1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月30日(火)

田辺市長の脳の味噌?

テーマ:安竹の考え方

桜が丘病院の移転先選定が急がれている。

 独立行政法人地域医療機能推進機構(東京)に対して、「桜ケ丘公園地区」と津波浸水区域に指定されている「静岡清水庁舎」の二者選択だと言う。

 津波が来たら医療機能が破壊される場所に病院を建てるはずがない!と考えるのが凡人ではないか。普通の人間だったら「病院だからこそ安全な場所に建設すべきだ・・・」と考えるだろう。

 市民の安心安全を司る市政運営のトップである田辺市長が、未だに候補地二個所を提示して『先方の選択に任す』とは何事か・・・!と私は思うのだが。

 

 人間の脳の味噌が十分に機能しない時とは、寝不足か!二日酔いか!

いや、あっちこっちの顔色ばかり気にしてノイローゼか!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日)

東燃の火力発電計画に「縮小見直し」?

テーマ:議員活動報告

 デマではないと思うが、ある関係者から「東燃が当初公表した三基の発電所を二基にする」と言うのだ。

 170万Kwの発電を110万Kwに縮小するというのだ。市民が反対してうるさいから!当面は二基建設することにして、稼働して数年たって清水市民がCO2に馴れた?ころに、もう一基増やせば良いと考えているのではとの憶測も聞こえてきた。

 地球温暖化防止の旗のもとに「ダメなものはダメなんだ」と、”清水駅周辺の住民たちの生活環境汚染や、世界遺産三保松原や美しい港を活かした観光産業へのダメージを訴える”建設反対運動はさらに強くなるだろう。

 静岡市の市議会選挙があと半年余りに近づいているから、有権者(特に建設反対、建設疑問)の投票行動には「慎重選択」が見られるかも知れません(そんな話も聞こえてきます)。

 すでに、静岡市の議員への意識調査(アンケート調査)を、会派丸ごと拒否したという話や、清水区の連合自治会が「火力発電所建設反対の市民活動」を妨害しているのではないかといった情報もある。

 さらに二年後には市長選挙もあるから、もしも強引に火力発電所建設が始まれば市長選挙も穏やかには収まらないだろう。

とにかくなぜ東燃が三基を二基に縮小するのか、その理由をお聞きしたいものである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日)

古式豊かな、諏訪神社の神輿渡し

テーマ:はじめまして

DSC_2726.JPG

26日、27日の二日間にわたって田代諏訪神社の大祭があった。

私たち氏子たちは25日のしめ縄づくりや参道(古道)整備・清掃などあわただしい。四年に一度の神輿渡しは厳粛に古式に添って展開された。

私は氏子総代の役で白装束(白袴)で行列に毎度参加するのです。静岡新聞の記事には神輿渡しの先を歩く天狗様と補佐誘導する氏子の姿が映っている。天狗様の後には弊串やお宝(槍や刀など模擬)を持った参拝者が列を作って就いて行き、その後に神輿に乗った「御神体」が続くのです。

笛・太鼓も賑々しく、神輿渡しが挙行されましたが。氏子衆が少なくなった分は地域の事業所の協力を仰いで、神輿の担ぎ手、笛吹き者など支援していただいた。

滝浪宏文宮司が精力的にお勤めいただき、古式保存にも気配り下さいますので、私たち氏子は感謝しておりますが、氏子の減少は部落にとって大きな課題です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月26日(金)

鎮守の森、諏訪神社のまつり!

テーマ:地元井川について
四年に一度の神輿がかつぎ出される大祭です。田代の里に800年ほど前に建立された諏訪神社は今でも古式にのっとりまつりごとが為されます。羽織袴に白足袋、笛と太鼓がにぎやかです。
ご多分に漏れず人口減少で若者も少なく、神輿渡しに必要な若い衆を集めることが課題でした。
地域の事業所に協力を求めて担ぎ手を確保したり、まちに出て生活している若い衆に協力を求めて、かえって賑やかな神輿渡しに盛り上がりました。
古き文化を継承するためには、時代の崇せいに従うか覚悟が必要だと、教えられ素晴らしい大祭でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月26日(金)

鎮守の森、諏訪神社のまつり!

