広告とかデザインとか

デザインや広告のこと、趣味などを徒然と。


テーマ:

土曜デザインもスタートしてから意外?にも継続し、次回は8回目を迎えます。とりわけ年内プロジェクトとして続けたいと考えています。毎回テーマを考えているのですが、どれもささいな疑問の解決や、実験的な要素で自分自身も勉強しながら楽しんで開催できています。

 

この土曜日の自由さと、実際の平日の仕事を行き来して感じるのは、もっと仕事にも自由度が必要だなあということ。学生時代は学ぶことが楽しくてインプットだけに注力していたのですが、社会人になるとひたすらアウトプットばかりになります。しかも会社という組織では決めごとが多すぎて闊達なコミュニケーションすらできないことが多いものです。

 

私にはアカデミックワークという理想があります。

 

学生のように学びながら実験しながら仕事を生み出し成立させること。どれだけ毎日を楽しく仕事に置き換えていけるかというチャレンジです。実際厳しい現実もありますが、あたりまえと思っている常識にとらわれずに取り組んでみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の土曜デザインは広告グラフィックという枠を超え建築をテーマとしました。間取りについて考える。家は3回建てて理想の家になる、といわれますが、そのような事は現実的ではありません。

 

建てた人が建てる人に反省点を伝言し、二の轍を踏まないようにしたいとの想いからそのような場がないかと模索していました。

 

今回は自分の家を設計していただいた由田徹さんにも参加いただき、様々な経験を踏まえ、参加者と情報交換をしました。収納を増やしておけば良かったとか、洗濯場を広くとれば良かったとか。。

 

間取りを決める=ライフスタイルを型にすることだと思います。

 

ただ家を建てるときは夫婦であれば異なる人生観や価値観があり、さらに祖父祖母が関わるとまた違う価値観が加わり、どろ沼の様相を呈してきます。間取りはまさに難解なパズルと化します。

 

最初は夢から入りますが、時間が経つにつれ様々な情報が入り込み、判断力が鈍りはイになってきます。更に家相や風水、更には神頼みになるほど。家づくりは一生のものだけに施主は必死に回答を探そうとするのです。

 

自分の経験を顧みると、連日連夜、間取りとにらめっこし、建築家と膝詰めで何回も図面の書き直しをしていただいたり、しまいに自分で描きました。我慢できなくなるのでしょうね。このようなことは例外なく皆さんが通る道ではないかと思います。

 

家に関しては半年〜長くて2年3年と施主様と語ることも多いと聞きます。この間に図面を数案〜数十案と描く設計士は、血のにじむ想いをしていることと察します。施主はプロの経験や意見を聞かなくなり、設計士も根負けしてイエスマンとなり言われるがままの設計に陥ることもあると思います。

 

これは両者にとって建設的とはいえません。

 

夢を実現することと、現実的な対応を図ることは一体となっていなければ楽しくはないし、よい結果に結びつきません。

 

みなさんの話を聞いていて自分の日常の仕事に照らし合わせました。

自分はデザインをする立場として、お客様の夢を全力で叶えたいと考えています。おそらく寝ても覚めても24時間考えているのだと思います。

 

しかし時間管理や生業としての費用バランスから、どこかを妥協しないと前に進まないことも現実的にあります。だからこそ作り手は自分の置かれた過酷な環境を依頼主に伝え、十分な時間と費用を交渉する勇気が必要なのだと思います。

 

逆に依頼主は時間や費用について曖昧にすることなく、的確に交渉の場を作る必要があるのだと思います。そのような透明感のある関係がよい仕事を作って行くのかと思います。

 

今回は皆さんの経験談を聞け、とても楽しい時間でした。また新しい方々と出会うこともでき、幅広い視点で学ぶことができました。しばし土曜デザインは続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今更ながらこんな言葉。

 

子どもの受験でようやく進路が決まりほっとしている最中。

 

親としては、将来の進路や就職、社会的な体裁といった様々なことを考えてしまいますが、最終的には自分が好きで情熱を傾けることができることを選ぶべきだと腑に落ちています。

 

一方で自分のこととして、社会に出てからでも、学ぶことや社会での役割を問いただしています。好奇心を持って情熱を傾けているか?

