東日本大震災から7年。

テーマ:

今日で東日本大震災から7年目を迎えます。

年月の区切りはあっても、心には区切りはありません。

しっかりと心に刻み、これからも、「愛媛からできるちいさなこと」を、少しづつ、長く、続けていこうと思います。

 

わたしたちが交流を続けさせて頂いていた唐桑町の仮設住宅の皆様は、昨年、新しい場所での生活を始められました。

会長様を通じての交流や、鮪立児童館への支援は続けつつ、熊本県への応援、交流を深めていきたいと思っております。

詳細が決まりましたらお知らせさせて頂きます。

 

本日、わたしたちは、新たな門出を準備している方々のために歌ってきます。

ちょうど終わる頃に、14:46分を迎えると思います。

メンバー一同、黙祷を捧げたいと思います。

 

忘れられない一日、忘れてはならない一日。

しっかりと心に刻んで過ごしたいと思います。

いつもGOsponatiON!を応援頂きありがとうございます。
2017年1月1日をもって、姉妹グループONe natiON!はGOsponatiON!と統合いたします。
ゴスペル初心者にも気軽に楽しく歌ってもらう事を目的に設立したグループですが、たくさんの時間と経験を経て、もっとたくさんのチャレンジをして欲しいというわたしの願いと、もっと様々な場所で歌いたいというONe natiON!メンバーの想いが合致し、統合という結論に至りました。
ONe natiON!を卒業し、これからはGOsponatiON!としてたくさんの方々に歌をお届け出来るよう、全員一丸となって頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

取り急ぎ皆様へ、今までの応援への感謝とお知らせまで。

GOsponatiON! ディレクター YUCA

{37406FD7-7954-4612-8488-79E8FB06761D}


無事終了致しました!
風が強く寒い中、ずっと聴いて下さったお客様、
ご準備下さったイオンモール今治新都市の関係者様、
お声掛け頂き色々とお手配下さった代理店、音響会社の皆様、
当日細やかに対応して下さったPAスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

そして忙しい中、練習をこなし本番に参加してくれたメンバー、
参加は叶わなかったけれど色々と準備協力してくれたメンバー、
本当にお疲れ様、ありがとう。

今年の歌いおさめを、素晴らしい場所でさせて頂き、
本当に感謝しています。
これからもより良いステージが出来るよう、
メンバー一同、さらに精進致します。

本当にありがとうございました!

{C9AEA2A6-0558-4E50-AC98-6DF9AB9E3325}

{9771A9EE-826C-4E31-82B0-DB435A049A75}

{B4939A93-6133-4144-86C8-A54CA331BF9D}

{88524C32-6556-401A-9849-36EC3C8A55F6}

今週末はいよいよクリスマスですね!
今年は話題のスポット、イオンモール今治新都市で歌わせて頂きます!
どうぞよろしくお願い致します!

【日時】2016/12/23 (金) 
(1)14:00~
(2)18:00~ 
【会場】1F しまなみオープンパーク屋外ステージ

http://imabarishintoshi-aeonmall.com/news/event/227

{993F3719-CD64-422F-92CE-0A04CCE70621}


九州の1度目の地震から一ヶ月が経ちました。
東日本大震災、そして今回の震災の為に出来ることを考え、しっかりと行動していこうという気持ちを確認した一ヶ月でもありました。
今回、代表の個人開催ということもあり、こちらでのお知らせをしていなかったのですが、皆様のご協力を頂きながら、5月に3回のチャリティーワークショップを開催することが出来ました。
共同で講師を務めてくださった本村洋子さん、Hideko Takagiさん、本当にありがとうございました。
今回集まった支援金は、YPEとして新居浜災害救援ボランティアネットワークさんと相談させて頂いた結果、一旦プールして頂き、被害が甚大だった熊本県益城郡御船町の仮設住宅に入居される方々の、生活必需品購入の為の初期費用として寄贈することになりました。

以下、皆様からお寄せいただいた支援金の内訳です。

ボイトレワークショップ@松山 25,000円
ボイトレワークショップ@新居浜 16,500円
ホームヨーガ同好会様 33,000円
合計 74,500円 (募金含む)

支援金をお渡しした時に、現地の様子をお伺いしたり、今後の展開についてお話しさせて頂きました。
わたしたちが「当たり前」だと思って享受していること…お水が無い、トイレが使えない、そして、栄養のあるものが食べられない。
プライベートも無く、安心して眠れず…
被災した方々の心情を全ては分かってあげられなくても、「もしも自分だったら?自分の家族だったら?」と想像することは誰にでもできます。
想像して初めて、「当たり前」を享受しているわたしたちが、何かお裾分けできないか考えることが出来ます。
今回は、各先生方が生業としていることを提供してくださり、ご参加頂いた方には時間とお気持ちを頂きました。
本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。
これからも、形を変えながら、愛媛から出来るお裾分けを届けていきたいです。
ご協力頂いた皆さん、応援頂いた皆さん、本当にありがとうございました!

{3312AFC6-B1FA-4E4A-B881-8E436EC5920C}

{9A4E8250-4085-476F-8925-71198B1FE755}

{ABDED5DD-395F-4DAE-B100-614DFD9DA76E}