お世話になりました。

テーマ:

1231日を持ちまして弥生保険事務所を閉めさせていただきます。

ご契約者の皆様、保険会社そして従業員他すべての関係者の皆様に70年の長きにわたり、弥生保険事務所を支えていただき心より感謝を申し上げます。

 

保険募集業務は株式会社ウインライフ大阪中央支店として、今までと同じ場所で従来通り取扱いさせていただきます。

 

 1226日一足早く弥生保険事務所最後の忘年会を開催しました。弥生保険事務所の解散式も兼ねてです。私自身はそう思って出席していたのですが、従業員の皆さんのサプライズで私のお疲れ様会を兼ねていただいており皆さんから沢山の贈り物、花束そして全員からの寄せ書きも頂戴し大感激(涙)です。

 会社勤めの方は定年退職があり退職記念の品や花束を贈られるようですが自営業の場合はそのような事はないと思っておりました。私の父から社長を引き続き約40年経営者として一緒に働いていて満足いただけたのか自信はなかったのですがどうやら60点の合格点を頂戴できたようです。

 

今年は9月に事務所を天満橋から西天満に移転し、その後会社をウインライフに移行することになり、本当に慌ただしい1年でした。天満橋に事務所を構えて50年、当初は大阪の活気ある時代でビルの前を走る道路も良く渋滞していました。少しずつ寂れてはいきましたが通りを挟んで迎え側には松坂屋のデパートがあり春の「桜の通抜け」夏の「天神祭」の時は多くの人出がありました。前には旧大川(淀川)が流れており年々整備され水都大阪の中心にもなっておりました。

 

移転した西天満の旧町名は「老松町」大阪天満宮の参道です。骨董品を売る店が並び裁判所に近いこともあり弁護士さんの入るビルが多く、入居しているビルも私どもを除くとすべて弁護士さんが入居されています。通りの西側は「北新地」で夜には多くの人出で賑わっております。お近くに来られることがあれば是非お立ち寄りください。

 

新年より株式会社ウインライフ大阪中央支店として新たな気持ちで業務に取り組んでいく所存です。引き続きご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

 

末筆になりましたが、来るべき新年が皆様にとって健やかで素晴らしい年になりますよう願っております。

株式会社弥生保険事務所

 代表取締役 山本 誠

 

AD

みなさん、こんにちは。

 

ここ数年、感じることではありましたが、今年は特に感じる年となりました。

 

「え?もう年末???早すぎる!」って(笑)

 

そうです!!

今年もあと10日ほど。。。本当に追い詰められています汗

 

と、最後のブログでこんな書き出し、どうかと思いましたが、

率直に今、感じ、思ったことを言葉にしています(;^ω^A

 

 

さて、ご契約者の皆様には既にお便りが10日ほど前にお届けされていることと思いますが、平成29年12月31日をもって、弊社「弥生保険事務所」は幕を閉じることとなりました。

※実際には仕事納めが28日(木)なので、あと一週間なのです涙

 

 

今回、ブログ担当となった私の投稿期限は、「12月12日まで!」でした・・・

遅くなってごめんなさいガクリ

 

 

言い訳① 想像を絶する仕事量にブログまで手が回りませんでしたm(_ _)m

 

言い訳② 思い入れの強いこの会社の最後に何を書けばいいのか、

何を発信すればいいのか延々と悩んでいました。

 

ということで、ズルズルと引っ張ってしまったのですが、恐らくこの記事を目にして頂く期間も

僅かかと思うので、少しだけ、私なりの想いを綴ってみようと思います。

 

 

弥生保険事務所は、私の祖父が設立した会社でした。

 

幼い頃には、天満橋の造幣局から事務所が近かったこともあり、年に一度、

桜の時期には祖母と母とで祖父、父を迎えに事務所に立ち寄り、造幣局の桜の通り抜けに行っていたものですさくら。

 

 

高校生の冬に一週間ほど、事務所の書類整理のお手伝いでアルバイトを

させてもらいました。祖父は私と一緒に働けたことをとても嬉しそうにしてくれていて、

その顔は今でも朧げに記憶に残っていますらぶ②

 

その後、10年経たず、その事務所で本格的に働くことになるとは・・・汗汗

 

そして、15年も働き続けることになるとは、思ってもいませんでした汗汗汗

 

 

祖父が弥生保険事務所をどんな想いで守り、父へ託したのか。

祖父がいなくなって20年以上・・・ 今となっては、わかりません。

 

ただ、祖父を知るお客さまを担当させて頂く事が多かったこともあり、

そこから祖父の大事にしたかったことを私なりに感じ取り、仕事を精一杯してきたつもりです。

 

 

お客さまを大事にすること。

お客さまの立場に立つこと。

 

「真心」をもって対応すること。

「誠心誠意」取り組むこと。

 

祖父が築いてきたお客様との「信頼関係」が70年近く続いてきた弥生保険事務所の本質ではないかと感じています。

 

