2005年10月28日(金)

月の世界、ギアナ高地

テーマ:ベネズエラ

ロライマの頂上には、

今までに見たこともない世界が広がっていた。

roraima1


roraima2


roraima3


天気が、変わりやすく、

いま青空が広がっていたと思うと、

雲が下から上がってくる。


幻想的な風景がさらに神秘的になる。


roraima


roraima


標高2700メートル。


roraima5


roraima7

roraima1

ここに来るまで、3日歩いた。

途中のキャンプ場では、夜、雨に降られ、

しょぼいテントの中が洪水になった。

プリプリと言うアブの小さいのにイヤっていうほど刺されまり、

肌は、ボロボロだ。

一気に900メートルの岩山を登ってくるのは、

かなりしんどい。

滝の下をくぐっり、震えながら、登って来た。


来て良かった。

やっぱり来て良かった。

この風景を見る前に、

死なないで良かった。


roraima


なんだか変だけれど、そう思った。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年10月27日(木)

ギアナ高地

テーマ:ベネズエラ
久しぶりの本格的なトレッキングだ。
5泊6日。
roraima
roraima
1日目と2日目がサバンナを歩き、
3日目が、テプイ(テーブルマウンテン)をクライミング。
roraima
4日目は、終日テプイの上をトレッキング。
5日目に初日のキャンプまで戻り、
6日目に出発点まで戻っり、ジープでサンタエレーナに戻る。
 
トレッキング中の食事はガイドのアレックスが、
すべて作ってくれる。
味は、それなりだけど、量はやたらと多い。
roraima
ツアーで一緒のマリオは、植物や動物が好きなベジタリアン。
おっとりしていて、かわいらしいキャラクターだ。
ケロやまさんも、何枚か写真を撮ってもらっていた。
彼のテントにやって来たカエルを、
わざわざ「キミのカエルに似ているよ」と、連れて来た。
roraima
メアリーは、バナナが大好きで、雷が大嫌い。
2日目の夜に雷がなった時は、隣のテントだったマリオは、
メアリーの悲鳴で眠れなかったらしい。
さらに、トレッキング中、川を渡る時や、
足場が悪く滑った時なども
「ひゃ~!」と言う悲鳴が遠くにいても聞こえてくる、怖がりやだ。
彼女は、大学で日本語を選択していたので、
ひらがなが読めて日本にも行った事がある。
現在、世界一周中。
月の世界のようなロライマはこんなメンバーで行って来た。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年10月26日(水)

月の世界へ

テーマ:ベネズエラ

ブラジル国境に近い街、サンタエレーナに来る。

また、ここは、

ロライマ山のトレッキングの起点になる街でもある。

ロライマ山とは、ギアナ高地のなかの山のひとだ。

10月は、あまり旅行者がいないらしく、毎日ツアーは出ていない。


アレックスと言うガイドを個人的に雇って、

5泊6日のツアーを組む。

ツアー会社と内容は同じで、金額も変わらない。

ただ、アレックスの収入が会社に取られない分、増える。

2人ではなく、4人なら、もっと安くなるらしい。

と、言う事で、1日伸ばし人待ちをした。

宿泊費と夕食代は、出してくれたので悪い話しではない。


その日のうちに、イタリア人の男性マリオと、

イギリス人の女性メアリーが加わって、4人のツアーになる。

雇わないつもりだったポーターも雇えて、安心。


なんだか、デコボコの5人だけれど、6日間頑張ろう。

アレックスの、お兄さんも、ガイドで、少し日本ができる。

彼は、お兄さんに、負けじと、頑張っているようだ。

だって、赤ちゃんが産まれたばかりだもの。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月25日(火)

エンジェル フォール

テーマ:ベネズエラ
2005年10月24日(月)

世界一高い滝、エンジェル フォール

テーマ:ベネズエラ
なんだかんだ、言っても、
やはりエンジェル フォールは、凄い。
なんと言っても、世界一高いんだもの。
落ちてくる水が、煙りのように舞い上がったりしている。
風が吹くと、カーテンのように滝がゆったりと揺れているのがわかる。
enzeru2
何時間でも、眺めていられそうだ。

滝坪では、泳げる。
enzeru4
マイナスイオンが、いっぱいで、
文句を言っていたツアーのメンバーも、リラックス。
enzeru9

ん~。
こういう場所のツアー会社やガイドは、
少々手抜きをしたところで、
最後に、こういう凄いのを見せれば、
結局は、皆満足して、あまり文句が出ないのかも。
楽してるなぁ。

この日は、エンジェル フォールの見える
カパメント(キャンプ場)で、宿泊。
もちろん、ハンモック。
enzeru8

なかなか快適。


夜になるとホタルが飛び、満天の星が、凄くきれいだ。


満月の日なら、エンジェル フォールも見えるかもしれない。


なんだか、歯車が狂った感じだったベネズエラだけど、


エンジェル フォールでは、スカッと晴れて良かった。


気分爽快だ。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年10月24日(月)

セスナ機、壊れる

テーマ:ベネズエラ

やはり、何だか変だ。

エンジェル フォールのツアーは、

7時半に代理店に行き、朝食後、

飛行場に向かいカナイマに向かう予定だ。

だが、セスナ機に乗ったのは、10時。


しかも、このセスナが壊れた。

故障でなく壊れた。

窓の取っ手が、ポキッと取れたのだ。

こんなのってあり?

