RDクリニック大阪 やすのブログ

自分自身の肌の細胞を培養・移植する皮ふ再生医療のクリニックです。


テーマ:

もう12月ですね。もう1年が終わってしまう。

ときの流れははやいですね。

 

森友・加計問題

今も国会で審議されている案件です。

かごいけ元理事長夫妻の個性的なキャラクターや

前事務次官のプライベートでの行動など、

はなしの本線からはずれるニュースも多く、ややこしいものでした。

 

「加計ありき」だったとの、きびしい批判。

しかし、わたしはそもそも役所・行政や議会は、

ほとんど「○○ありき」ですすんでいる、つまり、

理想の結果にもっていくために、そうなるような根回しや準備を行うことが当然のことと思っておりましたから、

それに対する世間やメディアからの批判の大きさに驚きました。

 

かつて公立の医療機関に勤めておりまして、たとえ若輩でも、

医師という立場上、小さな会合の議長や座長をおおせつかることも

しばしばでした。そのときは、「ありき」はこんな感じです。

 

「先生、今日の会議は、先生に議長をやってほしいのですが。」

「えっ!わたしがですか!?」

「はい、おねがいします。

会議の冒頭で、先生を選ぶ流れになっていますので。

で、これが議事進行の段取りです。

これを読んでいただければ大丈夫です。安心してください。

何か問題があれば、事務局側から助けますから。」

 

会議が始まり、しばらくして、

「では本日の議長の選出ですが、

どのような方法にいたしましょうか?」

どこからともなく

「事務局一任!」   →仕込み。

「今、事務局一任のご意見がございましたが、

みなさまいかがでしょうか?」

あちこちから

「異議な~し!」  →予定調和。

「それでは事務局からは、やす先生を指名いたしたいと

思いますが、よろしいでしょうか?」

「異議な~し!」

「それではやす先生、議長席へどうぞ。」

「はい。え~、本日議長をつとめます、やすでございます。

いたらぬところも多々あるかとは存じますが、

えんかつな議事進行につとめてまいり…」

 

年をとってからは、このようなやり取りも普通なこととして、

とくに何か思うこともなくなりましたが、

社会人になってまだ間もない若いころは、おどろきましたし、

おとなの世界って、こんなふうにすすむものなんだ

と、なんとも言えない違和感と鮮烈な印象をもちました。

 

「○○ありき」が批判されるのは仕方ないのでしょうが、
反対に、なにも準備していないガチンコ勝負ばかりだと、

根回しが足りない、とか、世間知らずなどと

批判されてしまうような気もしますが…。

 

横綱日馬富士引退

品格が求められる横綱の暴力事件。残念ですね。

だだしく解決されることを祈りつつ、おもうことは2つ。

 

尊敬をあつめ、力士としても人間としても目標とされるべき

横綱がこんなことでは、こどもへの教育上困ります。

常にこどもたちがあこがれる理想の存在であってほしかった…。

 

そして、

たとえ何があろうとも、どんなに批判を受けようとも、

われわれの同学年のスーパースター、

真剣勝負の貴乃花親方をわたしは応援し続けたいです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。