 

過去に、仕事で大学案内のデザインコンペを何回かさせていただいたのですが、戦略だのマーケティングだの言っていたことを思えば、今現実に親として大学案内を見る事のリアリティーには敵わないと感じます。

 

デザインを考えるにあたり、子どもの視点優先か、親の視点優先か、という愚問に悩まされていましたがスッキリと理解できました。デザインというよりは思想とカリキュラムがしっかりとビジュアル化されていることが重要です。

 

一方で大学のブランド戦略=経営戦略については、やはり10年先を見通した社会環境を見据えねばならないと感じました。リアルタイムに変化し、生き残り、更に前衛的な挑戦をしつづける必要があると。

 

将来のキャリアは、お金でもなく、社会的体裁でもなく、安定感でもなく、きっと仕事に対する興味や使命感、情熱しか残らないのかと思います。またそんな大人でいなければならないと思いました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
賛否両論ある中で、会社としてどう捉えるか社内ミーティングしてみました。

現状は金曜納品がありなかなか皆で帰ることは困難です。相手先会社もみな帰るというならば可能かもしれませんが、そこは地域の会社として難しいところ。

実状うちは、ここ数年残業はほぼしていません。有給も1時間単位で取得できるようにしました。休日も一部上場企業より多いと思います。

小企業だからこその意地みたいなものもあり、なんとか調整してきたつもりです。

デザイン業界は深夜残業あたりまえの風習があり力業の世界です。もちろん過酷な環境でストイックな取組も大切ですし、私も考える仕事は深夜や早朝しかできません。

一方で友人や家族と会話したり、遊びに行くことはもっと大切なことだと思います。アウトプットをするためにインプットしないと長期的には疲弊してしまいます。

国の考え方は間違ってはいないと思いますが、踊らされることなく、自分たちのスタンスを考えたいと思います。

プレミアムフライデーは一旦保留にして、違うゆとりの作り方を考えることになりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近いくつか食品パッケージのお話をいただきお客様とごりごりとお話しながらラベルなどを作成しています。

 

この分野の難しいのは、多種多様なアイテムが地域振興を兼ねて大量に開発されており、必然的に小ロット&高コストでのトライアルで進められることです。

 

よく大企業の食品開発と比較されるのですが、これは別分野と言ってもよいと思います。前者がマス販売と大量宣伝するのに対して、後者は口コミや地域地縁といった繋がりで販売するもの。だから販売手法も異なると思います。

 

このような小さなデザインや商品開発をすると、売り場とか開発に関わる人、更には買う人までがいっしょに商品に愛着を持って頂くことが前提となります。大企業と比較して、規模が小さいからダメという訳ではなく、むしろ個性的で強みのある商品ができる可能性も高いと思います。

 

そしてデザインについて様々な試案やアンケートをとりつつ感じるのは、「誰に売るのか?」「どこでどのように売るのか?」が最も重要なスタートラインだということ。

ただ素敵なデザインを作るというのではないということ。

 

デザインの打ち合せや試行錯誤の過程は、とても時間のかかる作業ですが、必要なこと。考えることから商売は始まっているといえます。50%はお客様の声に耳を傾け、50%は自分自身の経験を反映してゆく、そのようなスタンスで取り組みたいと思います。

 

 

ドレッシングのボトルデザイン

バイヤーさんやユーザーの意見を尊重 おシャレとシンプルさの狭間で調整

 

かぼちゃのパウダー

JAさんの売り場を想定して牧歌的なデザインにしてみました

 

こちらは岡元農場さんのとお米キャラ

女性ターゲットとのこと(他社で作成されましたが参考に)

 

木育用のキューブ

食品ではないですが、小さなお子様を持つ母親に。

建築事務所のユープラスさんと協業中

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。