2015年09月18日(金)

「世論」は「国会」に通じていないのか!

テーマ:安竹の考え方
参議院の安全保障法案特別委員会の議事進行は神聖な議場を汚すものとなった。

今国会で是が非でも安保法案を可決したかった自民党・公明党の与党が、国民の反対運動の盛り上がりを警戒して4連休前に可決成立させたかったのだろう。

70年前の太平洋戦争に突入した時も、おそらく一握りの政治家と軍曹たちが仕切ったに違いあるまい。当時こそ「戦争反対の声」をあげることは命がけだった社会だった。

与謝野晶子の「君死に給うことなかかれ・・・!」は敗戦国となって平和な社会の中で多くの国民に訴えたものだ。命の大切さを誰もが噛みしめた。

さて、小学生や中学生の子供たちの暴力が増加していると言う。心の動揺の加減が解らなくなってきているのだろう。学校の先生たちはクラスの運営に苦労しているだろうと推測するのですが、「暴力的な国会運営」を子ども達もおそらく茶の間で家族と一緒に見たであろう。

あの暴力沙汰の国会運営を、子ども達にどう説明付けるのか。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yasutakeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。