鳩山由紀夫首相は30日夜、郵政見直し法案をめぐる閣僚懇談会の後、「(自身は席上で)郵貯限度額2千万、簡保限度額2500万の方向でいくべきだと言った。最終的に私に一任を受けて、やはり即断即決しなければならないという判断のもとで決めた。(各閣僚は)納得したと思う」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 「たびたび、すいません」

 --今まで閣僚懇談会で郵政について議論をしたが、限度額や消費税、運用状況についてどんな結論が出たのか

 「はい。今日は閣僚懇で大変活発な意見交換ができたと思います。意見交換のあと、最終的に私に一任を受けました。そこで、私としても、これはやはり、迅速に結論を出さなければならないと判断をいたしました。そこで、いわゆる『亀井、原口案』を軸に、すなわち法案が骨子ができておりますから、その骨子を軸にして、素案というんでしょうか、それを軸にして、早く法案を作るようにと指示をいたしたところでございます」

 「なお、この運用に関して申し上げれば、一番の議論になったところでありますが、郵貯限度額2000万、簡保限度額2500万、その方向でいこうと。いくべきだと申しました」

 「亀井(静香郵政改革・金融担当)大臣から『これは将来的に、適正なサイズというものがやはりある。将来的にこれを動かす可能性もある』という話もあったもんですから、それならばまず2000、2500でいこうということにいたしたところであります」

 「なお、やはりこれは、まさに国債の単なる引受機関になっちゃいかん。地域の活性化に資するような機関でなければならない。そのようにも、思っているわけでありまして、そのための努力が、これから期待される。そういう位置づけが必要だという意見も申したところであります。以上です」

 --消費税の免除については議論になったか

 「消費税に対しては、議論にはなりませんでしたが、これは亀井大臣のほうから、これからの検討だということでありました。以上」

 --首相!

 「以上です。はい」

 --これが首相のリーダーシップか

 「最終的に私に一任をうけて、やはり、即断即決をしなきゃならんという判断のもとで決めたことであります」

 --今日、2回目のぶら下がり取材をやろうと思ったのは

 「うん。これはもう、平野(博文)官房長官が話をされたなら、必要もなかったとは思いました。しかし、ある意味でこれは、自分に任されたことでありましたから、自分から改めて皆様方にお伝えするというのが一つの責務かと思って、皆様方にお集まりいただいた。恐縮でありました」

 --全閣僚、納得したか

 「うん。納得されたと思いますよ」

【関連記事】
亀井氏の郵政改革案を首相が了承 郵貯限度額は2千万円
政治とカネなどで集中審議を要求へ 野党3党国対委員長
中国での麻薬密輸邦人の死刑「大変残念」 首相
指南役は財務省!? 鳩山政権、バラマキ一転“大増税”へ
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<LDH賠償訴訟>旧経営陣らと和解成立(毎日新聞)
民主衆院1回生が小沢氏に経済対策を提言(産経新聞)
役員から国会議員一掃=国保中央会(時事通信)
恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会(医療介護CBニュース)
AD