コンペティションI&IIにつきましてよく頂く質問をQ&Aにまとめました。

 

Q.募集要項はどこで入手できますか?

A.公式HPのURLからダウンロードをして下さい。

 

Q.本選の会場の様子を知りたいです。

A.図面は、公式ウェブサイトに掲載。また公演本番のダイジェストをYoutubeにて公開していますので、ご参照ください。

 

Q.自己PRはどのように行えばよいですか?

A.特に決まりはありません。30秒程度で自己紹介をしてください。

 

Q.応募作品がこれから公演のため、チラシや契約書がないのですが?

A.応募作品のチラシでなくても、過去作品の公演チラシや契約書のコピーを添付ください。

 

Q.本番で使用する舞台のサイズはどのくらいですか?

A.コンペⅠ⇒3Fホール間口8間(約15m)×奥行6間(約11m)。

コンペⅡ⇒2Fスペース間口約10.7m×奥行7m×高さ2.4m。※アクティングエリアに柱2本有。

 

Q.ひとりが複数の作品を応募することはできますか?

A.不可。ひとり1作品の応募です。コンペⅠもしくはⅡとの重複応募も不可。

Q.作品を発表したことがないけど応募できますか?

 

A.コンペⅠ ⇒ 不可。少なくとも1回は作品発表(公演実施)の経験があることが応募資格となります。

 コンペⅡ ⇒ 可能。

 

Q. 人数制限はありますか?ダンサーの他に演奏者などが出演します。

A.人数制限はありません。出演者欄にそれぞれの役割と人数を明記してください。(コンペⅡについて、過去最多人数は6名です。スペースを確認の上、ご検討ください。)

 

Q.「日本の法律で制限されている表現」とは、どういった表現のことですか?

A.代表例としては、全裸です。

 

Q.応募作品と本選で上演する作品は、違うのものでも大丈夫ですか?

A.不可。応募と本選上演作品は、必ず同じ作品。

 

Q.応募では映像作品が5分ですが、本選で発表する場合は15分くらいとなっても大丈夫ですか。

 

A.コンペI ⇒ 可能。※応募と本選での作品は、必ず同じものであること。上演時間が変わることで作品が変わったと判断される場合もあります。

コンペII ⇒ 不可。本番での上演時間は、10分以内のため。

 

Q.応募書類は、返却していただけますか?

A.原則不可。返却いたしません。

 


【募集期間】
2016年5月23日(月)~7月22日(金)必着
※持込の場合は、7月22日(金)18:00まで。

 


■主催・お問合せ
横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
TEL:045-211-1515
Twitter:@ydc_ex
http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/

AD

応募締切まで、あと9日となりました。

皆さまからのご応募お待ちしております!


コンペティション募集の締切は、7月22日(金)※必着
※持込の場合は、7月22日(金)18:00まで。
送付前には、必ず再確認お願いします!

 

【募集概要】

募集期間:2016年5月23日(金)~7月22日(金)

本選:
2017年2月9日(木)~10日(金) コンペティションII
2017年2月11日(土)~12日(日) コンペティションI

会場:横浜赤レンガ倉庫1号館

 

審査員:
【コンペティションI】
岡見さえ(舞踊評論家)
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)
多田淳之介(東京デスロック主宰・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
ティエリー・ベイル(在日フランス大使館文化担当官)
矢内原美邦(ニブロール主宰・振付家・演出家・戯曲作家・近畿大学准教授)

【コンペティションII】
伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団主宰・振付家・演出家・ダンサー)
ヴィヴィアン佐藤(美術家)
柴幸男(ままごと主宰・劇作家・演出家)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)

 

【主催・お問合せ】
横浜赤レンガ倉庫1号館 [公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
TEL:045-211-1515 MAIL:ydc@yaf.or.jp
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-1 横浜赤レンガ倉庫1号館

AD

【横浜ダンスコレクション2017 コンペティションI・II 募集中!】

1996年に「新進振付家の発掘・発信・育成」と「コンテンポラリーダンスの普及」を目的にスタートし、今回で22回目の開催を迎える「横浜ダンスコレクション」。 このフェスティバルの基軸であるコンペティションは、時代を共有して身体と表現に新たな視線を向けるアーティストによる「振付」の独自性に価値をおいています。