テーマ:地元井川について
四年に一度の神輿がかつぎ出される大祭です。田代の里に800年ほど前に建立された諏訪神社は今でも古式にのっとりまつりごとが為されます。羽織袴に白足袋、笛と太鼓がにぎやかです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日(木)

石狩市のスマートエネルギーコミュニティ構想

テーマ:議員活動報告
石狩市の港湾地区はLNG火力発電所建設計画に伴う地域振興策を官民一体で模索しています。
清水区の折戸湾地区に大型火力発電所建設計画が進行中です。清水駅から400mの近距離の工業区域に東燃エネルギー会社が所有する石油備蓄基地に170万kwの大型火力発電所は静岡市が排出しているco2の70!%と言う大量で、世界的なco2削減政策に逆行するもので恥ずかしいことです。
清水駅周辺は人口密集地域であり、インバウンドで大型客船の誘致で観光客で賑わうまちづくりが台無しになります!!
世界文化遺産に指定された三保松原の目と鼻の先に建設される火力発電所には高さ60mの煙突が3本そびえます!
清水市民の環境意識のレベルが問われます!石狩市のエネルギーコミュニティ構想は、電力と蒸気と温熱を工場や公共施設や市民の暮らしに如何に役立てるかを探求しています。
目先の経済効果にだまされないで
「火力発電所建設に絶対反対すべきだと」思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日(木)

石狩市のスマートエネルギーコミュニティ構想

テーマ:議員活動報告
石狩市の港湾地区はLNG火力発電所建設計画に伴う地域振興策を官民一体で模索しています。
清水区の折戸湾地区に大型火力発電所建設計画が進行中です。清水駅から400mの近距離の工業区域に東燃エネルギー会社が所有する石油備蓄基地に170万kwの大型火力発電所は静岡市が排出しているco2の70!%と言う大量で、世界的なco2削減政策に逆行するもので恥ずかしいことです。
清水駅周辺は人口密集地域であり、インバウンドで大型客船の誘致で観光客で賑わうまちづくりが台無しになります!!
世界文化遺産に指定された三保松原の目と鼻の先に建設される火力発電所には高さ60mの煙突が3本そびえます!
清水市民の環境意識のレベルが問われます!石狩市のエネルギーコミュニティ構想は、電力と蒸気と温熱を工場や公共施設や市民の暮らしに如何に役立てるかを探求しています。
目先の経済効果にだまされないで
「火力発電所建設に絶対反対すべきだと」思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日(木)

石狩市のスマートエネルギーコミュニティ構想

テーマ:議員活動報告
石狩市の港湾地区はLNG火力発電所建設計画に伴う地域振興策を官民一体で模索しています。
清水区の折戸湾地区に大型火力発電所建設計画が進行中です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月24日(水)

井川てしゃまんく音楽祭、27日

テーマ:地元井川について
井川地域も下駄文に漏れず人口減少で500余りの住民が寄り添って暮らしています。南アルプス周辺の10市町村がユネスコエコパークに登録されて2年経過し、それぞれの自治体が地域の特性や歴史文化を活かした地域おこしを模索して、人口減少に歯止めを掛けようと努力しています。
井川地域に「地域おこし協力隊員」が今年度派遣されましたが、隊員の柴田健一さんが中心になって企画した音楽祭が準備進行中です。
ジャズやハワイアン、ブルースなど集結して、井川ビジターセンターを会場として開催されます。
大人4000円、中学生以下無料、問い合わせ柴田さん、090*6334*8566
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月24日(水)

サッポロ・サタデースクールに学ぶ(市民環境教育委員会の視察報告)

