栃木で美髪のお手伝いをする田舎の軌道戦士 神田のブログ

栃木の田舎の美容師が美容師としての本音やお役立ち情報をつらつらと書いていく自由きままなのんびりブログ

美容室にいる間で説明しきれないこと、ぶっちゃけた裏側などなど正直に綴っていこうと思います

ちなみにガンダムとは全く関係ございません…


テーマ:
こんにちは音譜



…生きておりますm(__)m


おかげさまで仕事以外の部分でも忙しくさせて頂き完全にサボっておりました(_ _。)

また職場で写真を撮るのも難しく、今のご時世たくさんの美容師の方が素晴らしい情報を発信しているので僕ごときなんぞと…(言い訳)


しかし西川口の白眼男がなんか書け書けと脅迫してくるので…(僕に何かあったら犯人はあいつです…)


今日は久しぶりにちょっと書いてみようかとひらめき電球




美容師さんの間でも考えが随分違い、お客様によっても未だに強くイメージで持たれている

道具(セニング、レザー)によって髪は傷むのかという話



あ、先に書いておきますけど個人的な考えですし、わたくし別にカットが上手いつもりもないので興味のない方はスルーでお願いしますm(__)m


しかも長い上につまらないと思うので覚悟のある方だけお読み下さいm(__)m





今はだいたい2パターンの見解があって


道具は使い方次第だから上手く使えば問題ない
という意見か

セニングやレザーはぱさつくからシザーのみの方がダメージは少ない

のどちらかで展開されている意見がほとんどだと思いますひらめき電球



先に自分の考えを言えば前者です音譜


というのも道具でできるダメージってどういうものだと思います?まぁもちろん使い方が下手だとか、研いでないと切れないとかっていうのは前提条件として置いておいて…


物理的に髪に与えるダメージって、普通のシザーでもおんなじように与えてるとおもいません?美容師さんならわかると思いますが少し厚めのパネルを切るときにすごく手に負担がかかってスムーズに切れない時とか髪をつぶしてるな~とかって感じたりしますよね?

ハサミを縦にいれてチョップカットとか滑らせてスライドカットとかストロークとか色々ありますけど切り口を顕微鏡で見てみると意外と道具の切り口が想像と違って、傷むって何だろう?とか考えちゃうと思いますよひらめき電球



と言うか基本的に髪は何しても傷むんですよね。極端に言えば風に吹かれても傷みますし。

髪は修復することはないのでどれだけ負担をかけないかが大切だと思いますが、カットの道具でできるダメージというのがどれだけ実際の仕上がりに影響を与えているかはイメージが先行していている部分が強いと思います。
まぁレザーなんかは片刃で切るのでどうしても切る時の衝撃が多少なりとも伝わるので、それが嫌って方もいると思いますけどね(´・ω・`)

それでもカット後に髪がパサパサになったとか感じることありますよね?


僕が思うにそれって道具で切り口が傷んだというより、切られた毛の重なりや現象がどうなったかによっておこるものだと考えております。


よく理想的な毛の表現として筆のようななんてことを言ったりしますね音譜

筆いいですよね音譜どこから見ても先が自然に細くてどこにでも動き、なおかつまとまって形がある程度キープされるという…( ̄∇ ̄)



筆を見てみると短い毛や長い毛が緻密に配置されてるんですよね。あれはハサミ一本ではやはり難しいのです。日本人の毛は割と硬い方が多く、一本一本しっかりしている方が多いので空間や毛のズレを上手くつくってあげないとやはり動きとまとまりが両立しないよな~なんて思うんですよね。



ここで道具ごとの特徴がでてくるのですが…


シザーは狙った所を比較的切りやすい反面、一本だけを切るのが難しい(できなくはもちろんないけどサロンワークレベルで考えると難しい)ので、断続的な断面を3Dでつくるのは凄まじく繊細で時間がかかり大変。というかほぼ無理かと…


セニングは断続的な断面をつくりやすいが、櫛刃の形や長さなどによって、意図していない部分を切ってしまいやすい(型抜きのイメージですかね…)



またこれらハサミは利き手の問題や普通の使い方では片側からしか刃を動かさない為、左右対象の断面をつくるのが厳密にいうとできていないので毛の動かし方に自分のクセがでやすかったり。


それによってできてしまった制御から離れた迷子の毛が、手触りの中で傷みに感じたり、毛の集まりから離れてパサついて見えたりしてると思うわけなんですね。


毛は一本だけでは力を発揮しないですからね



だから髪の量を減らすという考えがあまり自分にはなく…

求めている形や動きや質感やらを作っていると自然と量も減っている感じですね~ひらめき電球




そう考えると傷むかどうかじゃなく、どう使えばいいかとか考えません?


ちょっと使って「こりゃ駄目だ」とかじゃなく、よ~く考えて自分の求める空間をいかにつくるか…


一つの物を極めるというのは素晴らしいことですが、可能性を消してしまうのは違うのでは…なんて思ってしまいます(*゚ー゚*)ひらめき電球





今はカットの違いが分かりづらいと言われ、他の付加価値の方に意識が向いている人が多いのかな~と感じます。

全体のレベルがあがったってことなんですかね?そこはよく分かりませんが…



ある程度カットの型が整備され、外側を切る方法などは随分と勉強がすすんできたのではと感じています。そして今のカットの技術という部分に停滞を感じられている時代だからこそ、もっと掘り下げることができれば




それはパンドラの箱となり得るのかもしれません…


一般にドライカットと言われる乾いた状態で行う毛の内部や中間や毛先のカットなどは、濡れた状態で切るベースカット(形の外枠を切るカット)に比べて感覚の部分が大きかったり、頭の中のイメージと、実際に下に毛が落ちた時とで結構違うなんてことが正直あると思います。



残した毛だけでなく、切った毛もコントロールし成立させる。頭を傾けたり、それこそひっくり返しても成り立ってしまう構成、減らすとかではなく、髪の毛の中にたくさんのコントロールされたカットが入っているイメージ…


そしてそれを叶える為に道具が必要なだけで、自分のイメージを形にできるのであれば道具は好きな物を使えばいいと思うのです。


そして制御されたカットは確実に髪に意思を与え、持ちやまとまり、艶、動き、持続性を高い領域で叶えることができると信じております。




デザインの似合うとか似合わないとかは主観でしかないので分かりませんが、それでも上手いに定義をつけるなら、道具も薬も髪の毛も、自分の意識通りコントロールすること。


これにつきると思います音譜



それなのでお客様の場合、美容師さんに道具で制限をかけてしまうともしかしたらその担当の方のパフォーマンスにも制限をかけることになってしまう可能性がありますのであまりオススメはしません(ノ◇≦。)




…ね、理屈っぽいでしょ(´・ω・`)
だから読んでも面白くないって言ったじゃないですか(=◇=;)!!




まぁ取りあえず…


最終的には道具やテクニックや構成の仕方など全てを含めての“技術”だと思います音譜


それなので何でもそうですが自分の為にもあまり悪者を作らない方がいいと思いますひらめき電球
とうぜんですがそこに正解もないので、提供する技術やマインドがお客様に支持されるかどうかだけですしね音譜


まぁ自分はそんな所を追い求めて日々仕事しておりますm(__)m

いやーしかしめちゃめちゃ長くなってしまった…



最後までお付き合い頂きありがとうございますm(__)m
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。