6/21に太陽が蟹座入り


夏至になりました。




夏至は春分、秋分、冬至と並んで
1年のサイクルを4つに分ける四季の切り替わりのタイミング。

春分で巻いた種が実る秋分に向かって
成長を加速させる3ヶ月です。





で、ここで登場するのがマーライオン。

 

 

 

 

引用元:lancers

 

 

 

 

 

理由は後ほど書きますね。

 

 

 

 

■夏至図から見るここから3ヶ月の雰囲気


 

 

 


この3ヶ月を表す夏至図がコチラです。






 

 

 

 

他者との関わりは相変わらずのテーマになっています。

その中で自分自身が大事にしたいものに向かって
心と脳内イメージを膨らませていく。

実際に行動に起こしていって、
自分自身の社会性を理想に近づけるために
それらを言葉として捉える、人に伝えながら反芻する。

ちょっとした専門家になるような、

自分の軸の伸ばし方。



太陽と月のアスペクトはどれもソフトで
追い風が吹いていますね。

自分らしさを手に入れる流れに
乗りやすいタイミングです。





ただ、その流れに乗るためには、
ご自身の痛みと向き合う必要があるでしょう。


ここの所続いている木星海王星の150度。

木星が12ハウスにあり、
よりご自身が意識されていない部分にフォーカスが当たります。
 

海王星のおかげで具合が悪い人が多くなりそうです。





■痛みの種と向き合うこと


 

 

 


言われたこと、見たもの、聞いたもので
何か自分に痛みを感じるならば。

それはあなたの中に
どこか痛みの種が眠っているからなのです。





自分の中に痛みの種がなければ、
そもそもそれを痛みと認識することはありません。



例えば、

「背が低くて良かった(可愛いと思われる等)」

と思っている人と、

「背が低くて嫌な思いをしている(チビと思われる)」

と思っている人がいたとして。



「背が低いんだね」

という一言をかけられたらどういう反応になるでしょうか?





人の痛みは千差万別。

痛みの種は気づかぬところで
自分の在り方に影響しています。

そんな痛みの種に敏感になりやすい時期でもあると思います。






痛みの種を癒すためには、
まず、その種の正体を知ることが大切です。




その痛みの種が自分の中に眠っていることに気付くこと。

その痛みの種を許してあげること。

その痛みの種と向き合うこと。

その痛みの種の外側は硬い硬い殻になっていて、
痛みから無意識にあなたを遠ざけています。






痛みの種の殻の中にあるのは、
あなたのやわらかな心。


実は、あなたが痛みから遠ざかろうとすればするほど、
その痛みは無意識にあなたの目の前にやってきて
あなたを苦しめます。

あなたが持っているやわらかな心に
ちゃんと向き合うことが
痛みを癒やすことに繋がり、
あなたの自分らしさに繋がるのです。





痛みは、硬い殻から出してあげなければいけない。

ちゃんと目で見て、心で感じて、
許してあげなければいけない。

やわらかな心に触れるのだから、
痛い部分に触れるのだから、具合が悪くなって当然なのです。





■癒やしに向けて、マーライオンの出番です

 

 

 

 


 

 

 

 


ここで、みんなマーライオンしちゃおうぜ、という話です。

 

 

 


 








飲み過ぎとか気分が悪いときって…

解消するためにはほら、
マーライオンするじゃないですか。




マーするまでは本当に苦しいんですよ。

身体の中に不快物質がぐるぐる渦巻いていて、
気分が本当に悪くなった状態。



そして一番苦しいのが、
マーする瞬間。

もうそれはそれは頭に血が上って涙が出るくらいの。


でも、マーしてしまえばほらスッキリ爽快。








 

 

 

 

 

心の痛みも同じなんです。

あなたの中にあるやわらかな心が
不快物質で覆われてるんです。

苦しいに決まっています。




で、もって。

マーしてそれが身体から飛び出てくるタイミングが
一番痛いし苦しいんです。

でも、それを乗り越えて吐き出さないと、
ちゃんと自分と向き合わないと癒やされやしないんです。


その壁を乗り越えた先に、

本当の自分らしさが目覚めるのです。







■夏至図まとめ



今は、心の中にある痛みの種に
向き合いやすいタイミング。

でも、ちゃんと痛みの種に向き合って、

本当の自分らしさに気付く流れに乗りやすいタイミング。


 

 

 

辛いけどマーしてみましょう。

マーしてしまえば心も身体も軽くなり、
あなたの中にあるやわらかな心が見えてくるはず。

やわらかな心に気付いた時、
本当の自分らしさに向き合っていけるはず。


そんな夏至のターンです。






本日もお越しいただきありがとうございました。

皆様が素敵な3ヶ月を過ごせますように。