東京都杉並区議会は12日、特別区民税(住民税)を将来的に減税するために基金を設立する「区減税基金条例案」を可決した。総務省によると、こうした目的での基金設立は全国初になるという。

 条例は平成22年度から毎年、一般会計予算の約1割に当たる約150億円を基金に積み立て、利息分を区民税減税の原資に充てるもの。この基金は大規模災害などの緊急時にも活用される。減税の実施時期や減税率は決まっていないが、山田宏区長は「10年後に10%削減を目指したい」としている。

 区によると、現行税率で区民税を10%減税した場合、夫婦と15歳以下の子供2人の4人家族では、年収500万円で年9900円の減税になるという。

 山田区長は条例可決後、「杉並の長い発展の礎になることを確信している」と感想を述べた上で、「国も地域も、税制で住民に選ばれる時代に入った」と話した。

【関連記事】
真央ちゃん“チャリンコ”凱旋パレード!?河村市長の仰天構想
固定資産税など過徴収、5347万円返還へ 大阪・四條畷市
石原知事、五輪「楽しむだけじゃだめ、必ず勝ってこい」
名古屋市3年連続プラス予算案 税収減も行財政改革で捻出
たばこ1箱400円…やめますか?
20年後、日本はありますか?

社説検証 朝鮮学校 産経のみ「無償化反対」 教育の中身不問の他紙(産経新聞)
二葉百合子さん 引退会見 「今が幕を下ろす時期」と語る(毎日新聞)
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん(時事通信)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
在宅だけでは「限界」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
AD