けてくるのですが、まだ馬にとってきついところで持つと反抗が出ます。

これは少しずつ改善していくしかなさそうです。

一気に仕上げようとすると、きっと反抗の嵐となりますから。

そう言えば、最近馬とのケンカの仕方もうまくなってきたと思います。

少し前まではまともに戦っていましたが、最近はうまく流せるようになってきました。

その結果、最近は馬がナーバスになることが無くなったと思います。

ナーバスになると、それまでのトレーニングが全て無となりますし、それ以降のトレーニングもやりにくくなりますから。

速歩のシートが安定してきたおかげで、ハミの位置も一定に保てるようになってきました。

明日は連休最終日、昨日より良い状態にして終わりたいと考えています。

Fineトレーニング '09.1/4(晴)

テーマ:

今日は、以前三田ハートランドランチというところで乗っていた馬に会いに行きました。

そこで偶然その馬に乗ることになったのですが、これがびっくり大発見だったんです。

昨日までずっとハミ受けで悩んでいたことは書いてきましたが、同時に速歩で反撞を抜くタイミングが今ひとつつかめていなかったんです。

そのために速歩の時にはハミを一定の場所にキープすることが困難で、これもハミ受けが前に進まない一つの原因だったんだと感じていました。

今日その馬に20分くらい乗せてもらったのですが、ここで速歩のタイミングが腑に落ちたんです。

それ以外にも、この馬はハミ受けが元々良かった馬だったので、ハミ受けの感覚も同時に掴むことが出来ました。

この馬には乗り始めから2年ほどお世話になったのですが、当時はそんなことこれっぽっちも感じ取れなかったんだということを、今更ながら痛感しました。

さて、帰っていよいよFineトレーニングです。

まずはウォーミングアップからはじめます。

ウォーミングアップ後、ハミを当てているべき場所に馬の鼻面を導いていきます。

今日で連続8日間ハミ受けばかりやってきましたので、ライダーの方の感覚も少しずつ良くなってきたのでしょう、Fineの口から伝わってくる反応が良くなってきているのがわかりました。

しばらくウォークでハミ受けを続けてから速歩に移ります。

ここで目から鱗が落ちました。

『あ。このタイミングっ!』という感じがあったんです。

終了後ビデオで見てみましたが、昨日までの騎乗とは打って変わって良いタイミングで乗れていました。

こうなると不思議なもので、馬への指示がスッと伝わるようになったのです。

昨日までの馬との格闘はどこへいったのでしょう、軽いタッチで動くようになりました。

ハミ受けの感覚もより良い感じになりました。

こうして連続8日間も馬に乗り続けたのは生まれて初めてです。

やはり毎日乗ると感覚も研ぎ澄まされますね、日を追うごとに良い感じになってきました。

次は1週間後、同じ感覚で乗ることが出来るかどうかが課題です。

今日も引き続きハミ受けです。

今日はビットを変えてみました。

昨日まではコレクションを使っていましたが、いまいち反応が良くないので、今日はスナッフルを使ってみました。

Dリングのスナッフルですので、基本的に左右に引いて使います。

これで馬の鼻面を、あるべき位置に導いてやるようにしました。

思いの外反応が良かったので、そのままハミ受けを続けます。

すぐに受けには来るのですが、やはりそのままの位置を維持することが出来ません。

しかし昨日よりは良かったため、一度に全部を求めることはせずに良しとします。

同時にシートの確認もやります。

止まった状態でハミを受けさせて、そのままシートを少し前に出します。

あるいは止まった状態でハミを受けさせて、そのままシートを少し後ろに倒します。

この状態で、スッと動き始めると○。

最近少しシートが鈍くなってきていましたので、早いうちに修正していきます。

今日はこれを常歩と速歩でやりました。

明日は正月休み最終日。

今日よりも良くなるようにしましょう。