ネットで見つけた男女比率1:9の世界

神戸在住40代後半の既男。趣味でエッセイ、小説ぽい文章を書いています。婚活に関する記事が多いです。


テーマ:
ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート1
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-11062881203.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 第1章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12131183041.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 第2章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12133551492.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 第3章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12135872770.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 第4章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12140754555.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 第5章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12143899707.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 第6章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12148662021.html

ネットで見つけた男女比率1:9の世界 パート2 最終章
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12152280430.html


-------------------------------
(関連記事)

135神戸ライブメモリアル
(ネットで見つけた男女比率1:9の世界 原案)
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-12148754674.html

通ってた結婚相談所の変だと思ったルール
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-11255270705.html

小学校から私立に入れる」と言ったお見合い相手の話
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-11237074654.html

嫁とのお見合いの場所は絶対にお見合い場所として選んではいけない所でした。
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-11182300133.html

今の嫁と結婚を決めた条件はことごとく裏切られたの話
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-11162417630.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
母が「(固定)電話代が高い気がする」というので明細を見てやったら、フレッツ光をやってるんです、インターネットもやってないのに。

ネットもやってないのにフレッツ光をやってるのはオプションの光テレビをセールスに勧められたからのようです。明石では普通のアンテナでテレビ大阪が観れないので「テレビ大阪も観れますよ」と言われたとのことです。

(電話代が高いと思ったのは母の勘違いでNTTの明細に光テレビの為に契約したフレッツ光ライトの料金が入っている意識がなかったようです)

「これってさあ、テレビはあくまでもインターネットのおまけ機能やで。インターネットやっててそのついでにテレビ大阪も観たいというならお得なんやが、テレビ大阪だけの為にフレッツ光やるってどうなんやろ?なんだか騙されている気がする」

母曰く、そうやって近所の年寄りがネットもやってないのにフレッツ光をやってるのが多いらしいです。

NTTのカスタマーセンターに電話して「ネットはやってないから安くならないか」と聞いてみましたが、私が思った通りやっぱりテレビはネットのオプション機能で、そういう理由で安くなることはないそうです。

「ネットはやってないけどテレビだけでフレッツ光に入る人って多いんですか」

「はい、そういうお客様も多くいらっしゃいます」

「まあそう言うでしょうね。でもこういう売り方ダメですよ。騙しですよ。この電話で言っても仕方ないので意見として上に上げておいてください」

「・・・。はい、ご意見として今後の参考にさせて頂きます」

それから解約金とか解約手続きの話しを聞いて電話を切りました。

「最近、テレビ大阪観てとらへんから今までのアンテナでエエけどなあ」と母。

「セールスっていかにもNTT本社から来たみたいな感じで信用してまうけど、あれって単なる代理店やからな。押し売りと同じ。ネットをやらないのにフレッツ光ってどう考えてもおかしいと思うのが普通だわ。あいつら押し売りと同じやからそんなこと考えない。今後は大企業の商品であっても信用したらあかんで」

と言っておきました。解約金がかかる期間があるみたいですのでそれが過ぎたら解約手続きをやろうと思います。

(関連記事)
ジェイコムが勧誘に来たけどクーリングオフした話
http://ameblo.jp/yasushi135/entry-11961760346.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このグラフおもしろいね。




女って自分で死ぬことできないのか。

この日本は男が差別されていて女に甘い世界だということがよくわかる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「会話のある夫婦シリーズ」です
俺「この間、結婚するから会社辞めるって言う女の子の送別会があったんよ。俺は欠席したけど」

嫁「寿退社かあ。最近、珍しいねえ」


俺「うん。俺の職場の周りではすごい久しぶり。結婚しても仕事続ける女ばっかだ」
嫁「女は男の仕事に左右されるからなあ。旦那が東京だと辞めてそっち行かなあかんとかあるんちゃう?」

俺「あ、そういうこともあるんか・・・。話してよかったわ。ちょっとは気が晴れた。実はね、その辞める子のことでモヤモヤしとったんよ」

嫁「なんとなく言いたいこと想像つくわ」

俺「『ここまでいっしょに頑張って来たやんか。もうちょっと頑張られへんか?』って思うの。確かにこの会社は地獄。女子供が働くところじゃない。でも、せめて子供が出来るまでは頑張られへんか?って思う。ここんとこ、そのことでイライラしてたんよ。」

嫁「ははは。ヤスさんて、女だからって容赦しないみたいなとこあるね。それが本当の男女平等やけどね」

俺「そうやねん。寿退社とか甘いこと言うてる女、実は内心イラっと来る、口に出さへんけど。男同士だと『女に学はいらん。女は家に引っ込んでろ』とか言うてるわりに、いざ自分の周りで家に引っ込む女いたらイラっと来る。言うてることは男尊女卑で、考え方はフェミニスト。自分でもおかしいんよ」

嫁「最近はその面倒くささがだいぶんわかって来たわ」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ最終章だよ!!
-----------------------------
<最終章>
(前回までのあらすじ)
 結婚の宛てもなく20代を過ごした私。そんな中、偶然にも圧倒的に女性が多い集いの場を見つけそこで初めてお付き合いするようになる女性をものにする。しかし1年半後の33歳にして結局別れてしまい、再び結婚可能性ゼロに陥る。私はスポーツクラブで体を鍛え始め、女性の見る目が急に変わったと感じ始める。しかし何か今後のプランがあるわけでもなく結婚の可能性ゼロであることは変わりなかった。そこで私は最後の手段として結婚相談所にお見合いの世話をしてもらう。しかしお見合いトークが上手くいかない。女性からの申し込みはあるもののいつもお断りは相手から。このままずっとこんなんだろうか。不安を感じつつ毎週のようにお見合いを続ける私であった。(あらすじ長!)
-----------------

「なんだか変な感じになってしまったわ」

 4回目のお見合いは最悪の結果になりました。私が何か軽はずみな発言をしたらしくそのせいで途中から急に雰囲気が悪くなり相手の女性は終始つまらなそうな感じになってしまいました。

 お見合いをした喫茶店を出た後、私は「この先に用がありますので」と言ってすぐに女性と別れました。いつもでしたら駅までいっしょに歩いて駅近くでお別れでしたが今回は歩くのもいやでしたのでその場でさよならしました。

 相手の女性に再び会わないようにする為、暫くは何をするでもなく北野の辺りをうろうろしていましたが季節は夏の8月です。うだるような暑さに耐えられなくなりすぐに女性が向かった駅の方へ降りていくことにしました。

 私は駅までの途中のファミレスに立ち寄りました。

「ああ、ここ懐かしいな」

 それは6年前のことでした。当時私はあるミュージシャンのファンが集うチャットをよくやっていました。私は高校の時からそのミュージシャンのファンでCDは全て揃えていてライブにも何度か行ったことがありました。

 そのファンたちとのチャットを通しての交流は兎に角楽しかった。毎日のようにファンたちとあれこれ話すのを楽しんでおりました。

 チャットで話すようになってから数ヶ月後くらい経った頃だったと思います。いい話がありました。私の地元である神戸でそのミュージシャンのライブがあると言います。チャットは毎日ライブの話で持ちきりでした。

 そんな中、いつもチャットで話していた方が「ライブが始まる前の数時間、いつものチャットのメンバーでちょっとしたお茶会をしませんか」と言い始めました。

 私はその方に「ヤスさん(私のハンドルネーム)は地元だから場所探しをお願いします」と頼まれてしまいました。

 なんだか不思議な感じでした。なんせ私は相手の顔も名前も知らないのです。誰なのかもわからない人たちが集まるお茶会の場所探しをするのです。私は断ろうと思いましたが、チャットの盛り上がり方に押されて、場所探しをやる羽目になりました。

 そこがこのファミレスでした。そしてそのお茶会で私はあることに気付くのです。

(女が多い)

 お茶会は男女比率は3:5の割合で女性の方が多かったと記憶しています。私は気にとめたこともありませんでしたが、そのミュージシャンは女性ファンが多かったのです。お茶会の後、ライブが始まってからの観客は圧倒的に女性が多いと一目でわかりました。

 大学時代、会社入って以来、何もなかった、お商売の女性との出会いしかなかった私に突然、一般女性と気軽に交流できる場が目の前に拡がったのです。

 私は思いました。これは神様がくれたチャンス。結婚できる最大のチャンスだと思いました。そしてそのチャンスを何もかも無にしてしまったのは第1章で書いた通りです。

(あれから6年くらい経ってるのかな?あの頃は本当に楽しかったな・・・。こんなことになるなんて思ってもみなかった。もうええ加減しんどくなってきたわ。このお見合いで終わりしようかな・・・)

「いや、諦めたらアカンわ」

 そして私は結婚相談所に電話しました。

「あのさ、俺だけど、ヤス」

「あら、ヤスさん。今日(お見合いは)どうだった?」

「あかんやろね。ところでさあ、この間、申し込みがあったって見せてくれた、身長162cmだからって断った子なんやけどな」

「はいはい、○○さんね」

「名前は知らんけど、公務員だった?あと国立出てるな?あってる?」

「はい、合ってますよ」

「見合いするわ。段取り頼むわ」

 どんなに辱めを受けようともいいんです。いっぱい恥ずかしい思いして、どんなに無様でもいいんです。これまでの6年間は決して無駄じゃない。最後までやり遂げよう。そう思い直しました。

