広告とかデザインとか

デザインや広告のこと、趣味などを徒然と。


テーマ:
うちは下請けだからデザインや宣伝は必要ない、そんな話をされる社長さんが多く見られます。

あるいは、お客様の製品を掲載するわけにはいかない、など課題も多いようです。

でも、考えてみれば、下請けでない会社がどのくらいあるのでしょうか。B toC 以外は全て下請けなわけです。

下請けを脱皮するという訳でなく、磨きをかけることで、スーパーな下請け会社になり、更に業績を上げればよいのではないでしょうか。

そこで、しっかりしたデザインや印象的なキャッチフレーズ備え、認知や信用を確立できます。派手なデザインというのではなく、的を得た機能的なデザインです。

また、中小企業の社長さんが必ず言うのは、うちで作れるものはどこでもできることだから、掲載しても意味がないし。。という言葉。

はたして、そうなのでしょうか?

仮にそうだとしても、仕事をしているからには社会に必要とされているわけで、小さなプロ意識を持っているはずです。

例えば、細かな対応も頑張ってトライするとか、ミスなく努力しているとか。プライベートで研究開発をしているとか。

そのような普段見えないところが会社の文化になり存続している理由になっていると思います。

デザインは大企業だけのものではありません。むしろ中小企業がトライアルを重ねるべきテーマです。そして、見つめるべきは情報だけでなく文化です。















AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
4月は例年になくバタバタと忙しくブログも書く余裕がありませんでした。
気がつけば5月のゴールデンウイークに突入。ようやく一休みしています。

日曜は「創育プロジェクト」のワークショップを行っており、その準備なども大変ですが、協力してくださる講師の方と楽しく企画を行っています。

4月はフラワーワークショップを行いました。花を自由に生けたり、フラワーカーテンを共同で作りました。こちらは花の色彩や形状を構成して美しいオブジェを作るというもの。自分の力で美(造形)をつくるという達成感を脳裏に焼き付ける目的です。

そして昨日はお菓子の家づくりをラフォルジュルネ金沢(クラシック音楽の祭典)で、ヘンゼルとグレーテルの歌曲の後に行いました。こちらは物語の中でイマジネーションを育む目的で参加させていただきました。大変多くの方に参加いただきました。

講師やポランティアの方、主催者の方、みなさん精力的に関わってくださり心強く運営することができました。感謝です。自分では、こういったことを何故しているのか?そんな根源的な疑問を常に自問自答しています。

やはり今の子ども達の置かれた環境が、競争社会や情報過多社会で、「手応えのない生き方」をしているのではないかという問題意識があります。ネットいじめや、受験戦争など、「確か」に生きる感覚が欠落しているようです。

創育プロジェクトは、作ったものに一人ひとり評価をし、褒めてあげることを基本にしています。ひとりひとりが自分の成果に対して「にこっ」と笑ってもらえることを目的としています。

これからダンス、料理の企画を考えます。














AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末はバイクに乗って山あいに。何も考えない唯一の時間です。

4月は仕事も立て込んで大変そうな予感。最近は3D のアニメにも取り組んでおり、協力会社さんともゴリゴリと無理をお願いしながらやっています。

また、新しい取引も始まり、こちらもブランドづくりという点でクライアントの意識も高く真剣に取り組みたいと思っています。

気を引き締めていきます。

いま、長期的な取り組みでICD(Integrated communication design)という概念をビジネス化し提供したいと考えています。

効率的なコミュニケーションを実現する企業のためのデザインソリューションです。
昔のC I の概念をアレンジして、パーソナルな繋がりに視点を置いたものです。

こちらはまた進捗を報告します。







AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドローンを導入して2年が経とうとしています。その間様々な情報交流が生まれました。新しい技術には鮮度の高い話題が集まってきます。

会社案内やホームページのメインビジュアルにしたいとか、WEB ムービーで流したいなど。

当初はおもちゃ感覚で導入して、実験感覚で提案を重ねてきました。その中でお客様の要望が生まれてきて、新しい市場を切り開いていく。そんな地道な成長があります。

好奇心と遊び心、それがうちの会社の原動力なのかもしれません。



いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書店で立ち読み。
外車の雑誌を開いて、アストンマーチンのデザインを見て、なんと流麗なフォルムで美しいデザインだと思う。一方で国産車はなんと俗的で統一感の無いデザインだと感じる。

いや、昔は日本車も流麗なデザインだったように思う。ここ20~30年で日本車のデザインは個性が無くなったと思う。効率性と実用性は完成度が高いのだと思うが、何に乗りたい?と聞かれると特に欲しい車は見当たらない。

あこがれの車、、レクサス? カッコイイ、ステータスカー? なんか違う。
ハイブリットプリウス? なんか新しいデザインだけどみんな乗っているから。
ポリシーが見えないから共感できないのかもしれない。

昔のホンダとかは本田宗一郎の顔が見えていた。なにかモノに魂が見えないというか、神経が行き届いていないというか。

立ち返って自分のデザインの仕事を捉えてみると、多忙な中でやはりそのベクトルが揺らぐことがある。クライアントの意見は変わるし、担当によっても変わるし。しかし、総じて、そのようなポリシーを筋を通して形にしてあげねばならない。

高級なデザインやカジュアルなデザインという捉え方ではなく、企業やモノの価値を、純粋に正確にスマートに相手に伝える代弁者にならねばならない。

これは経営と同じ。しっかりとデザインでサポートすることでその企業は飛躍的に伸長するかもしれない。

この仕事は、デザイナーの顔が見えてはならない。発信者と受信者にとって、それは雑音や妨害にしかならない。自分が創らねばならないのは、まっすぐでしなやかなレールを創ることだと思う。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。