Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅

「メキシコ刺繍と雑貨TUCANETTA」の店長が、かわいいメキシコ雑貨やガイドブックには載っていないメキシコの素敵な町をご紹介します!


テーマ:

この日の最初の目的地はショチトランXochitlan。


ナワトル語でXochitlはハイビスカスを意味し、~anは~の場所という意味なので、花の咲く場所という意味になります。


この村ではビーズ刺繍ビーズのブラウスが作られています。


去年プエブラの中心部を訪ねたとき、この村のビーズ刺繍がとても気に入りました。

そして市場で出会った、この村出身の刺繍職人さんに何点か製作をお願いしていたのですが、セマナ・サンタ前にできあがったと連絡が入り携帯、いつ取りに来られるかと何度か聞かれていました。


そしてこの職人さん、普段はプエブラの中心部に住んでいるのですが、セマナ・サンタには故郷の村に帰るとのことバス


私たちはセマナ・サンタにこの村付近へ行く予定だったので、「では頼んだ商品を村へ持って行ってください。

村まで訪ねて行きますから」、と返事をしたのですが旦那さんが「念のため数日前に行くかどうかの確定の電話をします携帯」と言っておいて電話し忘れちゃったんですガーン


そうこうしているうちに職人さんは村へ帰ってしまいました汗


ビーズ刺繍は他の刺繍と違ってちょっと重いし、本当に来るという確証がなければ持って行ったり来たりしないんじゃないかと不安でしたが・・・


ご実家の電話番号は事前に聞いていたものの、何度かけてもつながらずしょぼん


でもこのショチトランは一度訪ねてみたい場所だったので、一か八か行ってみることにしました。くるま。B


サカポアシュトラからまたくねくねした山道山道を上り始めました。


陽射しが明る晴れく木々の緑森が目にまぶしいキラキラ

何だか日本の5月を思い出しました。


途中いくつかの村を通り過ぎましたが、なかなかショチトランの表示が見えてきませんあせる


ホテルのフロントの人の話では30分ぐらいということでしたが、1時間以上かかってやっと入口が見えてきましたひらめき電球



Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


村の中心へは↓の看板のある道を入って行くのですが、ヤシの木ヤシの木がたくさん並んでいて南国の雰囲気でした。


何だかとてもステキそうな村ですドキドキ


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


そのまま数分真っ直ぐ走ると、刺繍ブラウスを外にたくさん下げているお店が見えて来ました。

このお店をちょっと見てから中心広場へ。



右が村役場。


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


中心広場には階段階段が続いていました。

ちょっと高いですが、上ってみることに。


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


階段を上ったところから広場を見下ろしたところ。

奥に山々山②が見えてとてもきれいな景色です。


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


中心部に着いたときから、どこからか聞こえる「カタンカタン」という大きな音が気になっていたのですが、↓の写真の右に見えている建物が教会で、その塔の一番上で男性が交代で一生懸命何かを回していました。


後で村の人に聞くと、それはこの村の習慣でセマナ・サンタの期間中毎日、一日中交代で回し続けるのだそうです。


この村にはナワ族とトトナコ族が住んでいますが、トトナコ族の習慣のようです。


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


そのまま広場に背を向けて見ると、目の前には石畳の道が続いていました。


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


Mexico Desconocido 知られざるメキシコの旅


石畳と瓦屋根。

こういう古い建物のある村が私は大好きなんですラブラブ!


あちこちにあるヤシの木も雰囲気が出ていてとても素敵な村だなぁと思いましたキラキラ


この後また中心広場の階段を下りていくと、右手にブラウスを売っているお店を発見。

中に入ってみました。


またまたいろんなデザインがありました。

いろいろ見せていただいて試着もしましたが、やっぱり大きいものが多かったですね。

でもたくさんのデザインを見ているだけで楽しいですし、勉強になります。

お店の人もとても感じのいい方で、ゆったりした気持ちになれましたニコニコ


その後はまた職人さんに電話をしようと思ったのですが、こんな小さな村では公衆電話を見つけるのも難しく・・・ショック!


直接家を訪ねた方が早いんじゃないかと旦那さんが言うので、近くにいた人に職人さんの名前を言ってどこに住んでいるか知らないかと聞いてみると・・・


すぐにわかって、病院の横の道を下りたところよ、と教えてくれました。


さすが小さな村はみんなが知り合い?目


そして歩いて5分ほどだというので、そのまま行ってみることにしました。


つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード