2015年09月13日(日)

鬼怒川の堤防決壊、常総市の悲劇!

テーマ:安竹の考え方

台風18号が連れてきて茨城県や栃木県を又にかけて置いていった「線状降水帯」は未曾有の量の雨を鬼怒川流域に降らせた。あの降水帯が静岡県域に居座ったとしたら、とんでもない水害が安倍川本流と多くの支流の流域を襲ったに違いない。

松尾芭蕉が奥の細道で「五月雨を集めて速し最上川」と詠っている。平常時の川の流れは良いものです。森の奥から幸せを運んでくれているからだろう。

日常は清い川の流れに豊かさを感じ、土手(堤防)は緑に覆われて可愛い山野草を愛でて幸せを感じて、周辺住民は暮らしていたはずである。

地域住民が信頼していたその堤防が決壊し、数時間の間に都市化が進む農村地帯を汚泥濁流で壊滅させてしまった。

私は「静岡市水防演習」を思い出した。地域で活躍する水防団員が身近にある竹や木材を使って堤防決壊を未然に防ぐ作法・技法を披露した場面が鮮明に思い出された。頼もしい限りである。

TVで放映された鬼怒川の堰堤の決壊状況を見たときに、、その画面には水防団や堤防管理者の姿は見られなかった恒常的に無防備な体制だったのだろうか。

行政の避難指示の遅延があったのか!国・県の堤防の改修事業は完璧だったのか!
災害発生の度に問われる災害発生の要因(原因)究明の実態である。

それにしても『こんなところで死んでたまるか!』と必死になって屋根にしがみ付き、電柱にしがみ付き、塀にしがみ付いて「九死に一生を得た」住民の声に人生を励まされる思いである。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yasutakeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。