1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月25日 22時27分11秒

音読会折り返し

テーマ:中国語筋トレ音読会

音読会、昨日で全6課のうち半分が終わりました。
私は、水曜と土曜に参加しているのでこれまで6回音読会を行いました。


事前練習で音読+シャドーイングを100回やって発表することになっているので、
一応、言いだしっぺとしての強制力もありこなしています。


2週間に1度の会なので、

1日10回×10日で1課のノルマを終わらせています。


私は、少し余裕を持たせたいので、今日4課が100回終わったところです。
すこし先行することで、新しい課を10回と、今度発表する前の課も2~3回練習します。

これで所要時間およそ30分。


現在は4つの文を100回ずつ行った状態なので、


目に見えてペラペラになったとかはもちろんないですが、

いまのところ感じる良かったところ。


・1日30分は声に出して中国語を全力で話すことが習慣化した。もはや音読しないと落ち着かない。

・私には30分が集中できる限界なのでちょうどいい。

・私の場合、40回目あたりと、90回を超えたあたりの2度、「あっ今、超えたな」と感じる瞬間がくるのがたまらない。

・時折録音することで客観的に自分の発音を分析し解決しようとしている。

・少し先行して練習することで音読会までに1課あたり100回プラス30回程度、期間にして2週間プラス2週間練習できる。

・声調や有気音無気音がすこしクリアに聞こえるようになった(特に2声と3声)

・普段話すときも声調を意識するようになった。

・6人の音読仲間に出会えたこと。皆さんのレベルが高いのでプレッシャーと刺激を受けてます。


あらやだ、いいことばかりじゃないのー!


逆にデメリットといえば


・午後10時30分開始なのですが、太郎の寝る時間が最近遅くて10時20分とかになってしまい、間に合うか毎回ヒヤヒヤする。そして直前に練習できない。


くらいですねー。


いずれにしても、試行錯誤して自分なりのやり方を見つけるのって楽しいです。



ところで、テキストにしている『中国語筋トレ100読練習法』ですが、


中国語筋トレ100読練習法/東方書店

最初にピンインのみで音読するという画期的な方法です。

ピンインのみってほんとに読みにくい・・・ガーン


我慢して50回繰り返したあとに、やっと漢字を読むことを許されると、漢字の読みやすいこと!!
なんというか、快感になってきます。

まずは信じて続けてみます。


シャドーイングも、目をつぶって集中して、とかいてあるので、目をつぶってやってますよ。

たしかに、音声がよく聞こえる。


そして、このテキストをパラパラ読んでいたのですが、

15課の文章、『超二流を目指せ』


もー、私のために書いてくれてるのかと思った。
ちょっと泣けますよ。

イヤ、音読ハイになってるだけかな。
音読ジャンキーになるぐらいがんばります。



また、著者のコラムが載っているのですが、ちょっと説教臭いおじさん風なんだけど、はまります。
シャドーイングが20~30回程度では自分のものにならず時間の無駄、とか。ドキ・・・(-。-;)



特に、留学時代に、授業についていくために1日10時間予習のために音読してたとか!
こういうがむしゃらな努力をして結果出す人大好き。



今日たまたまtwitterで目にした方(英語関係)のブログが、シャドーイングのこと熱く語られていてすごく面白かったです↓

世界1周しながらアイビーリーグ大学院に奨励金合格 : バックパッカー サラ の英語ブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年06月22日 11時23分23秒

私の声調やばいことになってた

テーマ:▼中国語のこと

音読会で発表する中国語の文章を録音して聞いてみると、
なんか気持ち悪いのと日本人ぽい発音なのは置いといて、

確実に声調が違うことに気づいた。


特に2声がぜんぜん上昇してない。

ちょうどNHKラジオ レベルアップ中国語では声調と文のつながりに重点を置いた講座が開設されているため聞いている。


この講座のwebサイトで声調確認のコーナーがあって、
NHKのマイ語学に登録すると使える機能で、なかなか画期的。

一般的な4種類の声調ではなく、文中の繋がりを加味した微妙な声調を表してます。
前からあったのかなー?知らなかったー!


自分の声を吹き込んで、見本の声調とどう違うか比べられるものです。



紫色の線がお手本の声調で、
黄色のが私の吹き込んだもの。


まずこれ↓


やっぱり、2声が全然上がってない。
そして4声も落ち方が甘い。
全体的に抑揚がないってことですね。


お手本を聞いて近づくように練習しました。



次に






うんうん、やっぱり2声だね、課題は。




極め付けはこれ。

2声が多い文を読んでみた。




ひぃー!( ̄□ ̄;)!!


2声が4声や3声になってるー

むしろ逆!!!


これじゃあ

蹅一蹅(ぬかるみに足をつっこんでくれない?)

叉一叉(ちょっと股をひろげてくれない?)


まずい・・・





20回くらい練習した成果がこれ



どんなにわざとらしく2声を上昇させようとしても、これが限界でした。



ていうかこの声調問題、
今までの長い中国語学習生活で、


誰からも指摘されたり直されたりしたことないんですけどーっ


オンラインレッスンのネイティブ講師には、発音や声調は特に厳しく言ってくれとお願いしてるにもかかわらず、どういうこと!?(責任転嫁)

みんな影で、「ププッ、2声が4声になっちゃってるよ、こりゃ無理だね」と呆れてたのね(被害妄想)

そういえば、市民中国語講座とかで発音めちゃくちゃなおじいちゃんも直されてなかったもんな。


ご興味のある方はやってみると、面白いと思います。
見本に近づけようと、ついついしつこく練習してしまいます。


6月でこの545老師の講座終わってしまうのですが、このコーナーだけは残しておいてほしいな。


音読会の文章も、
2声を意識するよう丸つけてます。

頑張り屋さんだよぉ


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年06月14日 14時31分01秒

通訳案内士試験の過去問解いてみた

テーマ: ・通訳ガイド試験対策

 

通訳案内士試験の邦文試験対策を始める前に、

現在どれくらい取れるか確認すべく、

2016年度の地理と歴史の過去問解いてみました。


日本地理 67点
日本歴史 63点


ほほう、勉強しなくても合格基準点いってるじゃん、

と思いきや、


通訳案内士試験のガイドライン確認してみると、


合格基準点70点だったー!!


え・・・?


私の記憶だと60点だったと思うんだけど、

2015年に合格した時は60点だったよね?


うわーん、いつから上がったの~(´□`。)??


というわけで、合格するためには勉強しなくてはです。


しかし、


中国語が好きで、中国語のために通訳ガイドを受けたくて、これまで中国語にお金も時間も労力も投資してきて、それでも中国語が苦手でたくさん勉強しなくちゃで、


なので、


地理歴史ごとき、勉強に時間もお金もかけられないが絶対に落とせない。


で、とりあえず、


ハローのアプリから重要事項のまとめをダウンロードして合間にやってみたり、
地図帳眺めたり、
歴史の資料集眺めたり、


いつの間にか時間が過ぎてる。



やばい、地理、歴史の勉強って楽しすぎる



今の勉強の優先順位としては



中国語(口語)>FP2級>>>地理歴史


なのだけど、



全然上達しない中国語と、砂を噛むようなFPの勉強に比べて、

地理歴史ってなんて楽しいんだろう音譜


(中国語もFPも誰に強制されたわけでもなく、自分で選んで勝手に勉強してるだけなんですが、

やっぱり時々うんざりするよねー。)


歴史は、悠久の歴史に思いをはせ、寺院や仏像で心現れ、芸術の裏にある政治的背景を知る。

地理は、日本の自然の豊かさを感じ、いたるところにある魅力的な観光スポットや名物を知り訪れてみたくなる。




・・・いかんいかん。

本来の目的を見失ってしまう。



中国語とFPやったら、ご褒美として地理歴史やることにしよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

カウントダウンタイマー

元気が出る、杜拉拉升职记のオープニング曲 S.H.Eの《超可能》

杜拉拉升职记の挿入曲 S.H.Eの《两个人的荒岛》

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。