元看護師で離婚経験者である横浜のシングルマザー離婚・不倫専門行政書士「安富ゆきえ」のブログです。離婚・不倫問題に悩んだらお気軽にお電話、メールください。あなたの立場に立って本気でサポートをお約束します。離婚経験者でカウンセラー資格をもつ側面と行政書士という法的側面の法律と心理面の両側面から心のケアと法律知識のサポートをしております。

初回の電話、メール相談は無料です。


後悔しない離婚・不倫の解決を支援します。些細なことでも結構です。お気軽にご連絡くださいね。

※申し訳ございませんがブログメッセージからのご相談は一切お受けしておりません。下記のご相談フォームをご利用ください。

ご相談は今すぐこちらから 電話045-232-4491

PCからのメール相談はこちら⇒メール相談

携帯からのメール相談はこちら⇒メール相談


●離婚・不倫問題のご相談

離婚不倫問題相談センター

●不倫等の慰謝料請求のご相談

慰謝料請求サポートセンター

●後悔しない離婚協議書・公正証書の作成

離婚協議書・公正証書作成センター

●男性向け離婚・不倫相談

男性の離婚・不倫相談室 



☆行政書士のための開業・業務支援サポートをしています。

こちらをクリック⇒行政書士開業・業務支援センター




★ビジネスマッチング異業種交流会のご案内★
私「安富ゆきえ」が主催者として開催しているビジネスマッチング交流会です。

詳しいご案内はこちら横浜 ビジネスマッチング交流会

※ブログ読者様参加特典 「ブログ見ました」500円off






★ツイッターをはじめました!(yukie_gyosei)フォロー大歓迎です★
http://twitter.com/yukie_gyosei



講演・マスコミ出演等



2016年7月

フジテレビ情報番組「ユアタイム」で不倫の慰謝料についてコメントをしています。



画像の説明
2012年6月12日
週刊SPA『高島政伸と美元の離婚記事』に年間1000件の
離婚相談 を受ける行政書士安富ゆきえとしてコメントしています。
離婚相談
2013年2月
東海テレビ「ピースのストレスキュー」に離婚・不倫行政書士として出演しました。

2011年12月
TBSテレビ「有田とマツコの男と女」に離婚・不倫相談センター所長として出演しました。

2010年1月31日
「行政書士」という資格を持っている可能性とは
セミナー講師として参加いたしました。

2009年10月
神奈川行政書士会新人研修「離婚業務」の講師を行いました。

2009年
資格の学校「LEC」にて行政書士合格体験の講師として参加しました。


アメブロランキング1位を獲得しました!





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:不倫と慰謝料
2016-08-10 17:07:54

不倫の慰謝料請求ってした方がいい?誓約書の作成は必要?

法的側面と心理的側面からあなたをサポートするカウンセラー資格を持つ離婚・不倫問題専門行政書士安富ゆきえです。


夫や妻に不倫されてしまった場合で離婚されずに復縁をされる選択をされた方が、夫や妻の不倫相手に慰謝料請求ができることや、今後不倫関係が再び起こらないように誓約書を作ることができることなど知って当事務所にご相談に来られる方は多くいらっしゃいます。


しかし、本当に慰謝料請求したほうがいいの?


誓約書って書かせた方がいいの?


という迷いが多く聞かれます。


どのような答えをさせていただくかというと


・あなたがその行動によって、新しい一歩を踏み出せる


・気持ちに区切りがつけることができる


ことができるのであればした方が良いという答えです。


慰謝料請求や示談書がゴールではありません。


この先のあなたと幸せに必要なものと判断できればした方がいいと思います。



これは私の話ですが、9年間の結婚生活の末、離婚となりました。


その結婚生活の中で夫に不倫をされたことがありました

(結婚2年目に入った頃だと思います・・)


