千葉景子法相は12日午前の記者会見で、選択的夫婦別姓を導入するための民法改正案について「さらに私も努力を重ねていきたい」と述べ、今国会提出を図る考えを改めて示した。法務省が目指してきた12日の閣議決定は見送られたが、「ねばり強くやらなければならない問題だ。(12日に)間に合えば超したことはないが、落胆することではない」と強調した。

 閣内で国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対していることに関しても「いろいろな角度から、あるいはみなさんの力も借りて、より一層の努力をしていく」と述べた。

【関連記事】
選択的夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」
夫婦別姓法案で千葉法相、党議拘束外しを示唆
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
20年後、日本はありますか?

タクシー運転手の頭殴った容疑、福岡県職員逮捕(読売新聞)
「北陸」「能登」ラストラン=半世紀の歴史に幕-「撮り鉄」3000人・JR上野駅(時事通信)
「政治とカネ」に危機感=成果自負も-政権半年で閣僚(時事通信)
坂本龍馬をやりたい…鳩山邦夫氏、新党結成意向(読売新聞)
ギリシャ支援準備で合意=中身は示さず-ユーロ圏財務相
AD