詳細については、公式ページにあります募集要項をご確認ください。
※動画:横浜ダンスコレクション2016 コンペティションⅠダイジェスト

 


【募集概要】
募集期間: 2016年5月23日(金)~7月22日(金) ※必着
本選日程: 2017年2月9日(木)~10日(金) コンペティションII 
2017年2月11日(土)~12日(日) コンペティションI 
会場: 横浜赤レンガ倉庫1号館
公式ウェブ: http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/

 


【審査員】
コンペティションI:
岡見さえ(舞踊評論家)
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)
多田淳之介(東京デスロック主宰・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
ティエリー・ベイル(在日フランス大使館文化担当官)
矢内原美邦(ニブロール主宰・振付家・演出家・戯曲作家・近畿大学准教授)

コンペティションII:
伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団主宰・振付家・演出家・ダンサー)
ヴィヴィアン佐藤(美術家)
柴幸男(ままごと主宰・劇作家・演出家)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)

 


【主催・お問合せ】
横浜赤レンガ倉庫1号館 [公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
TEL:045-211-1515 MAIL:ydc★yaf.or.jp(★を@に変更して送信してください。)
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-1 横浜赤レンガ倉庫1号館

 

 

AD
夏の潮風ただよう赤レンガ倉庫周辺。
季節の変わり目が楽しめる時期です。

横浜ダンスコレクション2017の基軸プログラムであるコンペティションも募集開始しております。
意欲ある振付家のみなさまのご応募お待ちしております。
詳しくは→http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/

2013年、このコンペティションにて、「若手振付家のための在日フランス大使館賞」、「MASDANZA賞」を受賞し、国内外で活躍する振付家、奥野美和の新作公演をご案内致します。


奥野美和 N///K 新作
REAL CONTROLLER〈リアル・コントローラー〉

BankART AIR OPEN STUDIO 2016 関連公演

散りばめられるルール 歪みまわる空気 偏る価値
アウトオブコンロトールのなかの必死のコントロール
自分の意思と他人の意思が出入りする身体


“管理” と“支配” が混在するなか
いま わたしたちの身体は何にコントロールされ
何をコントロールしているのか

現代における いくつかの身体の実態を並べたオムニバス



日時:
2016 年6 月3 日(金)20:30 開場/ 20:45 開演 6 月5 日(日)15:15 開場/ 15:30 開演
会場: 横浜 BankART Studio NYK 1F Kawamata Hall
料金: 1,500 円 http://www.miwaokuno.com/reserve/(予約フォーム)
振付・構成・演出: 奥野美和
音楽: 藤代洋平
出演: 黒須育海 シマダタダシ 鈴木清貴 長屋耕太 濱田陽平 松尾望 薬師寺綾
照明: 加藤泉
フライヤーデザイン: 大友哲郎
フライヤー写真: 奥野美和 阿部真理亜
制作: N///K
問い合わせ: nk.info.jp@gmail.com / 080-6596-7097
ウェブサイト:http://www.miwaokuno.com/real-controller/




さわやかな海風が吹く赤レンガ倉庫周辺。
心地よい天気が続いております。

横浜ダンスコレクションの基軸プログラムであるコンペティションも募集開始しております。
意欲ある振付家のみなさまのご応募お待ちしております。
詳しくは→http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/


そのコンペティションの受賞振付家、中村蓉、升水絵里香などが参加する「SHIBUYAルネッサンス」で、Baobabディレクションパートのパレードダンサーを募集しています!
ぜひご興味がある方は要チェック!(締切間近です!)



SHIBUYAルネッサンス
Baobabディレクションパート パレードダンサー募集


渋谷“文化村通り”で開催される野外フェスティバル。このフェスティバルに参加する、Baobabディレクション「新時代ダンスパレード」に出演するパレードダンサーを募集。


ーSHIBUYAルネッサンスとは?ー
「SHIBUYAルネッサンス」は、世界からの注目も高まるエンタテインメントシティ“渋谷”がさまざまな文化の継承を担い、古典芸能からサブカルチャーを含めた現代文化を、地域一体となって後生人とつなぐ、創造に挑戦していくためのイベント。
<SHIBUYAルネッサンス公式サイト>http://www.shibuya-renaissance.jp/