相手の女性にも会い、話をし、この時は離婚に至らずに結婚生活を続けることとなりました。


ただ、どうしてもこのことが頭の中を度々よぎり


「どうして私だけこんな苦しみをもち続ける必要があるのか」


という考えが長期間に渡って出てしまっていました。


また、結婚生活を継続すると夫婦で決定し、生活をしていく中でもしかしたら不倫関係が継続しているのではないかと疑い、不安になり、苦しい日々を過ごしました。


当時20代前半だった私は慰謝料請求できることも知らず、それを知った時には「知った時から3年」の消滅時効がきていました。


慰謝料請求ができることを知った時に思ったことは、あの時に慰謝料請求をして、もう二度と不倫関係にならないという内容の入った示談書や誓約書などを書いてもらっていたら少しは疑い不安になる心も緩和されていたのではないかということです。


また、お金が欲しいということではなく、相手の女性が慰謝料を払うことで、自身の心も一旦区切りをつけることができ、再スタートがきれたのではないかと強く感じました。


そしてもしかしたらあの問題をあの時に解決していれば離婚に至らなかった可能性もあるということ。

どうしても割り切れない気持ちがずっとあったのが私自身正直なところです。


私は、そのような経験からも、慰謝料請求や誓約書が自身の新たな区切りとなるのであればした方がいいとアドバイスさせていただきます。





してはいけないことをしてしまった相手に、


精神的苦痛を受けたので慰謝料を払ってください。」


と主張するのはあなたの権利だけでなく心も守ることになることになると考えます。


このまま泣き寝入りすることで人を傷つけた相手が何も罰なくこれからも普段通りに生活を続け、そしてまた同じ過ちを繰り返す可能性があるということは事実です。


ただし


慰謝料請求したからと言って配偶者の不倫相手が反省するとも限りません。


誓約書を書いてもらったから絶対に再度不倫したいとも限りません。


ただ、慰謝料請求されることで「罰をうけた痛み」は覚えてるでしょう。


それが不倫相手の今後の抑止力にもなると考えます。


それらを踏まえて

「あなた自身の気持ちが慰謝料請求することで前向きにいい方向にすすむか」


自分自身に問いかけてみませんか?












※当事務所では、法律問題だけでは、解決しないような問題に対し、更なるサポートができるように心理カウンセラーの資格を取得し、カウンセリング部門も開設いたしました。






「不倫の慰謝料請求」に向けてのご相談・サポートは下記へどうぞ。

問題解決にむけて精一杯のサポートをお約束します。




初回メール相談はこちらをクリック ↓(PC)

メール相談




初回メール相談はこちらをクリック ↓(携帯)



●離婚・不倫問題のご相談はこちら


離婚不倫問題相談センター



●不倫等の慰謝料請求のご相談はこちら


慰謝料請求サポートセンター



●後悔しない離婚協議書・公正証書の作成のご相談はこちら


離婚協議書・公正証書作成センター




●男性向け離婚・不倫相談はこちら


男性の離婚・不倫相談室 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:「安富ゆきえ」離婚ついての考え
2016-08-08 08:29:40

私が離婚・不倫行政書士になったいきさつとカウンセリングを始めた訳

法的側面と心理的側面からあなたをサポートするカウンセラー資格を持つ離婚・不倫問題専門行政書士安富ゆきえです。


今回は私のことについて少し知ってもらいたく記事にしました。


私が7年前に離婚・不倫行政書士として開業したいきさつと、当事務所がカウンセリング部門を開設した理由についての記事です。


HPなどのプロフィールには多少載せているのとダブっている部分もありますのと私事ばかりですがご容赦ください。


------------------------------------------

私は9年前、二人の幼子を抱えながら、解決できない大きな夫婦問題を抱え、離婚という選択をしました。離婚問題で散々争いの日々でした。
毎晩一人で、子の幼子をどう育てていったらいいのか、この先どう生きていけばいいのか、不安で眠れない夜を過ごしました。
私の実家は古風な家柄で、両親に相談しても、「それはお前のエゴだ。我慢しろ」としか言われず、だれにも相談できないでただ時間ばかりが過ぎていきました。
一人きりの時間は不安を呼び、毎日、睡眠薬なしでは眠れないほどになりました。
唯一、頼れるのはネットの情報だけでした。そこで見つけたのが安価で相談に乗ってくれる行政書士でした。
しかし、事務的に処理する法律家の話は、私の不安を取り除くことは全くできませんでした。結果、泥沼のような争いの末、調停により何とか親権を勝ち取り、離婚に至りました。

