中邑真輔×飯伏幸太。

おはようございます。

2016年はプロレスファンにとって忘れられない一年になると早くも言われております。

理由は簡単。
新日本プロレスという日本の最大規模の団体から相次いで選手が去っていったからである。

中邑真輔
AJスタイルズ
カール・アンダーソン
ドグ・ギャローズ

この上記のメンバーは全員、世界最大規模の団体。WWEへ行くのである。

そして、新日本プロレスとDDTプロレスリングという二つの団体の所属選手となった飯伏幸太選手も両団体を退団し新たに『飯伏プロレス研究所』という抜群のネーミングセンスで新たな活動の場を拡げた。

しかも、中邑真輔選手がWWEと契約した同じタイミングでの発表である。

プロレス好きとしては、こういう同じ日に2つの出来事が起こるのがたまらないのである。あぁ、これは運命だ。

道は違えど、
またいつか何処かで交わる事があるのがプロレスの魅力の一つでもある。

それは人生も同じ。
出会いと別れを繰り返し
また大きく成長する。

プロレスは人生の縮図だとも言われている。

それぞれの選手は自分で道を選択し活動の場を拡げた。

そして、残った選手、団体も快く送り出している。こんな素晴らしい話はあるのだろうか。

旅立った選手、残った選手。
どちらも最高の景色が待ってる事だと思います。

これだから
プロレスを観るのがやめられない。
AD