テーマ:議員活動報告

札幌市教育委員会・生涯学習推進課は、新たな学びの場として土曜日を活用した「サッポロ・サタデースクール事業」を実施しております。実施要領(事業目的)では、子供たちにとってより豊かで有意義な土曜日の実現と、地域教育力の向上を掲げています。

地域と学校が支え合う仕組みづくりとして、

①保護者・地域や企業の多様な人材を確保しやすい土曜日を活用する

②地域全体で子供を育てる環境を醸成することで、子供たちの地域への愛着を育み地域づくりの担い手を育成する

 

事業内容は、学校と地域で活動する団体・人材等で構成する「運営委員会」を学校ごとに設置している。地域の多様な経験や技能を持つ人材・企業などの豊かな社会資源を活用したプログラムを、土曜日に学校施設などを活用して実施している。

26年度 小学校3校でモデル事業実施

27年度 14校(小学校11校・中学校3校)で事業実施

28年度 24校(小学校19校・中学校5校)で事業実施

年間10回程度を実施しているが、土曜日に限らず日・祭日を活用する事もある。

事業内容には、学習支援タイプ・地域人材活用タイプ・企業連携タイプ・体育振興タイプがある。

学習会の内容を見ると

「学習支援タイプ」では、講師に大学生のボランテァがなっていたり、特異な手芸を持つ保護者がなったり、科学館の職員がなったり、トロンボーン奏者がなったり、助産婦さんが「命の大切さ」の話をしている。

「地域人材活用タイプ」では、琴や長刀の教育、パナソニック(株)の社員がエコと太陽光発電の話をし、NTTドコモの社員は携帯電話の仕組みについて話をしている。

「体育振興タイプ」では、カーリング選手がカーリングについて、あるサッカー部のコーチが個性豊かな選手について語っている。

 

運営関係者の声:

・地域や保護者の力を借りることで、学校の事業では出来ないことを子供たちが体験できる。

・地域の教育力、子供の企画発想力、コミュニケーション能力、社会性など学校とは違った面で子供たちを育てていける。

・子供と地域がつながった、つながりを実感できた。

・子供たちがたくさん集まる、土曜日に子供たちの居場所ができた。そこで頭を使う心を使う。それがサタデースクールだ。

・地域と学校がお互いに尊重し合うという視点を大切にしている。

参加者の声:

・お母さんが大切に産んでくれたことが解った。

・スタート・ダッシュの方法を学び速く走れるようになった。

・家ではやる気が出ないが、サマースクールに参加して勉強をやる気になった。

・世界のいろいろなことが知れて良かった。

・他の学年と交流ができて良かった。

・テレビゲームではなく、昔の遊びに触れられてよかった。

 

考 察:

サッポロ・サタデースクールは、大人の立場に立っても興味が湧いてくる話題抽出と指導者選定に心掛けていることに感心させられました。子供たちが、学校教育だけでなく地域の人々や森や川などの自然や、商店や企業の繁栄の中で育っていることを知るチャンスでもあります。

学習講師に地域の商店や事業所、学校や病院、図書館、公園や森林や河川などと関わりを持つ人材を活用する事で、子供達にとって地域社会への関心が深まることは大切な「成長プロセス」だと認識を新たにしました。

家庭における父母と子供の話題の中に「積極的に地域と連携する心」や「ボランテァ活動へ参加」と言った、地域と関わりを持とうとする意欲が育まれる効果があると感じました。

少子高齢化社会の中で、静岡市の人口減少問題は深刻です。短期決着の妙案はありません。「今の子供たちに託するものは何か」を考える大切な時局です。

併せて重要なことは「人づくり」だと考えます。

静岡市の将来を託す子どもたちに、本市が創造して蓄積した多くの財産「山間地の森や川と林業、都市部の文化集積(音楽館・美術館・科学館など)と商工業、駿河湾の海洋産業など」と子供の頃から関わり合い持たせる教育が大切だと、改めて認識致しました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。