ただし、準備もなく迎えた離婚はゴールではなく新たな苦難のスタートでもありました。
正直、生きていくことが辛いと思うくらいの不倫問題の経験もしました。


今振り返ると法律的な知識もなく、損をしたことも山のようにありました。

どのように問題と向き合い、乗り越えていいか分からず、ただただ不安が増し、苦しんで苦しんで、遠回りの末、ようやく乗り越えたものでした。


この離婚等の大きな困難を乗り越え、自分の人生を振り返ると、この苦難はどういう意味があったのかを深く考えさせられました。自分のこの経験を生かすためには、自分も法律の知識を持ち、同じような苦しみの中で悩む人たちの傍らにいてあげることではないかと思いました。

生活のために看護師を続けながら、勉強を重ね、行政書士資格を取得しました。
それからは懸命に離婚・不倫問題の知識を身に着け、数多くの相談者と面談を重ねました。


私と同じ道を通らぬよう、最良の道を模索する中で、法律だけでは越えられない目に見えない壁があることを痛感することが多くありました。
「法律上の解決と、心の解決はイコールではない。」
そう気づき、心理カウンセラー資格を取得し、本格的に男女問題のカウンセリング・コーチングを学び現在に至ります。

「法的に完璧な書類を作れば解決をする」
「希望の慰謝料がもらえれば解決する」
そう思って法律的な結果が出てもそれだけで本当の解決できないことも多くあります。
心も含めた本当の解決が必要だと私自身、身を以て体験しております。


現在私がさせていただいている離婚・不倫カウンセリング、コーチングでは潜在意識への働きかけ、心理分析、コミュニケーションアドバイスをトータルにサポートします。苦しみを解消するという目先のことだけでなく、自身の幸せを自身で確立できるようなカウンセリングをしております。


お陰様で沢山のご相談者様が目の前の問題解決だけでなく、なぜ離婚不倫問題が自身の身に起こったのか、それを踏まえ根本的な解決を見つけ出し、自分自身が自信を持って幸せといえるような変化を目の当たりにしております。


自分自身の離婚問題解決の時は遠回りしてしまいましたが、このような問題については時には誰かの力を借りることも必要ですそれが解決の一番の近道なのではないでしょうか。






※当事務所では、法律問題だけでは、解決しないような問題に対し、更なるサポートができるように心理カウンセラーの資格を取得し、カウンセリング部門も開設いたしました。




「円満離婚」に向けてのご相談・サポートは下記へどうぞ。

問題解決にむけて精一杯のサポートをお約束します。




初回メール相談はこちらをクリック ↓(PC)

メール相談




初回メール相談はこちらをクリック ↓(携帯)



●離婚・不倫問題のご相談はこちら


離婚不倫問題相談センター



●不倫等の慰謝料請求のご相談はこちら


慰謝料請求サポートセンター



●後悔しない離婚協議書・公正証書の作成のご相談はこちら


離婚協議書・公正証書作成センター




●男性向け離婚・不倫相談はこちら


男性の離婚・不倫相談室 






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:離婚相談室
2016-08-05 19:11:40

「円満離婚」することは可能です~自分の心と向き合うことの大切さ~

法的側面と心理的側面からあなたをサポートするカウンセラー資格を持つ離婚・不倫問題専門行政書士安富ゆきえです。


今回は「円満離婚」についてです。


本日、TOKIOの山口達也さんが離婚届を提出して会見を行いました。


8年の交際を経て8年間の結婚生活を終えられたようですね。


「まれにみる円満離婚」とまで言われていますが、通常、離婚は憎しみや争いがつきもののイメージがありますね。


私のクライアントの方で、既にご夫婦間で離婚を決め、決定事項について離婚協議書の作成や公正証書の作成のみをお受けしてきたご夫婦や、争いに争って心底憎み合っている状態になってしまっているご夫婦で「円満離婚」というのは、実際問題多くはありません。