主催:SHIBUYA ルネッサンス実行委員会
渋谷道玄坂商店街振興組合/渋谷地下商店街振興組合/渋谷宮益商店街振興組合/東急本店前商店会/渋谷中央街/大向地区町会連合会/Bunkamura
後援:渋谷区/東京商工会議所渋谷支部/渋谷区観光協会


第3回目を迎える今回は、タップダンスと太鼓・打楽器とゴスペル・雅楽など多彩な催しがラインナップされ、その一つとしてコンテンポラリーダンスに着目した企画が始動します。
[北尾亘(Baobab)・岡本優(TABATHA)・中村蓉・升水絵里香]
4名のコアクリエイターを中心に、30分のダンスパフォーマンスを上演し、クライマックスを飾ります。

【パフォーマンス概要】
テーマは、
『新時代のダンスが生み出す新たなパレード / 渋谷の街、新たな道』
年々大きな変化を遂げている「渋谷の街」。この土地に芽吹いてきたカルチャーをモチーフとして取り込みながら、コンテンポラリーダンス最大の魅力である【時代や空間に合わせた唯一無二のダンスパフォーマンス】を展開します。若きクリエイター・ダンサーと肩を組み、時代とともに移り変わる文化(主に音楽やファッション)を表現にのせたパフォーマンスは、各クリエイターそれぞれが担うパート(約30名出演)の後に、ゲリラ的に登場するモブダンサーが加わり、より大きな規模となっていきます。観客をも巻き込みながら、「渋谷の未来の道」に列車を走らせるような(東急電鉄フューチャー)モチーフの中で、ダンサーも観客も共に路上を行脚していくパレードにて終演を迎えます。


[コアクリエイター]北尾亘(Baobab)・岡本優(TABATHA)・中村蓉・升水絵里香
[出演ダンサー] 各クリエイターのパートダンサー(約30名)
[パレードダンサー] 20名~40名予定(公募中)
[パフォーマンス時間] 約30分



【パレードダンサー要項】
[パフォーマンス概要]
6月5日(日) 14:40~15:10 本番(予定)
@渋谷文化村通り ※小雨決行/雨天屋内上演

全30分のパフォーマンス中、後半10分程度への参加。
パートダンサーやモブダンサー、観客との交流を交えたダンスパフォーマンス。
様々なカルチャーや時代を想起させるファッション(アムラー、ヲタク、たけのこ族など)を身に纏い、観客の中に紛れてスタンバイ。
ゲリラ的に路上ステージに誘われ、[鏡合わせ模写・コンタクト的な動き]等からシームレスに合流。そこから楽曲の盛り上がりと共に大群舞に繋がっていく。
楽曲は[DE DE MOUSE]のRemixや編集を加えたもので、観客にもアプローチしながら華やかなダンスを展開予定。 最終的には列車を模したようなパレード大集団として道を進んで行く。


[稽古及び本番予定日]
5月 30日(月) 18:00~21:00 渋谷区公共施設
6月 3日(金) 18:00~21:00 世田谷区公共施設
6月 4日(土) 13:00~22:00 世田谷区公共施設
6月 5日(日) 本番(9:00 楽屋入り~16:00頃 解散予定)
※1.NGについては要相談(NG数により出演分量に変動があります)


[諸経費等]
ギャランティーはございません。
稽古・本番に関わる交通費等はご自身でのご負担をお願い致します。
衣裳に関しまして、ご本人の私物借用をお願いする可能性がございます。


【ご応募に際して】
募集対象
・満20歳以上(2016年5月1日現在)の心身ともに健康な方
・舞台出演経験のある方(ダンス以外も可)
・稽古及び本番に積極的に参加できる方
定員20名程度を越えた場合、コアクリエイターによる選考となります。

①お名前
②生年月日
③連絡先(アドレス・電話番号)
④舞台出演歴・ダンス歴
⑤コアクリエイター作品の観劇経験
⑥特技・趣味
⑦応募動機・アピール(文字制限なし)
⑧渋谷のイメージ
⑨顔写真添付(携帯カメラ可)

上記の内容を記載のうえ、タイトル「渋谷ルネッサンス応募」とし、下記アドレスにお送り下さい。
→ shiburune_2016☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて送信してください。)
※フェスティバル主催側はこの募集に関与しておりません。
ご応募・お問い合わせ等は、上記アドレスのみで承ります。