久しぶりの投稿なので、

今日は何となくBARと私、そして「バーの楽しみ方」について書いてみました。

 

 

最初にちゃんとしたバーという場所に連れて行ってもらったのは就職したての23歳くらいの頃、部署の上司に連れられて名古屋郊外の赤レンガの壁が印象的なお店でした。

 

中は薄暗く、コルクボードにピンで止められた、来店したビジネスマンの名刺がとても印象的で、

「ああ!俺この街で働いてるんだ」

と強く感じたのを覚えてます。

 

とにかくはじめてのバーで何を頼めば良いやら、特に上司から指南も無く、バーテンダーに「ご注文は?」と聞かれたので漫画で見たカクテルを思い出し頼んでみる。

 

ニコラシカ

見た目がユニークだったので覚えてた。

 

(グラスの中にはブランデー、上にレモンスライス、その上に砂糖山盛り)

よくよく考えれば強い酒、というかほぼブランデーのストレート。

しかもショットカクテルなので、一気に飲んで口の中でカクテルを作る系、チビチビ飲むことも出来ない。

 

前のお店でもそこそこ飲んでいたので2杯飲んでグロッキー、フラフラになりながら店を出たのを覚えてます。

 

 

 

その後、名古屋市内のオーセンティック(正統派)バーに連れて行ってもらった時は正直、雰囲気に圧倒され、緊張からか何を注文したかも覚えてません。

 

ムーディな雰囲気によく磨かれた艶っぽいバーカウンターが印象的でした。

ロックグラスに丸氷が出て来たイメージは残っているのでおそらくウイスキーか何かを頼んだのかと・・・

 

それからヘミングウェイの「老人と海」を読む機会があって、ヘミングウェイが愛したフローズンダイキリにハマり、チューチューストローで飲むこと幾度か。

   

 

 

30代に突入し、生活舞台は地元九州に移ります。

 

アルパチーノ主演の「セントオブウーマン ~夢の香り~」という映画に感動し、劇中でアルパチーノが若い青年に「ジョン・ダニエル氏を頼む」と言うと「ジャック・ダニエルですよね?」と返すと「オレはヤツとは長い付き合いだからジョンと呼ぶのさ」ってなやりとりがあります。

それが真似したくて、お店で「ジョン・ダニエル氏」を頼んでみる。

 

 

  

人生初のジャック・ダニエル、ワンショットがキツくて飲みきれない。

 

ヤツとは長い付き合いでは無かったので残して帰りました( ̄∇ ̄)

 

 

 

そんな見たり聞いたりしたものにチャレンジするのもバーでの楽しみ方の1つだと思います。なぜこの酒を選んだのか、どういう意味や意図があるのか、こんな味なのかなど、色々思いを巡らせながら飲めます。

 

 

中洲に先輩と行った際には九州のバーの草分け的な伝説のバーテンダーがいるお店にも連れて行ってもらいました。

やはりそこそこ飲んでから行ったので伝説のマスターの作るマティーニがとても美味かったんですが、

 

なんせ強い酒同士を混ぜるカクテルのマティーニが飲みやすいと日本刀で意識をぶった切られたようにダウン、

 

ホテルに帰ってバタンキューでした。

 

 

 

 

その先輩の影響もあってこの頃からスコットランドのシングルモルトウイスキーをたしなむようになりました。

 

 

 

クセの強いシングルモルトウイスキーの世界は奥深く、一緒にハマった友達がいたこともあり、飲み深めるウチにだんだん自分の好みがわかるようになり、好きな酒が出来て、自分の座標みたいなものが出来ました。

 

 

バーとは

 

20代~30代前半くらいまでは異空間であり、挑む場所でした。

 

30代~30代後半はバーでの立ち回りもわかってきたので楽しみを探す空間

 

 

30代後半~現在は自分の好きな酒が出来たことで、酒の席が続く中で、気持ちを落ち着かせる場所のような存在になって来てます。

 

店は変わっても酒の味は変わらないので、その香りに包まれるといつもの自分と向き合える、そんな感じです。

 

 

 

もちろん未だに新しい酒に挑んだり遊ぶ場所としても通ってますが、今は楽しむと落ち着く場所の2面性を兼ね備えてます。

 

 

 

この自分の好きな酒が見つかると格段にバーの敷居が下がります。

 

どんなバーでも、いつでもいつもの自分でいられるからです。

 

 

最初はそれを探しながらバーを楽しんでみてはいかがでしょう。

1月16日放送のNHK「朝イチ」を観てビックリ!
 