30分後、

取っ手が取れたまま、窓が丸ごと固定されて、

セスナは飛んだ。


大丈夫なのかベネズエラ。


話しによると、カナイマまでのセスナは今まで一度も落ちた事は無いらしい。


一緒に乗っていた、キャーキャーうるさい


スペインから来た女の子達3人も、


さすがにひきつっていた。

enzeru


なんとか、無事にカナイマに着く。

ツアーはすぐに始まらず、ひたすら待つ。

結局ツアーが始まったのは、3時半。


ボートでカナイマのラグーナの滝を周り、

中州の島をトレッキング。

滝の裏側を歩いたりして、なかなか楽しい。


しかし、出発が遅いので、直ぐに日が暮れてしまい、

濡れた体でのボート移動は、つらい。

宿泊するカパメント(キャンプ場)に着いたのは、

日が落ちて真っ暗の7時頃。


enzeru3

料金は昨年の倍になっているけど、

サービスは変わらないらしい。


なんだか変だベネズエラ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月23日(日)

シウダードボリバール

テーマ:ベネズエラ
世界一高い滝、エンジェル フォール。
起点になる街が、シウダードボリバールだ。
私たちは、どうやら、
ベネズエラとは性が合わないらしい
カラカスからのバスは、途中で故障。
まったく動かなくなり、他のバスに乗り換える。
通常9時間ほどで着くところが、13時間ほどかかった。
ドイツ人経営の安宿は、2時間ほど前に21人の団体が来て、満員。
近くのユースホステルは、Wの部屋で35USドル。
アチャ~。
何で、ここがユースなのか分からない金額。
シウダードボリバールからのエンジェル フォールのツアーは、
1年前の金額から倍に値上がっていた。
なぜか、歯車が、合わない感じだ。
ベネズエラと私たち。
しかし、エンジェル フォールツアーに申し込む。
2泊3日で230USドル。
さすがに、セスナを使うから高い。
夕方、街で日本に18年間暮らしていた、
おやじアレキサンドラに合う。
siuda
ビールやコーラをおごってもらう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月22日(土)

極上の島2

テーマ:ベネズエラ
とにかく美しい。
rosu5
カリブの島々とは、こういう島々のことなんだ。
白い砂浜、珊瑚礁、色とりどりの魚達、
いくつもの青が微妙に混ざり合う海。
飛び交うペリカン。
rosu3
それ意外は、何も無い。
そう、それ意外は何も無い。

キャンプに必要な、トイレ、水、シャワーもない。
そして、私たちには、火気がない。
カラカスでは日曜日で、何も揃えられず、
ポリスにカツアゲされ、ムカついて
「島に行けば、なんとかなるさ」って、
月曜日に来ちゃった。そして、なんともならなかった。

結局、金を、かけました。

そして、1週間の予定が3泊になりました。
甘かったね。
貰いものの、テントで、なんとかしようって、気合いが足りませんでした。
(ごめんねコウキ君テントありがとう)
もしも、また、
ロス ロケスの島々に来ることがあるのなら。
まずは、腐るほどの金を持って来よう。
多分、使え切れないだろう。
rosu
そして、腐るほど金がなかったら、
腐るほどの炭とバーベキューセットと、
いっぱいの野菜と果物を持って来よう。
飛行機の超過料金なんか、いくらでも払おう。
rosu

そして無人島に行って、何日もキャンプしようと思う。

こんなに、極上の島々だとは思わなかったよ。
rosu2
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月22日(土)

極上の島

テーマ:ベネズエラ

まるで天国のような島があると、

コロンビアのカルタへナで一緒だったコウキ君からの情報。

「行かなくっちゃ!」

っていうことで、行ってきました。

ロス・ロケス

まさしく、そこは天国のよう。

極上の島々でした。


最初はキャンプをするつもりだったのだけど、

定員15人のセスナ機で、何故かテントをロストバケージ。

何故?

次の飛行機か、明日の飛行機で来るというが、

心配なので、ホテルにチェックイン。

一人32ドルと高い。


しかし、海はきれいだ。

ここで、写真をアップできないのが辛い。

何故だか、ここのインターネットカフェでは、受け付けてくれない。

写真は、またの機会に・・・


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年10月21日(金)

なんなんだ、ベネズエラ!!

テーマ:ベネズエラ

ひとことで言って、ベネズエラむかつきました。


自然は素晴らしいよ。

凄いよ。

本当に。


しかし、ベネズエラの人が嫌いだ。

権力主義だ。


まず、入国当日に、ポリスにカツアゲされました。

容疑はパスポート不携帯。

「すぐそこのホテルにある」

と、言っているのに聞いちゃくれない。

「金を払えば、問題無し」

ようするに、金欲しさに旅行者にいちゃもんををつけている。

パスポートを持っていたダンナも、

なんだか、イミグレのスタンプが問題だとか?

よくわからん。

で、護送車に30分ほど監禁され、15ドルほど金を取られた。


また、移動中のバスでも、1時間おきくらいにポリスチェックがある。

しかも、外国人だけが必要以上に調べられる。

まるで、戦争中のようだ。

共産圏でもないのに。

荷物検査で、お金を抜かれることも、しばしばあるとか?

さらに、お金を見せると、先のチェックポイントに、連絡が行き、

「金を何処で作ったんだ?」「何に使うんだ?」

と、同じようなチェックが続くらしい。

そして、スキを見せると、お金を取られるらしい。


あと、バスターミナルのインフォメーションで、

質問をすると、お金がかかる 。

こんなの聞いたことないぞ。

って、言い出したらベネズエラきりがありません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。