民主党の川上義博参院議員は22日、都内で開いた自身の会合で、永住外国人への地方参政権付与法案について「閣法(政府提出法案)でいく大方針だが、これが放棄されたら議員立法で提出し、ガンガン議論できるよう準備している」と述べ、独自に法案を用意していることを明らかにした。

 この会合で国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は、参政権法案について「賛成しない。巨大な民主党といえども(国民新党の反対で)成立させることは絶対できない」と強調。千葉景子法相が推進する選択的夫婦別姓制度導入を柱とする民法改正案についても「身も心も一緒になりたいと結婚するのに、姓が別なんておかしな話はない。国民新党が(連立から)さようならと言えば法案は通らない」と反対した。

<日弁連>「第三者委」でガイドライン(毎日新聞)
喫煙規制条例、神奈川は4月に施行…大手は協力(読売新聞)
政調復活せず、政策会議活性化へ=副長官、副幹事長が一致-民主(時事通信)
大型トラックが衝突、軽ワゴンの3人死亡(読売新聞)
捕鯨問題、外交解決目指す=NZ外相と電話会談-岡田氏(時事通信)
AD