 そして迎えた次の日曜日、2004年8月22日。私はその女性とお見合いをすることになりました。いつものように事務所に顔合わせをしました。彼女は特に一目ぼれするとかそんなこともなく可もなく不可もなく、真面目そうで将来いい嫁さんになりそうというのが第一印象でした。そしてまたいつものように喫茶店へ移動ということになりました。

「あの、いつも場所は○○○○珈琲ですか」と私

「ええ、そうですね」

「今日はちょっと違う場所にしませんか」

「はい」

 私たちは「今日も暑いですねえ」などとお決まりの天気の話しを軽くしながら駅の方向へと向かいました。

 私はインスピレーションのようなものでお見合いの場所を決めていました。その場所でお見合いすれば必ず成功するという何か根拠があるわけでありませんが直感というかひらめきのようなものがありました。

「ここです」

 そこは例のファミレスでした。

 ネットで「お見合い ファミレス」とキーワードで検索しますとたくさん記事が出てきます。お見合いの場所としてふさわしいか否かという話をしている人がよくいます。

 ファミレスはふさわしくないというのがひとつの見解のようです。お見合いはホテルのロビーにあるようなカフェラウンジでやるのが一般的で私の相談所の近くにはそういうのがありませんでしたので高級喫茶店として名高い○○○○珈琲が利用されていたようです。

 私は敢えてそのルールを破ることにしました。

 結婚可能性ゼロのどん底まで堕ちた私はオトナに従うしかない、それはよくわかっています。でも、神様が結婚のチャンスを最初にくれた1998年7月5日のあの場所にもう一度戻ってみたい、そこに何かある、必ず何かある、そう信じようと思ったのです。

 私たちは店員に促されて席につきました。席に着くと彼女が周りを見渡しているのがわかりました。

「日曜日だと言うのになんだかすごく空いてますね」

 店内は私たち以外の客はまばらで思った通りほぼ貸切状態のようでした。

「ええ。○○○○珈琲もいいんですがあそこは隣の席との距離が近くてね。ここなら一目を気にせずお見合いができるでしょ」

「いいですね。私もそれが気になっていました。ほんと、こんなとこにファミレスがあったんですね。全然知らなかった」

「ここはサウナビルの奥まった所にあるんでここにファミレスがあるのを知らない人が多いんだと思います」

「サウナはよく利用するんですか?」

「サウナはあまりないですが、一度、昼間にコーヒー1杯でおおぜいが集まれる場所という条件で探して欲しいと頼まれたことがありまして、予約するようなところですと高くつきますから、歩いて探し回ったことがあったんです。それでここならと思ったんです」

「穴場ですね。休憩所としてチェックしておきます」

「休憩所ね」(笑)

 最初にそんな会話をしました。

 この後そのファミレスについてはそれ以上は特に何も話しませんでした。このお見合いルールを破った私の行為が彼女にどう映ったかを聞くことはしませんでしたが、 彼女が一目を気にしないでいいことに甚く喜んでいると言うことは感じ取れました 。

 それからは普通にお互いの仕事ことや趣味のことを話し、特にここで書いておもしろいこともありませんので省略しますが、ただ一つだけ言いますと初めて2時間会話がもちました。

 沈黙が続くことなく話題がなくて焦ったりとかもなく、なんとなく普通の会話をしている内に気がつけば2時間が経っていました。彼女は終始にこやかでドリンクバーのカフェラテをおかわりしていました。

 私は仲人士さんの「話がもった人がご縁のある人」という言葉を思い出しました。
 
 次の日の午前中に相談所に電話しますと彼女からOKの返事があったとのこと。勿論こちらの返事もOKです。絶対にこちらから断らないのが信条ですので(笑)当然その彼女が今の嫁というわけです。

 私は3年前につきあっていた女性と別れ、神様がくれた最大の結婚チャンスを無にしてしまいました。でも最後の最後に少しだけ、全てが始まったその「約束の地」を使わせてもらったのです。

 こうして私の嫁探しの旅は終りました。ミュージシャンの追っかけやったり、初めて彼女が出来て失恋も経験して、急に体を鍛え初めて、そしてお見合い。お見合いは意外にあっけなく終わりましたけど最初に「男女比率1:9の世界」を見つけてから6年。今ではいい思い出となりましたが、この6年はこれまで生きた中でも最も自信を持って語れる人生の一コマとなったのでした。

というわけで感動のエンディングロール!(終わり)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。