鳩山由紀夫首相は5日午前、首相官邸で民主党最大の支持団体である日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長と「政府・連合トップ会談」を行い、「参院選もあり、いろんな意味での指導をいただきたい」と述べ、今夏の参院選への協力を要請した。

 これに対し、古賀氏は「鳩山政権の取り組みを精いっぱい支え、支援することを誓う」と応じた。また、参院選に向け策定中の民主党のマニフェスト(政権公約)について「政権を担当して知った課題もたくさんあると思う。大胆に見直すところは見直すべきだ」とアドバイスした。

 鳩山首相は会談に先立ち、「サラリーマンの声を代表している連合の考えを伺いたい」と記者団に述べ、政策に連合側の要望を反映させる考えを示した。

 トップ会談は、自民党政権下での「政労会見」を衣替えしたもので、昨年12月に続いて2回目。連合の要望を聞く場にすぎなかった政労会見は短時間で終わっていたが、鳩山政権は民主党最大の支援団体である連合との連携を重視し、約1時間の協議時間を設けている。

【関連記事】
連合静岡会長が小沢氏に辞任求める 「支持率下げの最大の要因」
連合会長、今年も小沢氏と地方行脚 参院選に向け4月スタート
古賀連合会長、北教組違法献金事件で真相究明を要求
民主支持の強要問題 志位氏が北教組事件で連合批判
連合内で選挙協力に異論 小沢氏問題が影響
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<坂本龍馬像>迫力満点、展望台で大接近…高知(毎日新聞)
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(1)新型インフル「偏執病」(産経新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK(医療介護CBニュース)
<京浜東北線>工事男性が感電?…電車に遅れ、2万人に影響(毎日新聞)
AD