勿論、祖父や父だけの力ではなく、一緒に弥生保険事務所を支え続けてきた従業員も同じ気持ちでお客さまに対応してきたことが今に繋がっていると思います。

 

 

「業法改正」「体制整備」といった保険業界の変化に、昔ながらで少人数体制の代理店で生き抜くのは大変な時代となりました。

 

 

年明けからは、大きな代理店へ弥生保険事務所ごと参画となります。

 

 

祖父はこの選択をどう思っているのでしょうか涙

 

仕方がない・・・と少し悲しそうで寂しそうな笑みを浮かべるような気がします。

 

でも、弥生保険事務所の魂はちゃんと心に持ち続け、この業界で仕事を続ける限りは精一杯頑張る所存ですキラキラ

 

 

長い間、本当に本当にありがとうございました。

そして、来年も変わらずよろしくお願いいたします!!

 

 

山本奈緒

AD

今日からいよいよ12月。

12月スタートの今朝、綺麗な青空 あおぞら だったのが嬉しかったです。

今年一年の集大成。

みなさま張り切って参りましょう!!

 

私が今年最後に担当しますブログテーマは、

『高額医療費制度についてのポイント』

『自動車事故時の写真撮影おすすめについて』 の2つを簡単ですが書きます。

 

 

まずは『高額医療費制度』について、今年、私が知ったこと。

 

「高額医療費制度」とは、

  医療費の自己負担が高額になった場合、自己負担限度額(※)を超えた分が

  後日、払い戻される制度です。

  (※)自己負担限度額は年齢および所得状況等により設定されています。

 

但し、この払い戻しには3か月ほど時間がかかるそうですので、

70歳未満で入院・手術の予定のある方は、

事前に「限度額適用認定証」を申請して発行してもらい、

その「限度額適用認定証」を入院時に病院窓口に提出されることをおすすめします。

 

この「限度額適用認定証」を事前に窓口提出しておくと、

退院時の精算の支払いが自己負担限度額までとなるので安心です。

 

ちなみに今年、私の家族がある病気で、

① 3日間の検査入院 と ② 4日間の手術入院をしたのですが、

「限度額適用認定証」のおかげで、退院時の窓口精算は健康保険適用外を含めても

10万円弱でした。

もし「限度額適用認定証」の提出をしていなかったら、後で戻ってくるとは言え、

 健康保険3割負担で54万円強の支払いになっていたらしいのです。

退院時精算窓口でこのことを教えてもらって本当にびっくり 泣ビックリ でした。

 

そしてもうひとつポイントが・・。

もし、我が家のように①・②の2回に分けた入院・手術で日程を選べるのなら、

いずれも同月内で済むようにすることです。

 

「高額医療費制度」は、

同じ月(1日~月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合・・・なので、

月がまたがってしまうと、支払金額に大きな差が生じます。

例えば一般的な所得ケースの場合

 ①の入院自己負担額  70,000円

 ②の入院自己負担額  80,000円  

 

同月内の入院だと、

 ①の退院時精算で70,000円を支払い、

 ②の退院時精算は、「限度額適用認定証」のおかけでおよそ10,000円強くらいの

 支払いで済みます。

 

もし、月をまたがっての入院だと

 ①で70,000円を支払い、②でも80,000円+αを支払うことになるので、

同じ病気での入院・手術をした患者さんがいれば支払額は大きく違ってきます。

 

ベッドの空き状況もあると思いますが、

もし、自分で入院・手術のスケジュールを言えるのであれば、

同月内にされるほうが少しでも支払いが軽くなることを覚えておいてくださいね!!

 

 

そして、もうひとつのテーマ『自動車事故時の写真撮影おすすめについて』です。

 

自動車事故が発生した場合、

2次被害を防ぐ意味でも、

双方の車を安全な路肩や駐車場内なら空きスペースに移動して・・・と思いますよね。

その通りです。

ただ、移動する前に、現場状況の写真を撮っておいて欲しいとのこです。

この証拠写真があれば、後日、双方の言い分が違った場合、どちらの言い分が

正しいかの判断材料になると、弁護士さんに教えてもらいました。

 

駐車場内での事故の場合は尚更だと。

写真を撮る際、接触箇所の写真はもちろんですが、

どの位置で衝突したかが分かるよう、周辺状況などの背景も撮影してもらえれば

助かるとのことでした。

双方の言い分が違う場合、こうした小さな一つひとつがヒントになるのだそうです。

 

ドライブレコーダーとスマホなどでの撮影で、随分と違ってくるでしょうね。

 

 

 

簡単に・・・と言っておきながら長々と入力してしまいました。

 

今年のブログ担当も今回で最後。

師(僧)が忙しく走り回ると言われる「師走」です。

寒さも本格的な頃となります。

 

どうぞみなさまお風邪など召されませんよう・・。

少し早いですが、

今年も一年お世話になりました。 本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。ニコニコラブラブ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

AD