西荻の名店 山下食堂

テーマ:

Bonsoir Chocolatです。


最近ちょっと訳あって西荻に通っています。その理由はあした明らかに!


なんて訳はどうでもいいのですが、西荻といえばお友達のJJパンダ

いつもお勧めのお店に連れていってもらっています。

そのJJが必ず連れて行ってくれるお店が山下食堂


いつも食べた後に飲みに寄っていたので、JJ絶賛のお料理があまり食べられない。。。


というわけで、この日の西荻ナイトは山下食堂をメインにしてもらいました。


ブルーチーズ

image



鰯のサラダ(黄色のものはバニラアイスではなくOeuf Mayonnaiseです)




image


アボカドのフリット バジルソースと


image



JJが絶対に食べてほしいと言っていた鴨のロースト ネクタリンソースと




image



思ったんですが、フルーツを使ったソースが絶妙なんですよね。シェフすごいセンスあると思います。


その後、素敵なカラオケ(マスターがめちゃキュート!)→ディープなバー(西荻のご意見番のお店?)


とはしごし、明るい空を見ながら西荻ナイトは終了しました。


西荻ナイトのルールとしてタク禁(タクシーで帰宅するのは禁止)なので、りすっちは3件目では完全に寝落ちしてましたけどね。


そして翌週もまさかの西荻。


今回は終電で帰らないといけなかったので、最初に大学の後輩のミーのお店、西荻バルでアペった後に即、山下食堂に。


この日は看板娘のあっこちゃんがいなくてとっても残念だったのですが、イケメンシェフにサーブしていただきました。


ホタテのソテーとガレット




image


牛のロースト



image




会社でいやなことがあってもここでおいしいもの食べて、ワインを飲むと幸せになれるって言っていたJJ、素敵なお店が地元にあってうらやましい!


ほんとはJJが激お勧めのカルボナーラかチーズリゾットも食べたかったのですが、今回も時間切れ。。。


次回は絶対に炭水化物まで辿り着きたいです。








AD

岐阜グルメ旅行

テーマ:

9月になってすっかり秋めいてきましたね。

なんか夏の終わりって毎年少し寂しいのはなぜでしょう?

秋が一番好きなシーズンなんですけどね。


夏の終わりにこの夏、もうひとつのクライマックスイベント、岐阜に行ってきました。


ホームタウンでもない岐阜ですが、お目当てのレストランが3つも!


まずは若き天才的シェフSatoshi F.


以前、東京での出張料理会で度肝を抜かれました。まだすべてが完成しているわけではないのに、料理のインスピレーションにこの人、天才!と思いました。


今回のお目当てはもちろん、岐阜の鮎。

なんとSatoshiシェフ、鮎を丸ごとスープしてしてしまうんですよ!




image

こんな鮎料理は始めてでした。ちゃんと焼き鮎の風味がしっかりしていて、旨味が凝縮していて、


すっすっごい


やっぱりこの人天才です(しかも羽生結弦似のイケメン)。


日本家屋のレストランに超モダンなキッチンも印象的でした。


次回は是非、シェフズキッチンでお願いしたいです!


image






お次はたか田八祥

大好きな晴山 の山本さんが修行したお店です。




image



こちらも実は2回目の訪問。前回の訪問時も一皿一皿に驚きがあり、京料理でも江戸風でもない晴山、山本さんのルーツがここにあったのか~と感動しました。


今回も鼈のお吸い物や、定番の鮎など、楽しませていただきました。じゃがいものはりはりも久しぶりでおいしかったな。っといっても晴山のはりはりと若干違うんですけどね。





image


image



image














最後は開化亭でランチです。




image



こちらはSatoshi F.のお父様のお店です。現在はお兄さんがシェフをしているようですね。


四川料理なので、ピリ辛ですが、全体的に素材を生かしたやさしい味わいでした。

というわけで、中華でもワインがいけます。




image




ここでも鮎の春巻きを追加でオーダーしておきました。




image

中の鮎が透けてみえています。付け合わせの胡瓜がとてもいいバランス。

こんなふうに鮎を食べたのも初めてでした。


行きたいお店で鮎を満喫し、大満足でした。


次回は是非、ジビエを楽しみに、また岐阜に行きたいですね。











AD

TIPAのライブ、2000人収容の日比谷公会堂がほぼ埋まり、大盛況に終わりました!


正直、最初は2000人なんて、無謀なことするな~と思っていたのですが、


いつの間にかみんながTIPA熱に巻き込まれ、


「絶対無理!」から


「あれ、もしかしていけるかも」に変わり


「絶対実現させる」って一丸となって突き進みました。


私としては、チケットを売るというのが初体験であり、いい経験になりました。


あまり人を誘ったりするタイプではないので、最初は声掛けるのに躊躇していたのですが、とりあえず手持ちの分だけは無駄にしたくないっという一心で、思いつく限り声を掛けました。


思わぬ人が来てくれたり、忙しいのに仕事を抜けて会社の人が来てくれたりしてうれしかった!


そして、来てくれた方々はみんな大満足してくれたみたいで、本当によかった!



そんなTIPA LIVEの余韻にまだ浸っていたい気分の中、素敵なセットが届きました。


パリをおウチ de スペシャリテ!



image



こちらも才能豊かな虎と小鳥のフランス語スクール のメンバーが企画、運営しています。


エコバックはかなりしっかりしているので、ワインボトル入れちゃおうかな。


ワインは自然派ワインショップピクール のセレクトしたCrémant d'AlsaceとRosé。このロゼは試飲させていただいたことがあるのですが、梅しそのニュアンスがあって、和食と合わせたいな~と思ったもの。


大好物のマカロンは早速いただいてしまった。。。しっとりさくさくで最高でした。


でも、TORATOKOTORI クッキーはかわいすぎて食べられない~。しばらく飾っておいてからいただくことにします。


おちゃめなTIPAのPost Cardもついてました。



夏のメインイベントが終わってしまったけど、


今回のTIPA Liveを実現させるというイベントを経て、いろいろなことを考え、いろいろなことが経験できました。


なんといっても、思いの力が物事を成し遂げるということを目の前で見れたのですから。


私もおぼろげながらやりたいことが見えてきたし、次に向けて始動しないと!





AD