正直なお話、私も「円満離婚」ではありません。


今でしたらもっと良い離婚ができたと思うのですが、


「全く円満ではない離婚」を自分が体験し、苦しんで、辛い思いを充分し、後悔もしましたので、このような思いをする人を一人でも減らしたいという思いから後悔しない離婚のサポートをする道を選べた訳なので私の「円満ではない離婚」は良い結果となったのですが、あなたは「全く円満ではない離婚」を選びたくはないと思いますし、お勧めしません。



当事務所で、離婚をするための準備からサポートさせていただいたご夫婦での「円満離婚」は充分可能と自信を持って言えます。


・・・ということで円満離婚は可能です。


しかし、「円満離婚」には準備が必要です。


離婚は経済的にも肉体的にも精神的にもダメージとなることが多いのでできるだけトラブルが少ない状態でできることが理想です。


またお子様がいらっしゃる場合は、離婚しても父親と母親であることは変わりませんので離婚後も連絡を取ることもあるでしょうし、お子様のことを考えてもできるだけ円満に離婚できることに越したことはありません。



どのようなケースでも「円満離婚」を目指すのであれば感情的な争いをできるだけ少なくできることが大切になります。


・きちんと誠意をもって冷静に話し合いを重ねていくこと


・焦らないこと


・感情的に争わないこと


人は、自分自身が選択をし、納得し、選ぶできることができれば円満に解決することができます。


これを他人が決めてしまったり、相手が強引に決めようとたりすれば納得ができずに争いになってしまいます。


離婚することを決めたからこそ、相手と誠実に向き合って話し合いをする、相手の気持ちを考えてみる、そういうことが大切になってくるのです。


当方では離婚のお手伝いをさせていただく場合はご夫婦双方の気持ちをしっかり聞き、寄り添い、解決方法を考えていきます。


押しつけも批判もしません。時間をかけて


「しっかりと双方の気持ちも含め想いをきくこと」


それだけでご本人それぞれが自身の思いや感情に気づき、誤解のない話し合いができることで、円満に解決できることが多いのです。



そのために先ずはご自身と向き合ってみてください。


そもそもなぜ離婚で揉めるのでしょう?


「旦那が~だから」


「妻が~だったから」


「相手が憎い、恨んでいる」


相手がこうだったからという相手基準になっているのです。



「自身は本当はどうしたいのか」


「どんな気持ちを持っているのか」


揉めない離婚に必要なものは


『自分で自分を幸せにすることができること』


養育費や慰謝料等もちろん必要な権利は主張することは大切です。


しかし、離婚後に(金銭面も含めて)相手に依存しすぎることや少しでも相手にダメージを与えてやろう、苦しめてやろう、相手から詐取しよう、等の気持ちはあなた自身の幸せにはつながらないことを知っておきましょう。



先ずはご自身とじっくり向き合ってみること、相手を責める前に自身の本当の思いに気づき、それを誠実に伝えることが「円満離婚」糸口となります。



まずはご自身の心と向き合ってみること


してみてくださいね。




※当事務所では、法律問題だけでは、解決しないような問題に対し、更なるサポートができるように心理カウンセラーの資格を取得し、カウンセリング部門も開設いたしました。



「円満離婚」に向けてのご相談・サポートは下記へどうぞ。

問題解決にむけて精一杯のサポートをお約束します。




初回メール相談はこちらをクリック ↓(PC)

メール相談




初回メール相談はこちらをクリック ↓(携帯)






●離婚・不倫問題のご相談はこちら


離婚不倫問題相談センター






●不倫等の慰謝料請求のご相談はこちら


慰謝料請求サポートセンター






●後悔しない離婚協議書・公正証書の作成のご相談はこちら


離婚協議書・公正証書作成センター





●男性向け離婚・不倫相談はこちら


男性の離婚・不倫相談室 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。