生き物たちの季節

テーマ:

生き物たちが活発に動き回る季節がやってきました!


先日、みかんの木の上で剪定作業(込み入った枝を切る作業)していると可愛いアイツと目が合いました。
思わず携帯で撮影。何度見ても癒されるなあ~。



安武みかん園の日常


その翌日、数本離れたみかんの木の上に憎っくきアイツを発見!!そう、ヘビです。
癒しのカエル君もおそらく食べられてしまったと思われます・・・
木の上で作業中にはち合わせるのはゴメンなので、数分の格闘の末にとどめを刺しました。
合掌。写真は控えさしていただきます。


しかしよく考えるとマムシ以外は特に人間に害を及ぼすわけではありません。
人間(わたくし)のエゴですかねえ・・・

でもヘビだけは・・・

AD

限界集落株式会社

テーマ:

最近フェイスブックばかりに書き込みこちらのブログがかなりおろそかになっておりました。

伯父に「ブログ更新しろ!」と指摘を受けたので久々に更新します。

僕の伯父はこのブログの数少ないファンらしいのです。

ちなみにこの伯父、福岡市東区の香椎にフレンチレストランを40年近く営業しています。

フレンチといっても全然気どっていないお店です。オーソドックスな懐かしの味と、人なつっこいマスター(伯父)

お近くの方はぜひ一度行ってみてください。親戚の僕が言うのもなんですが、かなり素敵なお店です。



レストラン ビストロ

http://r.gnavi.co.jp/f254100/


現在みかん園の作業は剪定作業が終盤にさしかかっています。込み入った樹の枝の除去ですね。

作業的にはブログに書き込むほどの派手さもありません(笑)




なので今回は昨日読み終えた本の紹介でも。



「限界集落株式会社」



作中に既読の農業書で書いてあったことが出てくるなーと思ったら、巻末の参考文献に何冊も名を連ねていました。
農業書を参考にした「もしドラ」みたいな小説といえば伝わりやすいでしょうか。

結構面白くて、ぐいぐいと二日で読み終えました。

農業、地域に対する熱い思いもふつふつと湧き上がってきています。



農業者のみなさん、一読お勧めします。

農業を志す方は必読です




安武みかん園の日常




AD

田村で金、谷でも金、俺も金!

テーマ:

「カネ」ではなく「キン」です。


昨日7/3におこなわれた地元古賀市消防団の「消防ポンプ操法大会」にて
我が11分団は「小型ポンプの部」で見事優勝!昨年に続き2連覇を成し遂げました!
しかも私、不肖・安武は3番員というポジションの優秀選手賞までいただいてしまいました!!



安武みかん園の日常

結構本格的なメダル


都会の方には馴染みは薄いと思いますが、消防署とは別に各地域に消防団という組織が存在します。
本業の仕事を持ちながら、火災等の有事の際には災害現場に駆けつけ消防活動・救助活動をする組織です。
3月の東日本大震災で活動されている様子をテレビでご覧になった方もいらっしゃると思います。

そしてこの消防団は地元で自営業を営んでいるものにとっては避けては通れない道・・・
もちろん農業をやっている私も例外ではありません。


昨日行われた「操法大会」とは、消火活動時ののポンプ操作及びホース展長操作等の正確さ、迅速さを競う大会です。
各分団(ちなみに古賀市には19分団あります)、早いとこでは春先から、遅くとも2ヶ月前から
それぞれの仕事を終わった夜、グランドに集合し連日連夜大会に向けて訓練を行います。
仕事で集合が遅い分団などは深夜の1時すぎまで訓練を行っているところもあります。
みんな自分の仕事をしつつ消防団活動をやってるんですよねえ。
好きでやっているか嫌々やっているかは別にして。


でもこの消防団組織って結構知られてないもんですよね。
福岡市内(距離にして20キロ)の友人も全然しらなかったり、地元でも飲んで騒ぐだけの集団だと思われいたり。
まあ僕自身も東京でサラリーマンやってるときは全然認識なかった世界ですし。


今回の震災で各地域の防災組織の重要性が再認識されています。
ぜひこの機会に消防団活動を知ってもらいたくブログに書かせてもらいました。
行政にも一層の広報活動お願いしたいです。
そして熱意ある若手の入団を心待ちにしています。
そうしないとうちのように人数少ない分団だと僕らがいつまでも引退できませんので(苦笑)

AD

萩の月

テーマ:

ご存知の方は多いと思いますが、僕は大の歴史好き。
歴男と言ってもいいでしょう。
その前にこのブログを多くの人が見ているのかが疑問ですが・・・
マメに更新頑張らねば。


2/22、23と地元直売所の研修旅行がありました。
僕は直売所のの果樹部会長という大役を仰せつかっているのです。
研修旅行の行き先は山口県萩市。
ちなみにタイトルの「萩の月」は杜の都・仙台の銘菓であるのはわかっております。


萩は数々の長州藩の志士たちを生み出した土地!
萩市の観光地図をみると、木戸孝允やら山県有朋やら久坂玄瑞やら伊藤博文やら

井上馨やらの生家や縁の地がそこかしこにあるんですよ!
あがるわ~!


しかし今回は直売所の視察がメインです(涙)
今回唯一の歴史観光の場所はかの松下村塾。
いつかは訪れたいと思っていた場所ですが、その小ささにびっくり!
この狭い一室で、熱い思いで勉学に勤しむ若者たちがいたんだなあと感慨にふけりました。


安武みかん園の日常


あたたかくなったらバイクで個人的に訪れたい場所ですね。
萩の隠れた名所あれば情報をお待ちしております。


ホテルの売店で「月刊 松下村塾」なる雑誌を発見。
月刊にできるほどトピックがあるのだろうか?


安武みかん園の日常

25、26日と熊本日航ホテルで行われたJA九州沖縄地区青年大会に参加してきました。
先月行われた福岡県の大会「青年の主張」の部で優勝し、福岡の代表としての参加です。


結果は・・・

残念ながら優勝を逃し、九州代表にはなれませんでした。
九州代表になられた宮崎代表の方、全国大会では日本一目指して頑張ってきてください。


昨日の結果発表後は、全力を尽くした満足感からかそれほど悔しさを感じなかったのですが、
一晩たって、ふつふつと悔しさが湧き上がってきました(笑)


今回の発表には今の自分の農業に対する思いを全部ぶち込みました。
周りの百姓仲間や福岡の他の青年部組織のあたたかい応援を背中に受け、
気持ちを込めて発表しました。
が、結果はついてきませんでした。
悔しすぎるので自分の中では運のせいにすることにしました(笑)


発表のタイトルは「ライバルはEXILE」。
俺たち若手農業者が農業を若者が憧れる職業にしてみせる!
EXILEじゃなく俺たちに憧れさせてやる!
俺たちの力で就農者を増やし、地域を活性化させてやる!
という熱い想いです!!

ほんとに一人でも多くの若手農業者、就農希望者に聞いて欲しかったから、
全国大会の日比谷公会堂の舞台に本気で立ちたかったんです!
今回は夢と消えましたが・・・


まあ明日からは気持ちを切り替え、発表したことを実現させるために
日々邁進していきますわ。


「みとれよ!主役は俺たい!!」


絶対実現させてNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」が取材にくるくらいになってみせる。

奇跡のリンゴに負けない。

それまで番組続いててください。