{C187DCD9-8370-42E8-AB2A-518118AEF527}
 
 

朝飯食べながら何気なく観てたら、酒粕に関しての特集情報でした。

 
{07C6DF0F-819E-4E88-B3C1-5DAC6CAB7B91}

昔から酒の卸会社からもらってた酒粕
 
最近はあんまりくれなくなったなぁと思ってたら
 
 
 
今!酒粕がすごい!!
 
女性必見の◯◯がアップ!!
 
美容にダイレクトなアレです。
 
 
 
詳しく内容を観たい方はこちら↓↓↓
 
 
 
母が夕方スーパーに買いに行ったら早速売り切れてたとのことでした。
 
メディアのチカラもまたスゴイ!
 
 
 
 
番組内でイノッチも言ってましたが
 
どんなに身体に良いからと食べ過ぎはダメです。
 
1日50gを目安にまずは2週間続けることが大事みたいです。
 
 
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
 
 
 
番組内で紹介してた酒粕レシピのフレンチトーストがめちゃくちゃ美味そうでした( ̄∇ ̄)
 
 
誰かに作ってもらおう♫
 
お店のホームページでもまとめつくってます。酒粕の入荷情報もあります。
良かったら覗いてください↓↓↓
今年もこの季節がやって来ました♫

秋のワイン試飲会🍷

これから涼しくなってグッとワインが美味しくなる季節なのでティスティングも気合が入ります(^^)


14日の朝、一路、福岡へ

最近の宮崎〜福岡へのプランは
{C4D131BC-799D-4029-BBE4-9F43E515125F}

試飲会の日程が決まり次第、ANAで航空券を予約

現在、最安は75日前までに予約する「超割」プラン

今回は取るの忘れてたので少し高めの片道5000円でしたが、75日前まてまなら4000円で行けます。

30代までは高速バスを使ってました。
片道3000円で最安ですが、移動に5時間ほどかかりますΣ(゚д゚lll)

1000円高いけど飛行機順調に飛べば45分で到着♫

手荷物検査や搭乗手続きなどの関係で少し早めに空港入りしないと行けないけど、同じところに長時間拘束されるストレスは無いので断然オススメです(^^)

{90AC9A59-F076-4F8F-BD9C-055CA676154C}
台風の影響で便に若干の遅れが出て、午後1時前に会場に到着( ̄∀ ̄)

{87CEA303-8EAA-4C79-9FDA-4F6842B00467}
中洲の東急エクセルホテルでソムリエをやってる大学時代の友達と試飲会場へ♫


2時間ほど試飲して気に入ったアイテムチェックしてお互いお昼がまだだったので昼飯へ

{FFD9CA34-9500-4E0C-9827-A711E4050D3F}

初のラーメン次男坊のこってり豚骨ラーメンをビール片手にいただき(^^)

もう一人、大学時代の友人が仕事終わりに参加するので、中洲の街へ

{1C4D90D5-15BD-4066-A502-CF44EBB53F22}

待ってる間に海鮮焼きのお店でフライングスタート♫

{B2B849D9-891E-412F-A919-1E6F40C84D8C}

お互いおっさんになりました( ̄∀ ̄)

{16FF55DC-BB1C-46CC-A698-F4DFC1C4DF37}

この方は元々老け顔なので変わらず(^^)

三人揃ったので薬院のイタリアン
「アクアミネラーレ」で晩御飯
{79E78A0E-B9CE-4314-92BA-A03EF94E4E06}
前菜盛り合わせ
{238D1AF2-D8DC-43E9-BA95-29FF18B02171}
サルディンボッカ、仕込みに手間がかかる料理でしたが絶品!ペロリといただきました(^^)
{527A20B0-A9DF-469A-A906-E34C04A57408}

最後に天神のバーで締め(^^)

楽しい夜でした(^^)