鳩山由紀夫首相は5日午前、首相官邸で、日中ジャーナリスト交流会議の中国側代表団の表敬訪問を受けた。同席した日本側座長の田原総一朗氏によると、日中戦争について意見交換した際、首相は「やった側は忘れ、やられた方は覚えている。心しないといけない」と語ったという。首相は日中両国の関係強化についても意欲を示した。

 同会議は両国のジャーナリストが自由な議論を通じて理解を深めるため平成19年に発足し、中国側代表団は福田康夫首相(当時)とも会見している。

【関連記事】
中国への歩み寄りは無意味
日中関係にらみ…今が「適切なタイミング」? 毒ギョーザ逮捕
鳩山首相「中国の努力評価」 ギョーザ中毒事件で容疑者拘束
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」
揺らぐ日米関係 アジア・大洋州地域の憂鬱
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈(医療介護CBニュース)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行-神奈川(時事通信)
スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)
<日本医師会館>届いた鉢植え、突然発火 けが人なし 東京(毎日新聞)
82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
AD