広島市中区の平和記念公園で21日午前、慰霊碑の石室に納められている原爆死没者名簿の保存状態を保つための「風通し」が行われた。
 原爆投下時刻の午前8時15分に合わせ、市職員らが黙とうした後、慰霊碑に1冊ずつ並べ、一枚一枚めくって保存状態を保つ。
 名簿は計96冊。広島で被爆し、昨年8月5日までに亡くなった26万3945人の名前、死没年月日、当時の年齢が書かれている。身元不明の死没者を慰霊する白紙の1冊や、長崎で被爆し広島に移り住んだ被爆者4人分の名簿もある。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
被爆の実相、証言で訴え=原爆展が開幕-NY国連本部
核廃絶訴え行進=700万署名を国連本部に
核廃絶、連日の訴え=被爆者高齢化で募る焦燥-NY
期限示し具体化を=被団協代表団長、合意に期待-NPT会議

国会で鳩山首相に「ルーピー」のヤジ 女性の大声、与党は「失礼だ」(産経新聞)
<防衛省>試験さらに出題ミス(毎日新聞)
初動対応の遅れ、農水相に責任=口蹄疫拡大―社民幹事長(時事通信)
シュワブ沿岸部案、沖縄知事は「とてもだめ」(読売新聞)
ボンバル機が引き返し=自動操縦装置作動せず―大阪(時事通信)
AD